鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した43歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

世代間の心の闇の連鎖

皆さんこんばんはスキッパーです!今日も見に来て下さりありがとうございますm(_ _)m今日も皆さんに自分の話を読んで頂けるかと思うと嬉しい気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事も併せてどうぞ。では、前回の記事「再びカウンセリングルームへ(2000年2月頃)」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は自分がパチンコで稼ぐ気力がなくなった後、再び大学のカウンセリングルームに通う事になったって話でしたね。それが2000年の2月頃の話なのですが、この時期にもう一つ避けては通れない大きな山がありました。それは「次の大学の1年間を休学する事を親に言わなければならない」という事です。これはホントに言うのが嫌で嫌でたまらなく、実際に言ってみるとちょっとした修羅場になりました。いや〜ここら辺から自分と親との間の長い長い闘いが始まったんですね。いよいよこのブログにおいて自分と家族の間のゴタゴタについて書く段階に来たんだな、という感じです。そう、自分の鬱を語る上で自分と家族の関係は絶対的に不可欠なものであり、なんだったら、自分の抱える心の闇=家族が抱える闇と言っても良いぐらいなのです。自分の鬱の研究は自分自身の鬱の歴史を振り返る事と共に、両親間のゴタゴタの歴史及び両親の送ってきた人生を遡って紐解いていく事でもありました。実際に後年、自分は父親、母親がそれぞれがどのような家庭環境で育ち、どのような青春時代を送り、どのような結婚生活を送って行ったのかそれぞれから5年程かけて綿密に聞いて行きました。また、その両親の親(自分から見るとおじいちゃん、おばあちゃん)の歴史も聞いていきました。特に「両親はどのような家庭環境に育ち、どのような出来事が両親の考え方に影響を与えていったのか?」について詳しく聞いていきましたね。そして、そのように時間をかけて両親及び家族の歴史を聞いていけばいく程、「なるほど、自分が周りとコミュニケーションが全く取れない無残な人生を送る羽目になったのには、父親及び父親の育った家庭環境に原因があったのだな」と考えざるを得なかったのです。そう、聞けば聞く程父親及び父親の育った家庭環境は膨大な闇を抱えていました。それはもはや「闇」そのものと言っても良い。このブログのタイトルは「鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて」ですが、自分が書きたいテーマの一つが家庭問題であり、「家族間の心の闇の連鎖」なんですよ。世代から世代にどのように心の闇が連鎖していくのか、それこそが自分がこのブログで最も書きたいテーマの一つなのです。そう、自分が父親から聞いて行った父親の人生にはある種「劇的」で「ドラマチック」な心の闇の連鎖がありました。自分の家族の歴史ですから他人事ではないのですが、純粋に「心の闇の物語」として良く出来ていて、大変興味深く、面白かった。




とは言ってもすみません、ここら辺の父親の人生の話をブログに書くのはけっこう先になりそうな感じです。自分が両親の人生について聞き始めたのは2007年でして、今お話ししてるのは2000年の出来事ですからね。なんか久しぶりに両親の事をブログに書いたので熱くなって先の事を書いてしまいましたf^_^;)




さてさて、時間を戻しまして、次回改めて2000年2月頃の自分がどのように親に休学の話を切り出したのかという話をさせて貰いたいと思います。




今日はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!m(_ _)m






↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。






にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ



https://room.rakuten.co.jp/room_49366c0830?scid=we_rom_iphoneapp_mr_others




PVアクセスランキング にほんブログ村