鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した43歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

我が家のゴタゴタの歴史③

皆さんこんにちはスキッパーです!今日も見に来て下さりありがとうございますm(_ _)m今日も皆さんに自分の話を読んで頂けるかと思うと嬉しい気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事も併せてどうぞ。では、前回の記事「我が家のゴタゴタの歴史②」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は開業以降自分の父親のメンタルが壊れていったって話でしたね〜。元来、超人嫌いでコミュニケーション能力皆無の父親が開業した時点で、メンタルを削られていくのは必然だったと思うのですが、それに加えて「祖母とニートの叔父が勝手にうちの近所に引っ越してきてしまった。」という事が大きかったのです。そう、この事に関して父親は「もうあいつらに関わる必要は一切ない!」というスタンスになっていったのですが、うちの母親はそうではなかった。うちの母親はうちの父親と違い、親兄弟の関係が超良好で、とても賑やかで暖かい家庭に育ってきた人ですから、隣近所に親兄弟住んでいるにも関わらず、その存在を無視し続けるというスタンスに全くもって納得出来なかったのです。それでね〜、「あの2人には一切関わる必要がない!」派の父親と「親兄弟を無視し続けるなんて信じられない」派の母親との間で延々と喧嘩が続いていきました。この論争にはお互い全くもって妥協する点が無く、論争と喧嘩は10年以上平行線を辿っていきました。



さて、そのようにあの2人が近所に引っ越してきた事で夫婦関係は悪化の一途を辿っていきまして、元来明るい性格だった母親のメンタルも悪化していきました。そう、開業以降まず父親のメンタルが荒れに荒れ、お酒の飲んで帰ってきては暴れるようになっていきましたから、母親はそれに怯えるようになり、父親が入って来れないよう部屋に鍵をつけるようになりました。あの頃の母親の顔を思い出してみると常に暗い顔をして泣いており、「離婚したい、離婚したい」言っていた記憶です。そうそう、自分の記憶の中での母親って明るい表情をしているものが一つも無いのですよ。常に暗い顔をして、泣きそうな顔をしている表情をしているものしか、記憶にない。そういえばうちは経済的にはそれなりに余裕がありましたから、小学生の頃年に1〜2回伊豆や熱海に旅行に行く事もあったのですが、その旅行も自分の中では何一つ楽しいものとして残っていません。旅行中ちょっとした事がきっかけで2人は喧嘩を始めてしまいますから、喧嘩がいつ始まるのか自分はいつもハラハラしていて旅行を楽しむ所ではなかったのです。そして、父親との喧嘩で精神的に追い詰められていく母親を慰めていたのは当時小学校低学年だった自分の妹なのですが、その妹の人生もまた狂っていく事になりました。





今日はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!m(_ _)m





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。








にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ



https://room.rakuten.co.jp/room_49366c0830?scid=we_rom_iphoneapp_mr_others




PVアクセスランキング にほんブログ村