鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した43歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

中学入学早々のやらかし②(2005年1月頃・29歳)

皆さんこんばんはスキッパーです!今日も見に来て下さりありがとうございますm(_ _)m今日も皆さんに自分の話を読んで頂けるかと思うと嬉しい気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事も併せてどうぞ。では、前回の記事「中学入学早々のやらかし(2005年1月頃・29歳)」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は自分が中学1年の時に起きたとある事件についての話でした。事件の詳細はこちらです。


中学吹奏楽部におけるやらかしエピソード①〜高1で鬱病を発症するまでの具体的エピソード⑧


〜中学吹奏楽部におけるやらかしエピソード②〜高1で鬱病を発症するまでの具体的エピソード⑨



あの事件の後の帰り道はかなりへこみましたねぇ。「入学早々にやらかしてしまった!」って感じで顔面蒼白状態だった記憶です。そう、自分は周りの空気を全く読めない少年でしたから皆の前であのような発言をしてしまいました。しかし、発言をした直後の周りの凍り付いた空気は察する事が出来たんですね。あの時自分としては笑いを取りに行ったつもりだったのですが、周りを見てみると先輩、同学年25人くらいがくすりともしていない。その様子を見て「うわぁ〜〜〜」って感じで冷や汗が一気に出てきた記憶です。そして、そこからは早く自己紹介を終わらせようと、すごく早口になりました。あの時の慌てっぷりを擬音にすると「あわわ、あわわ」です。それで帰り道は「やっちまった〜〜」と大ヘコミ。大滑りした恥ずかしさもありましたし、加えて「あの発言のせいで先輩達に生意気なやつと思われて、いじめられたらどうしよう」という恐怖もありました。そう、半年前の怒られ事件の直後と同様に、頭の中は真っ白になり、視界から色も落ちていましたね。そして、家に帰り、例の如く誰にもこの事を喋らないまま、その日を終えたのです。




翌日以降の話ですが、当然自分はこの事件の事を誰にも喋れませんでした。そして、前回の記事にも書きましたが、必要以上に先輩達に媚びるようになったのです。その甲斐があったのか、先輩達にいじめられるような事態にはなりませんでした。しかし、あの事件による恥ずかしさや恐怖はそのまま真空パック状態で記憶の海の底に沈んでいく事になりましたから、自分はさらに自分に自信が持てない無気力な少年へと成長していったのでした。




今日はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!m(_ _)m





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




https://room.rakuten.co.jp/room_49366c0830?scid=we_rom_iphoneapp_mr_others





PVアクセスランキング にほんブログ村