鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

膨大な劣等感と家庭環境②(2005年3月頃・29歳)

皆さんこんばんはスキッパーです!今日も見に来て下さりありがとうございますm(_ _)m今日も皆さんに自分の話を読んで頂けるかと思うと嬉しい気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事も併せてどうぞ。では、前回の記事「 膨大な劣等感と家庭環境(2005年3月頃・29歳)」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、自分が記憶の言語化を進めていくうちに、膨大な劣等感が徐々に薄らいでいったという話でした。そう、自分は高校以来10年以上に渡り原因不明の激しい体調不良に苦しんでいたのですが、記憶の言語化(記憶のサルベージ)を始める前まではこう思っていたのです。「自分という人間が本質的に激しく劣っている人間だから、このような訳の分からない不調に襲われ続けているのだろう」、と。しかし、記憶の言語化を進めていくうち、それら心身の不調の原因が「鬱」にあったという事が分かっていき、「鬱」の悪化と共に、心身も悪化していった事が明らかになっていきました。さらに進めて行くと、自分の「鬱」は全て「孤立感」に由来している事も分かっていきました。そう、自分は小学校、中学校、高校、大学において周りと全くコミュニケーションを図る事ができず、「孤立感」が凄まじい勢いで溜まっていく人生を送っていたのです。そして、孤立感が溜まっていけばいくほど、鬱は悪化していきました。そして、何故自分が周りと全くコミュニケーションが取れなかったのか、その原因を考えていくとこのような仮説が生まれました。「自分の精神年齢の成長が小3で止まっていたからではないか?小3以降人生経験が全く積み重なっていなかったからでは?」、と。




28歳にもなって自分の精神年齢の成長が小3で止まっていた説が浮かび上がってくるのは、かなり辛いものがあったのを覚えています。自分は自分なりに28年間必死にもがきながら生きてきたのですが、その結果心身はぶっ壊れましたし、おまけに精神年齢の成長は小3で止まっていたとは。そう、この説を思い付いた当初、自分はこの「精神年齢が小3で止まっていた説」を信じたくない気持ちでいっぱいでした。しかし、記憶の言語化を進めていけば行く程、この説が正しい事が分かっていったのです。自分は学年が進むにつれどんどん周りとコミュニケーションが取れなくなり、鬱が悪化していったのですが、その原因を「精神年齢が小3で止まっていたから」と考えると、全ての点と点が線で繋がってしまったんですね。(この場合の「点」は自分の人生における「鬱的な出来事」の数々を指します。)自分はこの説を認めざるを得なくなっていきました。




ではこの「小3」の時に自分の身に何が起こっていたのか、自分はさらに記憶の言語化を進めて行きました。すると、この時期に自分の身の回りでとても激しい環境の変化があった事が分かっていきます。そう、この頃から家庭環境が激烈に悪化したのです。この時期にうちの父親が開業をしたのですが、それに伴い両親の労働環境が大幅に変化し、それに伴い夫婦仲が激烈に悪化したのです。そして、この夫婦仲は時間が経つにつれ悪化していく一方だった事も分かっていきました。この「家庭環境の激烈な悪化」により、自分のコミュニケーション能力の成長がストップしてしまった事も分かっていったのです。自分はそもそも幼い頃から自己表現が苦手な子供だった記憶なのですが、それが小3以降全く出来なくなってしまいました。そう、家庭環境が激烈に悪化した事で、自分は自分の身の回りで起こる様々な出来事を「喋る」機会を全て失っていました。これにより自分の人生経験は全く言語化されず、うすらぼんやりとした感情の「モヤモヤ」だけがただただ濃くなっていくだけの人生になってしまったのです。故に人生経験は全く蓄積していかなくなり、精神年齢の成長は小3でストップしてしまったのでした。





久しぶりに「記憶のサルベージを初めて衝撃を受けた事柄一覧」を貼りたいと思います。そして、新たな項目を付け加えます。




「記憶のサルベージを始めて以来衝撃を受けた事柄一覧」



・自分の過去を振り返ろうとすると、視界0mの超濃霧状態で全く自分の過去を見えない。(過去を振り返ろうとするも視界0mの超濃霧状態で後ろが全く見えない(2004年4月頃・28歳))




・自分の食欲が高校以来全く無くなっていた事に気付き、自分が長年鬱だった可能性に気付く。(高校時代以後食欲が一切無くなっていた事が異常だったと気付く(2004年9月頃・28歳))


・自分が長年鬱だった可能性が出てきた事で、「自分は本質的に極度に劣っている人間なのでは?」という思いが若干薄らぐ。(自分が長い間鬱であった可能性が出てきてホッとした(2004年9月頃・28歳))


・小学校3年生以前の記憶と、小学校3年生以後の記憶とでは、明らかに色合いが違う事に気付く。小3以前はフルカラーなのだが、小3以降は灰色一色。( 小3以前の記憶⇒フルカラー、小3以降の記憶⇒灰色(2004年9月頃・28歳))


・小学校3年生付近の記憶を言語化してみると、小学校3年生以降自分の家庭が戦争状態に突入した事を思い出す。(小3を起点とする記憶の色の違い=小3時の家庭環境の急激な悪化(2004年9月頃・28歳))


・若かりし頃の両親の写真を見て号泣。(若かりし頃の両親の写真を見て号泣(2004年9月頃・29歳))

・自分が長年虚構の体力と自信を心の支えにして生きてきた事に気付き、それと決別。(空手部時代を評価④(2004年9月頃・28歳))


・大学空手部の印象が180度真逆に変わる(記憶のサルベージにより空手部の印象が180度真逆に(2004年9月頃・29歳) )


・大学3年次に受け始めたカウンセリングの初回、号泣し続けた事を思い出す。(カウンセリング初回、号泣し続けた話(2004年10月頃)カウンセリング初回に号泣した理由(2004年10月頃・28歳))


・自分の精神年齢の成長が小3で止まっていた可能性に気付く。(精神年齢の成長が小3で止まっていた事に気付く②(2004年10月頃・28歳))



・高校時代に起きた暴言事件、これが自分の鬱の原点であり、核心部分であると気付く。
(自分の鬱がどんどん悪化していった事を理解する(2005年3月頃・29歳))



・自分が長年苦しんでいた「激しい心身の不調」と「自殺願望」には、「鬱」という理由があった事に気付き、激しい劣等感がかなり薄まる。( 膨大な劣等感と家庭環境(2005年3月頃・29歳))



今日はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!m(_ _)m





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。








にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




https://room.rakuten.co.jp/room_49366c0830?scid=we_rom_iphoneapp_mr_others




PVアクセスランキング にほんブログ村