鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した43歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

小3以前の記憶をサルベージ②(2005年7月頃・29歳)

皆さんこんばんはスキッパーです!今日も見に来て下さりありがとうございますm(_ _)m今日も皆さんに自分の話を読んで頂けるかと思うと嬉しい気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事も併せてどうぞ。では、前回の記事「小3以前の記憶をサルベージ(2005年7月頃・29歳)」の続きを書かせて頂きます。





前回の記事は、自分が小3以前の記憶を言語化し始めたという話でした。そう、いよいよ記憶のサルベージも終盤戦です。とは言っても当時の自分はそれには全く気付かず、10ヶ月以上書き続けても一向に終わる気配の無いサルベージにうんざりしていた記憶もあります。さて、小1、小2の記憶を言語化してみますと、それは小3以降の記憶とは全く違う印象だったんですね。小1、小2の記憶はキラキラと色付いた楽しいモノが多く、それは小3以降の記憶とは全く対照的だったのです。だって小3以降の記憶はただひたすらに灰色一色で物悲しいモノしかなかったですから。自分は記憶の言語化を進めていく中で「自分にはいわゆる『子供らしい子供時代』はなかったようだ」という印象を持つようになっていったのですが、少なくともこの2年間だけは違うようでした。この『子供らしい子供時代』とはいわゆる「無邪気で毎日楽しく遊び回っているような子供時代」という印象です。なんというか牧歌的で比較的心配や不安が少ない毎日という印象。そして、自分の小1、小2の頃の生活はこれに近い所があったようでした。




前回の記事の中で、この頃の自分は女の子ともコミュニケーションが取れていたという話をしました。それは後にも先にもこの2年間だけだった記憶なのですが、同様に同学年の男の子と引け目なく遊べたのもこの2年間だけだった記憶です。そう、小3以降の自分は喘息が激しく悪化し、スポーツが全く出来なくなりましたから、まずスポーツ系のクラスメートに引け目を感じるようになりました。そして、スポーツ系以外のクラスメートにも上下関係を感じる事があったんですね。もちろんこちらが下です。そして、それらの引け目や上下関係感は学年が進むにつれ大きくなっていき、クラスメートとのコミュニケーションはどんどん難しくなっていったのでした。




話は小1、小2の記憶に戻ります。そのような感じでこの2年間は自分の人生の中ではホントに珍しくキラキラ輝いている2年間だったのです。「キン肉マン消しゴム」をワクワクしながら集めていた記憶もありました。ただ、そんな2年間の記憶の中にもその後の「鬱」を予兆させるような「陰」のエピソードもありました。詳細はこちらの記事「〜子供らしくない幼稚園児〜高1で鬱病を発症するまでの具体的エピソード①」になります。エピソードの概要としましては、小1の自分は雪が降った日にソリ遊びをしていたのですが、珍しく喘息が出ない状態でそれを楽しめたんですね。そこで自分は「あぁ子供らしく遊ぶってこういう事なんだな」としみじみ感じた、というモノです。そう、小1の時点で自分は喘息を発症していましたから、身体を動かす事を全く楽しめない身体になっていました。ですが、この日のソリ遊びの時だけは喘息が全く出ず、周りと子供と同じように身体を動かす事を楽しめたのです。それが嬉しいやら珍しいやらでこのような事を感じたのでしょう。また、このエピソードを言語化してみて感じたのは、小1の自分が妙に達観して気持ち悪いという事です。妙に冷めているというか、周りの子供達とは一線を引いているというか。やはり基本的に自分は喘息のせいで周りの子供達と無邪気に身体を動かして遊ぶ事が出来なかったですからね。それで一線を引くような目線になってしまっていたのでしょう。このエピソードはその後の孤独な学生生活を予兆しているようなエピソードだと思いますし、その後の「喘息の大嵐」を予兆させるようなエピソードでもありました。




今日はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!m(_ _)m





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。








にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





https://room.rakuten.co.jp/room_49366c0830?scid=we_rom_iphoneapp_mr_others





PVアクセスランキング にほんブログ村