鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

小3以前の記憶をサルベージ⑤(2005年7月頃・29歳)

皆さんこんばんはスキッパーです!今日も見に来て下さりありがとうございますm(_ _)m今日も皆さんに自分の話を読んで頂けるかと思うと嬉しい気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事も併せてどうぞ。では、前回の記事「〜自分の喘息=心因性説〜小3以前の記憶をサルベージ④(2005年7月頃・29歳)」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は自分の記憶に眠る最も古い記憶についての話でした。それは自分が3〜4歳の頃の記憶でして、その事件をきっかけに自分は大人に対して自分の感情や欲求を表現する事を諦めてしまいました。そして、自分はそのストレスが喘息を発症させたのではないかと推測したのです。当時の記憶を言語化してみた自分は、最も古い記憶がそのような悲しいモノであった事に驚きました。「あ〜、この時点で自分の運命はある程度決まってしまっていたんだなぁ」、と。そう、3〜4歳の時点で感情表現や欲求表現を封じられてしまった訳ですからね。その後の学校生活における孤独は、この時点である程度運命付けられてしまっていたように思いました。ただし、この事件は最も古い記憶ですから、記憶のあれこれがあやふやで断片的だったんですね。確かにあの頃自分が電車内でわがままを言ってしまい母親に怒られたという記憶はあったのですが、その時の自分の心情は記憶の言語化の中で推測して考えていった部分もありました。ですから2005年の自分が結論ありきでこの事件をこのような悲しいエピソードに仕立て上げてしまった可能性も無い訳ではありません。しかし、そうは言っても自分の最も古い記憶が、母親に怒られた記憶であったという事はとても象徴的であったように思います。そう、あの事件以降自分はいわゆる「良い子」を演じるようになってしまった印象ですからね。わがままを言ったりして親の手を煩わせるような事を一切しない「良い子」。たぶん親や周りの大人達の自分の評価はそうだったと思います。しかし、良い子の演技は素直な感情表現や欲求表現を封じる事となり、その歪みが喘息や後の孤独に繋がっていった、と。この事件をこう位置付けると全ての点と点が綺麗に繋がっていくような感じもしましたので、自分は最終的にこの事件を悲しい事件として解釈する事にしました。




こうして自分は最も古い記憶の言語化を終えまして、記憶の言語化が一通り終わりました。重要だったのは単に記憶を言語化したただけではなく、言語化した上で「因果関係」を繋いでいった事です。自分がそもそもこの記憶のサルベージを始めたきっかけは「何故自分はただただ孤独に塗れ、心身がひたすらぶっ壊れていくだけの、自殺だけが心の支えの、生き地獄みたいな人生を送らねばならなかったのか?」という謎を解く為でしたからね。1年以上に渡る記憶のサルベージの結果、その謎は綺麗に解けたと言って良いと思います。この記憶のサルベージに関するまとめは今後改めて書かせて頂きます。さて、自分は記憶のサルベージを一通り終えた後、新たな切り口でノートを書き始めました。それは「俺の中にポジティブ記憶ってホントに無かったの?」という切り口です。そう、自分は1年以上に渡って膨大な過去の記憶を言語化してきたのですが、その98%がネガティブな記憶だったのです。そう、思い出すのも辛いトラウマ級に悲しい思い出や、トラウマそのものしか記憶の海の底には沈んでいませんでした。そこで記憶のサルベージを一通り終えた後、自分はホントにポジティブな記憶が自分の人生に無かったのか確認する為に、再び記憶の海の底に潜り始めたのでした。




今日はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!m(_ _)m





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。








にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





https://room.rakuten.co.jp/room_49366c0830?scid=we_rom_iphoneapp_mr_others




PVアクセスランキング にほんブログ村