鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

「if」の世界の言語化③(2005年8月頃・29歳)

皆さんこんばんはスキッパーです!今日も見に来て下さりありがとうございますm(_ _)m今日も皆さんに自分の話を読んで頂けるかと思うと嬉しい気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事も併せてどうぞ。では、前回の記事「「if」の世界の言語化②(2005年8月頃・29歳)」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、自分が「if」の世界を想像し、言語化していったという話でした。そう、「もし自分の育った家庭環境が良好で、それにより高いコミュニケーション能力が備わっていたら、自分はどのような人生が送れていたのだろうか?」という想像です。今流行りの「ラノベ異世界転生モノ」や「なろう小説」と似ている所もあるかもしれません。自分はそれらの小説は読んだ事が無いのですが、聞くところによると、それらの小説の主人公も現実世界が上手くいっていないらしいです。そして、ふとしたきっかけでゲーム世界などの異世界に転生し、そしたら能力値がすごく高い状態で生まれ変わっていて、そこでとても楽しい人生を送る、みたいな感じらしい。なんか自分が言語化していた想像の世界と似ているなぁと思います。自分の場合も自分のコミュニケーション能力がすごく高い状態を設定して、学校生活をやり直していましたからね。それにより「if」の世界の自分は「良好な学校生活」を謳歌しているのですが、それは実際の自分の人生においては恋焦がれても全く手に入らなかったものでありました。




さて、その「良好な学校生活」がどのようなものだったのかという話ですが、小学校3年生の自分は喘息に苦しむ事なくサッカーを楽しめていまして、サッカー友達が沢山いる状態です。もう学校に行くのが楽しくて仕方ありません。そして、友達との交流を通じて人生経験も順調に蓄積していきまして、精神年齢も順調に成長していきます。中学に入ってもそれは変わりません。サッカー部に入り、そこで仲間を作り、楽しい学校生活を送っています。また、「サッカー部」ではなく「吹奏楽部」に入ったとしたらどうでしょう。「if」の世界の自分はコミュニケーション能力が高い状態で設定されていますから、余計な舌禍を起こす事も無く、周りと楽しくコミュニケーションが取れたはずです。具体的に言うと、ホルンパートでお世話になったS先輩とも楽しくコミュニケーションが取れ、仲良くなれたはず。そう、実際の自分の人生においては、自分はこのS先輩と全く仲良くなる事が出来ませんでした。このS先輩は自分にホルンの吹き方を教えてくれたとても優しく可愛らしい先輩でして、当時の自分は彼女に好意を持っていました。自分とS先輩は二人きりで何時間も一緒に練習していましたから、雑談する時間は腐る程あったのです。しかし、当時の自分ときたら他人に全く興味が湧かずコミュニケーション能力皆無の状態でしたから、S先輩との雑談はほとんど無かったのです。結果自分とS先輩の関係は一方的に教えて貰うだけの関係が続き、あんなに雑談の時間があったにも関わらず、自分はS先輩の事を何一つ知る事が出来ないままお別れする事になってしまいました。この思い出も言語化してみてとても悲しくなる思い出でしたね〜。しかし、「if」の世界の自分は違います。何せコミュニケーション能力が高い状態で吹奏楽部に入っていますから、S先輩に対して興味津々で聞きたい事が山程あります。先輩の家族構成や好きな科目や苦手な科目。小学校時代の話や幼い頃の話。もちろん吹奏楽部に関する話もあるでしょう。そして、「if」の世界の自分は自分自身の事についてもしっかり把握し、喋れる状態ですから、上記の事柄について自分自身の事も喋る事も出来る。このように自分は練習中の雑談の中でS先輩の事を知り、自分自身の事を知って貰う事も出来るでしょうから、それはとても楽しい時間となり、自分とS先輩は仲良くなれたはず。とまぁこんな感じで自分は「if」の世界の吹奏楽部生活を想像し、ニヤニヤしながら言語化していきました。




今日はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!m(_ _)m





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。








にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




https://room.rakuten.co.jp/room_49366c0830?scid=we_rom_iphoneapp_mr_others




PVアクセスランキング にほんブログ村