鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した43歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

「if」の世界の言語化④(2005年8月頃・29歳)

皆さんこんばんはスキッパーです!今日も見に来て下さりありがとうございますm(_ _)m今日も皆さんに自分の話を読んで頂けるかと思うと嬉しい気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事も併せてどうぞ。では、前回の記事「「if」の世界の言語化③(2005年8月頃・29歳)」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事も自分がサルベージ中に想像していた「if」の世界についての話でした。そう、「もし自分の育った家庭環境が良好で、それにより高いコミュニケーション能力が備わっていたら、自分はどのような人生が送れていたのだろうか?」、という想像です。「if」の世界の自分は、小学校時代にはサッカーを楽しみ、サッカー友達が沢山いましたし、中学校時代でもサッカー部に入り、充実したサッカー部生活を送っていました。クラスにおいてもサッカー部の友達と楽しく会話していましたね。サッカー部のクラスメート達はクラス内ヒエラルキーの最上位に位置していましたから、自分もその仲間に入ってお喋りしている想像はとても愉快なものでした。実際の中学時代の自分は、彼らに劣等感を感じまくっており、いじめのターゲットにされるのではないかとビビりまくっていたのですが、それとは真逆の世界でしたね。




ただ中学時代の自分は実際には吹奏楽部に所属していましたから、「サッカー部の自分」という想像は具体的にし辛い所もありました。そこで吹奏楽部に入った場合も想像してみたのです。もちろん「コミュニケーション能力が高い状態」で。するとそれはそれは楽しい部活生活が想像できたのです。ここら辺の話は前回の記事と被る部分があるのですが、「if」の世界の自分は憧れのS先輩とも楽しく会話が出来ていたのです。そこでの自分は、高いコミュニケーション能力を活かして、こちらが会話をリードして楽しくお喋りしていました。あれはホント楽しい想像でしたねぇ。S先輩とは帰る方向が一緒でしたから、部活中だけでなく、帰り道でも楽しくお話しをしていました。また、自分は他の吹奏楽部員達とも潤滑なコミュニケーションが取れていました。実際の中学時代の自分が、学年が進むにつれ後輩とのコミュニケーションがどんどん難しくなっていき、とある女の子の後輩を泣かしてしまったのとは大違いです。(詳しい話はこちら)「if」の世界の自分は後輩とも潤滑にコミュニケーションが取れていましたから、この女の子の後輩とも楽しくコミュニケーションが取れていまして、そのような悲しい事態は起こりませんでした。



そして自分はクラス内においても高いコミュニケーション能力を活かして、誰とでも楽しくお喋りをしていました。そう、自分はクラス内にも気になる女の子がいたのですが、その子とも楽しくお喋りが出来ていました。




ちょっと「if」の世界から実際の過去の話に戻るのですが、自分って小学校、中学校時代は一応勉強は出来ていたんですね。小学校時代は中学受験の塾に通っていましたから、学校の勉強は余裕でしたし、中学校時代もその時の貯金で勉強は出来ていました。ですから中学時代の自分はクラス内ヒエラルキーでは下部にいたものの、一応「勉強ができるキャラ」みたいなポジティブな立ち位置はあったような気がするんですよ。自分自身もそれをプライドにしていた所があった記憶です。ところが、高校に入るとさぁ大変。自分の住んでいる学区は成績により5つの高校に振り分けられるシステムがあり、自分は上から2番目の公立高校に進学したのですが、今度は周りが自分と同じくらいの成績の子達ばかりになり、その中での競争が始まったのです。すると自分は例の暴言事件による鬱の発症もあり、高校の勉強に全くついていけなくなってしまいました。喘息で夜一睡も出来ない状態で高校に通っていましたから、そんな状態で勉強が頭に入ってくる訳がありません。当然成績は赤点ギリギリのラインまで急降下。こうなるとそれまでの「勉強が出来るキャラ」は完全に失われ、自分には誇るものが全く何も無くなってしまいました。これにはけっこうな挫折感があったのを覚えています。唯一のポジティブな立ち位置が無くなってしまいましたからね。この事態もさらに自分の鬱を悪化させた印象です。(高校当時の鬱の諸症状はこちら。)




今日はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!m(_ _)m





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





https://room.rakuten.co.jp/room_49366c0830?scid=we_rom_iphoneapp_mr_others




PVアクセスランキング にほんブログ村