鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

「if」の世界の言語化⑤(2005年8月頃・29歳)

皆さんこんばんはスキッパーです!今日も見に来て下さりありがとうございますm(_ _)m今日も皆さんに自分の話を読んで頂けるかと思うと嬉しい気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事も併せてどうぞ。では、前回の記事「「if」の世界の言語化④(2005年8月頃・29歳) 」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事も自分が「if」の世界を想像していたという話でした。そう、「もし自分の育った家庭環境が良好で、それにより高いコミュニケーション能力が備わっていたら、自分はどのような人生が送れていたのだろうか?」、という想像です。その想像の中では自分はとてもコミュニケーション能力が高い状態にあり、その能力を活かして楽しい学校生活を送っていました。中学時代においては、憧れのS先輩と楽しくお喋りが出来ていましたし、クラスの女子とも喋れていましたし、サッカー部のクラスメートとも仲良くやれていました。自分はクラス内ではリーダー的な存在にまでなっていましたし、吹奏楽部では部長を務めていました。なんというか想像の世界で自分の最もベストな過去を構築していった感じです。「自分の過去はこうであって欲しかった!」という過去です。




さて、学年は進みまして高校時代。ここでも自分はサッカー部に入ったパターンと吹奏楽部に入ったパターンの両方を考えていました。サッカー部に入った場合は、引き続きサッカーに熱中し、そこでの仲間達と充実した高校生活を送ります。ただまぁ実際の自分はサッカー部どころか草サッカーすら出来る身体ではなかったですから、サッカーに関する実体験に乏しく、よってサッカー部で想像が膨らむ事はあまりなかった記憶です。さて、本命の吹奏楽部パターンです。実際の自分は高校で吹奏楽部に入部しましたから、実体験は豊富で、想像のネタは沢山ありました。「if」の世界の自分はとても高いコミュニケーション能力を持った状態で高校吹奏楽部に入部します。すると、どうでしょう。自分が鬱を発症するきっかけとなった「暴言事件」が起こらないんですね。あの事件は自分の空気の読めなさやコミュニケーション能力の無さが招いた悲劇でしたから、自分のコミュニケーション能力が高ければ起こるような事件では無かったのです。ではあの暴言事件が起こらなければどうなのかという話ですが、鬱が発症しません。これは自分の人生にとって革命的な事態でした。実際の自分の人生は高校で鬱が発症し、それがひたすら悪化していくだけの人生だったのですが、鬱が発症しない人生もあったとは!




鬱が発症しなかった「if」の世界の自分は、その後も楽しい学校・部活生活を送っていきます。そう、自分は高校1年生の時にサックスという楽器を吹いていたのですが、サックスパートの先輩達はみんな優しい先輩達だったんですね。そして、女子と男子の割合が4:2で女子の方が多く、女子は皆んな可愛い女子だったのです。自分はこう思いました。「うわ、もし自分がコミュニケーション能力がかなり高い状態でサックスパートに入っていたら、可愛い女の子ばかりに囲まれ超楽しい部活生活が送れていたんだな。」、と。恋愛シミュレーションゲーム的に言うと「ハーレム」的な感じですね。それはそれはキラキラと楽しい部活生活が送れたであろう事は容易に想像出来ました。何せ自分のコミュニケーション能力がかなり高く設定されていますから、女の子とのコミュニケーションも余裕ですし、なんだったらお付き合いする事も可能だったのです。




また、クラスにおいても自分は高いコミュニケーション能力を活かして、クラス内でリーダー的な存在になっていました。実際の過去の自分はというと、休み時間になると居場所を失い、寝たフリをしたり、本を読むフリをしたり、図書館に逃げていたりしていまして、クラス内透明人間になっていましたから、それとは真逆の立ち位置という事になります。また、実際の過去の自分は文化祭などのイベントの際には盛り上がっている周りを遠巻きに見て「これが青春ってやつなんだろうなぁ」と冷めた目で傍観しているしかありませんでした。しかし、「if」の世界の自分は違います。そのようなイベントにも積極的に参加し、学校生活を謳歌していました。



今日はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!m(_ _)m





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。









にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




https://room.rakuten.co.jp/room_49366c0830?scid=we_rom_iphoneapp_mr_others





PVアクセスランキング にほんブログ村