鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した43歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

家族に対する「殺したい」程の憎しみ〜記憶のサルベージまとめ④(2005年8月頃・29歳)

皆さんこんばんはスキッパーです!今日も見に来て下さりありがとうございますm(_ _)m今日も皆さんに自分の話を読んで頂けるかと思うと嬉しい気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事も併せてどうぞ。では、前回の記事「音に対する脅迫性障害と激しい睡眠障害〜記憶のサルベージまとめ③(2005年8月頃・29歳)」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、記憶のサルベージ(言語化)中に発生したネガティブな事象、もしくは目論み通り行かなかった事についての話でした。そう、自分は記憶のサルベージを通じて自分の体調が改善していく事を期待していたのですが、それは全くもって叶わなかったのです。当時の自分の体調は、大学時代の鬱状態と比べて2倍悪化していました。大学時代の鬱の諸症状は以下の通りになります。



・慢性的な食欲消失(大学時代の鬱の諸症状)
離人感(〜離人感と冷え性〜)
・酷い冷え性(〜離人感と冷え性〜)
・慢性的な疲労感と眠気(〜慢性的な疲労感と眠気〜)
・限定的な難聴(〜慢性的な疲労感と眠気〜)
・自殺願望(〜自殺願望と救い〜)
・常に訳もなくず〜っと悲しい。
・慢性的な口内炎



繰り返しになりますが、上記の鬱の諸症状が2倍に悪化した状態で、自分は記憶のサルベージに臨んでいた、という事になります。そして、記憶のサルベージを完遂したものの、それらの鬱の諸症状が改善される事は全く無かったです。むしろ悪化していましたね。さらに前回の記事に書きましたように、「音」への過敏さも全く改善される事が無かった。これに関してもサルベージによって改善されるどころか、どんどん病的になっていきましたからね。




他に記憶のサルベージ中に発生したネガティブな事象を考えてみますと、家族への憎しみがさらに酷くなったように思います。前提として、自分はこの記憶のサルベージを始める以前から、両親と妹に対して「殺したい」程の憎しみを感じていました。その上で、以前の記事(父親が部屋に勝手に押し入ろうとしてきた事件(2005年7月頃・29歳))にも書きました通り、記憶のサルベージ中に父親が自分の部屋に勝手に押し入ろうとしてきた事件が発生したのです。これにより自分の中でさらに父親に対する憎しみと恐怖が増大しました。他にも妹が両親を巻き込んで受験勉強をしている事にも滅茶苦茶ムカついていましたし、サッカーのワールドカップの際に妹と母親が楽しそうにサッカー観戦をしている事にも気が狂いそうな程ムカついていました。さらに駄目押しとして、記憶のサルベージを完遂してみると、自分の人生が滅茶苦茶に破壊された原因が家庭環境の悪化にあった事が完全に明らかになりましたからね。これでは両親への憎しみが増える事はあっても減る訳がありません。



ですから記憶のサルベージ中に発生したネガティブな事象をまとめてみますと以下の3点になります。



①記憶のサルベージスタート時点よりさらに鬱が悪化。(サルベージスタート時点の鬱状態は大学空手部時代の2倍)

②「音」への病的な過敏さ


③記憶のサルベージ中の様々な出来事により、家族に対する「殺したい」程の憎しみがさらに増大。


となります。こうやってまとめてみますと、改めて特筆すべきものは③の家族への憎しみです。ここら辺の話はこの先の話になるのですが、まずサルベージ完遂時点でそれは膨大な量となっていました。そして、その後の家族内のとある出来事によりさらにこの憎しみは爆増していくんですね。ピーク時には「殺しても殺し足りない」程憎い、という状態にまで到達します。当然自分の鬱もそれに伴いさらに悪化です。そう、自分の鬱はサルベージ以前は主に「社会的孤立」によってどんどん悪化していったのですが、サルベージ完遂以降は「家庭内孤立」によって、さらに悪化していく事になります。




今日はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!m(_ _)m





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。








にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




https://room.rakuten.co.jp/room_49366c0830?scid=we_rom_iphoneapp_mr_others





PVアクセスランキング にほんブログ村