鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した43歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

引きこもり明けに格闘技を見に行く(2005年10月頃・29歳)

皆さんこんばんはスキッパーです!今日も見に来て下さりありがとうございますm(_ _)m今日も皆さんに自分の話を読んで頂けるかと思うと嬉しい気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「引っ越しの話でパチンコ生活へのモチベーションが半減(2006年1月頃・30歳)」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、引っ越しの話が出て来た事でパチンコ生活に感じていた喜びが半減してしまった、という話でした。自分が生まれて初めて手に入れた「光溢れる日々」は引っ越しの話により、その明るさを半減させてしまったのです。たった3ヶ月であの愉快な日々は終わってしまいました。自分はこの事に対しても、両親に対してさらなる憎しみを抱く事になりました。「お前ら俺の人生を何度ぶっ壊せば気が済むんだ!!」、と。



そんな感じで自分がカウンセリング&パチンコ生活に感じていた充実感は半減してしまったのですが、言い換えますと、その生活に対するモチベーションはまだ半分残っていた、とも言えます。生まれて初めて手に入れたやり甲斐のある日々でしたから、そうそう簡単に捨てる訳には行きません。自分は引っ越しへの不安と憎しみで半ばパニック状態の中、毎日パチンコ屋に赴き、稼ぎ続けました。稼ぎの方は変わらず順調で月30万ペースで稼いでいました。そういえば、パチンコ屋からの帰り道に、格闘技仲間であるJ君に引っ越しの事を相談した事もありましたね。J君は一人暮らし経験豊富でしたから、一人暮らしにかかる費用などを教えて貰ったのです。自分とJ君とは格闘技やプロレスを一緒によく見に行く仲でして、自分にとっては唯一の友達と言える存在でした。彼とは中学時代からの知り合いで、一緒のクラスにはなった事が無いものの、ひょんな事からプロレスを通じて仲良くなったんですね。その後、年に2〜3回プロレス・格闘技を見に行く関係が10年くらい続いていました。とは言っても、自分が部屋に引きこもって記憶のサルベージをしていた1年間は全くの音信不通でした。自分は自分の過去の記憶をノートに書き出す事に全てを掛けていましたから、J君と連絡する気力も無かったのです。しかし、記憶のサルベージが終わり、自分が外に出れるようになると関係も復活し再び格闘技を見に行く関係に戻っていました。



そうそう、引きこもり明けの自分がJ君と再び格闘技を見に行った日の事は今でもよく覚えています。今回の記事は、この久しぶりに格闘技を見に行った日の話をさせて貰います。確かあれは引きこもり明け2ヶ月目くらいの頃の話でした。当時はまだ引っ越しの話は出ていませんでしたから、自分はとても充実した気分でカウンセリング&パチンコ生活を送っていました。稼ぎも順調に増えていましたから、余裕が出てきた自分は2年ぶりくらいにJ君とコンタクトを取ったんですね。そうそう、その頃に格闘技の「PRIDE」という大会が埼玉スーパーアリーナでありまして、J君をそれに誘ったのです。J君は久しぶりの自分からのコンタクトに驚いていましたが、快くPRIDEを見に行く事を了承してくれました。




大会当日、自分はさいたまスーパーアリーナに向かったのですが、会場に着くととても感慨深い気持ちに包まれたのを覚えています。このさいたまスーパーアリーナという会場は引きこもる前にも何度か格闘技を見に来ている会場だったのですが、引きこもっている最中の自分はまさかまたこのさいたまスーパーアリーナに自分が再び戻って来れるだなんて全く考えられなかったのです。引きこもり最中の自分は過去の記憶を書いても書いても終わりが見えず、「この作業は永遠に終わらないのではないか?」と思っていましたからね。自分はこの作業を一刻も早く終わらせたかったですから、全てのエネルギーと時間をこの作業に注ぎ込んでいました。当然格闘技に見に行く余裕なんで1㎜もありません。というか、格闘技に限らず「エンターテイメント全般」を楽しむ精神的余裕自体が1㎜もありませんでした。ところで、引きこもり前に見に行っていた「PRIDE」という格闘技大会は格闘技自体も当然面白かったのですが、演出も超派手でそこもとても心躍るものがありました。昔は地上波のTVで放映されていましたから、ご存知の方もいるかもしれません。選手の入場前の煽りVTRも超カッコ良かったですし、入場する時の音楽やレーザービームや炎を使った演出も痺れるものがありました。あれは「ザ・エンターテイメント」って感じでしたね。引きこもり明けの自分は、そういう「エンターテイメント」を楽しむ場に戻って来れた事がとても感慨深かったのです。自分の引きこもりの1年間を例えるなら「超漆黒の暗黒時間」であり、PRIDEを見ている時間を例えるなら「心躍る眩いくらいの明るい時間」です。両者は完全に対極にあったのでした。




今日はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!m(_ _)m





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




https://room.rakuten.co.jp/room_49366c0830?scid=we_rom_iphoneapp_mr_others




PVアクセスランキング にほんブログ村