鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した43歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

もはや憎しみのコントロールが効かない〜「東○荘事件①」(2006年3月頃・30歳)

皆さんこんばんはスキッパーです!今日も見に来て下さりありがとうございますm(_ _)m今日も皆さんに自分の話を読んで頂けるかと思うと嬉しい気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「とある事件によりさらに精神が滅茶苦茶に壊れる(2006年3月頃・30歳)」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、引っ越しの3ヶ月前に起きたとある事件の概要についての話でした。この事件を名付けるとすれば「東○荘事件」です。「東○荘」とは横浜の繁華街にあるビジネスホテルの名前ですが、自分は事件の中でこのビジネスホテルを利用する事になります。自分が人生の中でビジネスホテルに泊まったのは後にも先にもこの1回だけです。では「東○荘事件」を書いていきます。




まず話の大枠ですが、この事件は家族全体が引っ越しに向かう流れの中で起こった事件です。この事件は引っ越しの流れがなければ起こっていません。両親の中から引っ越しの話が出て来た事により、自分が家族3人に感じていた憎しみが臨界点を超えまして、その憎しみが引き起こした事件と言えます。そして大前提として、自分はこの引っ越しの話が出て来る前から家族に対して「殺したい」程の憎しみを抱えていました。自分の28年間の人生はこの家族によって破壊されたも同然だったからです。自分は学生時代に周りとコミュニケーションを取る事が全く出来ず、鬱を発症しました。その鬱はどんどん悪化していき、心身は壊れていったのです。結果社会の中で行き場を失い、28歳の時に引きこもる事になりました。そして、自分は1年半かけてノートに過去の記憶を全て書き出し(記憶のサルベージ)、自分のコミュニケーション能力が全く育たなかった原因が家庭環境にあった事を理解しました。(自分の精神年齢の成長が小学校3年生で止まっていた事も理解しました。)これにより自分は家族とすれ違うだけでも反吐が出るような状態になりましたし、彼らとコミュニケーションを取る事などあり得ない精神状態に陥ったのです。そう、自分は記憶のサルベージの中で、自分が肉体的、精神的、社会的に一度殺されていた事を理解しましたから、逆に家族に対して「殺したい」程の憎しみを抱くようになっていたのです。その後自分はパチンコで生活費を稼ぎながら、カウンセリングを受け続けていたのですが、その3ヶ月目で出てきたのがこの引っ越しの話、という事になります。その後自分は引っ越しの話の進展状況を探りたいと思い、膨大な憎しみの渦の中で母親とコンタクトを取ってみたですが、その中で引っ越しの話が確定的になりつつある事を知り、憎しみと絶望の彼方に追いやられました。ここで自分の手元には「引っ越しについていく」と「一人暮らしをする」という2つの選択肢がありました。しかし、一人暮らしをした場合に想定される不安感は考えられない程巨大だったのです。その不安は以下の6つです。前回の記事からの引用になります。



[前提として今回の一人暮らしは、「自分がしたいからする一人暮らし」ではなく、「家族の引っ越しについて行きたくないからする一人暮らし」]



①その準備において時間やエネルギーを割かなければならない。


②様々な連絡事項について家族とコミュニケーションをとらねばならない。


③ 記憶のサルベージによって自分の精神年齢の成長が小3で止まっていたという事が判明。自分がまだ精神的によちよち歩きの状態だというタイミングの問題。


④自分の「病的な音への過敏さ」が隣人トラブルを起こしかねない。


⑤貯金が毎月10万しか出来ない。引っ越しとパチンコ稼業で受ける精神的苦痛と全くもって見合っていない。


⑥不動産屋さん、引っ越し業者さん、大家さん、隣人とのコミュニケーションに全く自信が無い。自信が無い所か漠然とした膨大な不安感を抱えている。




(ただし、①②③のストレスは「引っ越しについていった場合」でも発生するストレス。また、一人暮らしをするメリットとしては、家族と離れる事で家族から感じる膨大なストレスから離れる事が出来る。)




では、引っ越しについて行った場合どうなるか、という話ですが、上記の①②③のストレスは同様に発生します。さらに家族とは引っ越し後も一つ屋根の下に住み続ける訳ですから、そこで継続的な凄まじいストレスを受け続けるのは確定的です。そう、自分が引っ越しについていく事で、家族3人に感じる憎しみが「殺したい」程憎いからさらにさらに悪化する事は目に見えています。そんな状態で一つ屋根の下に住み続けるなど、さらに気が狂うような事態に追い込まれるのは確実。そう、自分にとって「引っ越しについて行く」という選択肢もあり得ない程のストレスを発生させるものだったのです。つまり、自分にとっては、「引っ越しについて行く」or「一人暮らしをする」、どちらの選択肢を選んでも地獄の底の底に行き着く未来しか見えなかったのです。



このにっちもさっちも行かない状況が発生した事で自分の家族に対する憎しみが臨界点を超えました。もはや憎しみが抑えられなくなったのです。とは言っても自分が家族とコミュニケーションを取る事などあり得ない状況でしたから、その憎しみを言葉で伝える事などあり得ません。ですから自分はその溢れ出る憎しみを「ドア」にぶつける様になったのです。そう、外出する時に力の限り玄関のドアを強く閉め、爆音を響かせる事で自分の憎しみを表現するようになっていきました。また、自分の部屋に出入りする際も、ドアを力の限り強く閉めて、爆音を響かせていましたね。自分はそれくらいしないと憎しみで頭がおかしくなりそうだったのです。というか、もはやおかしくなっていたと思います。憎しみの感情のコントロールが効かず、直接的な暴力の衝動が溢れていたのです。それを「心」ではなく「身体」が求めていました。



他にも同様な状況はありました。例えば自分は2階に住んでいたのですが、家族3人が1階のリビングで集まっている気配を感じると、気が狂いそうになるんですね。これは引っ越しの話が出て以降の話です。自分は両親の事を「殺したい」程憎んでいましたから、そんな両親とつるんでいる妹にも同様の憎しみを感じていました。妹とは尿管結石の際の因縁もありました。ですからその3人が集まって下で何かを喋っていると、引っ越しの話が前に進んでいる様に思え、自分の精神は莫大な憎しみと不安感で破壊されそうでした。そうなると自分は自分の部屋の床を思い切りガンガン踏んで、下にいる家族を威嚇したりもしていた記憶です。あ、思い出しました。床をガンガン踏むと同時に「あ"〜〜〜〜〜〜〜っっっっっ!!!!」って奇声も発していたような気もします。





今日はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!m(_ _)m





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




https://room.rakuten.co.jp/room_49366c0830?scid=we_rom_iphoneapp_mr_others




PVアクセスランキング にほんブログ村