鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

暴力衝動を抑えきれなくなる〜「東○荘事件③」(2006年3月頃・30歳)

皆さんこんばんはスキッパーです!今日も見に来て下さりありがとうございますm(_ _)m今日も皆さんに自分の話を読んで頂けるかと思うと嬉しい気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「 憎しみのあまり、自分にメリットがあるコミュニケーションすら取れない〜「東○荘事件②」(2006年3月頃・30歳)」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、自分の中にある母親への憎しみが余りにも膨大になってしまったが故に、自分にメリットがあるコミュニケーションすら取れなくなってしまっていた、という話でした。では「東○荘事件」の話に戻ります。引っ越しの話が出てきてからというもの、自分の中の家族への憎しみは臨界点を超えてしまいました。もはや憎しみのコントロールが効かなくなったんですね。自分は自分の気持ちを無視して行われようとしている引っ越しに果てしない憎しみを感じていました。その憎しみの炎は自分の心身をも燃やし尽くす程の勢いだったのです。自分はこの引っ越しが致命的に嫌で嫌で仕方なかったですから、本来なら「何故自分が引っ越しに対して反対なのか?」を母親に詳細に説明すべきだったと思います。しかし、もはやそのようなコミュニケーションが到底不可能な程、自分は母親を憎んでいました。故に自分はその憎しみをドアや床や壁に叩きつける様になったのです。具体的に書きますと、自分は玄関を出入りする際に毎回玄関のドアをわざと思い切り「ド〜〜〜ン!!」と閉めるようになりました。そして、自分の部屋に出入りする際も思い切りドアを閉めていました。そのようにドアの音を滅茶苦茶に響かせる事で、自分は「こんなに俺は引っ越しに対して反対なんだ!!!」、と表現しているつもりだったのです。




また、自分の部屋は2階にあったのですが、ある時自分が部屋にいると、1階のリビングに家族3人が集まっている気配を感じたんですね。そうすると、自分の中に「引っ越しの話が進んでいるのではないか?」という莫大な不安と憎しみが湧き上がってきました。そうすると自分は怒りのエネルギーがコントロール出来ず、自分の部屋の床を足でガンガン踏んで、下にいる家族を威嚇していた記憶です。さらに自分は両親とつるんでいる妹に対しても莫大な憎しみを感じていましたから、妹に対しても同じような音による威嚇をしていました。自分の部屋と妹の部屋は隣同士だったのですが、妹の部屋に妹の気配を感じると、その間の壁をガンガンに殴ったり蹴ったりもしていた記憶です。




要するに自分は「暴力衝動」が抑えられなくなっていたのです。何故なら親が言い出した引っ越しによって、自分が致命的なストレス(不安感)を食らうことは確定的な状況だったからです。以下、その致命的なストレス(不安感)の詳細になります。



引っ越しについていく場合の不安感


①その準備において自分の時間やエネルギーを割かなければならない。


②様々な連絡事項について家族とコミュニケーションをとらねばならない。


③ 記憶のサルベージ(言語化)によって自分の精神年齢の成長が小3で止まっていたという事が判明。自分がまだ精神的によちよち歩きの状態だというタイミングの問題。


④「殺したい」以上に憎い家族とその後も一つ屋根の下で住み続けなければならない。




そして、引っ越しについて行かず、一人暮らしをする場合の不安感がこちら。(①、②、③は、引っ越しについていく場合と共通)



①その準備において自分の時間やエネルギーを割かなければならない。


②様々な連絡事項において、家族とコミュニケーションをとらねばならない。


③自分がまだ精神的によちよち歩きの状態だというタイミングの問題。


④自分の「病的な音への過敏さ」が隣人トラブルを起こしかねない。


⑤貯金が毎月10万しか出来ない。引っ越しとパチンコ稼業で受ける精神的苦痛と全く釣り合っていない。


⑥不動産屋さん、引っ越し業者さん、大家さん、隣人とのコミュニケーションに全く自信が無い。自信が無い所か漠然とした膨大な不安感を抱えている。



(一人暮らしをするメリットとしては、家族と離れる事で家族から感じる膨大なストレスから離れる事が出来る。)



これらの不安感を足し合わせた不安感の総量は果てしなく大きなものでした。というか、自分はそもそもこの引っ越しの話が出て来る前から、家族に対して「殺したい」程の憎しみを感じていたのです。自分の「輝かしい青春時代」「時間とエネルギー」「心身の健康」は家庭環境によって滅茶苦茶に破壊され奪われ続けたからです。自分は学校生活において周りとコミュニケーションが全く取れず、鬱を発症し、それにより「鬱の狂人」のような状態にまで鬱を悪化させていました。いつもの鬱の諸症状のコピペです。



2006年当時の鬱の諸症状


①記憶のサルベージスタート時点(2004年4月・28歳)よりさらに鬱が悪化。(記憶のサルベージスタート時点の鬱状態は大学空手部時代の2倍)

②「音」への病的な過敏さ


③記憶のサルベージ中の様々な出来事により、家族に対する「殺したい」程の憎しみがさらに増大。



そして、大学空手部時代の鬱の諸症状がこちらです。



・とある練習メニューへの恐怖感で夜なかなか寝付けない。寝付けても眠りが浅い。(空手部時代の話②)
・慢性的な食欲消失(大学時代の鬱の諸症状)
離人感(〜離人感と冷え性〜)
・酷い冷え性(〜離人感と冷え性〜)
・慢性的な疲労感と眠気(〜慢性的な疲労感と眠気〜)
・限定的な難聴(〜慢性的な疲労感と眠気〜)
・自殺願望(〜自殺願望と救い〜)
・常に訳もなくず〜っと悲しい。
・慢性的な口内炎




上記の鬱の諸症状に加えて、さらに引っ越しの話によって、果てしない不安感が発生した訳ですからね。そりゃ家族に対する憎しみを抑えきれなくなるってものですよ。ドアの音を響かせたり、床をガンガン踏んだり、壁を殴ったりくらいしなきゃ、やってられません。「殺したい」という気持ちを現実の行動に移さないだけ有難いと思って貰いたいぐらいだったのです。




と、ここですみません。記事の順番を間違ってしまった話なのですが、この記事の続きがこちら→ 「 親に向かって「ガキがガキ作ってるんじゃねえよ!!!」と吠える〜「東○荘事件④」(2006年3月頃・30歳) 」と言う事になります。2日前にアップした記事です。ややこしくなってしまいすみません。




今日はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!m(_ _)m





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




https://room.rakuten.co.jp/room_49366c0830?scid=we_rom_iphoneapp_mr_others




PVアクセスランキング にほんブログ村