鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

警官来訪〜「東○荘事件⑤」(2006年3月頃・30歳)

皆さんこんばんはスキッパーです!今日も見に来て下さりありがとうございますm(_ _)m今日も皆さんに自分の話を読んで頂けるかと思うと嬉しい気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「親に向かって「ガキがガキ作ってるんじゃねえよ!!!」と吠える〜「東○荘事件④」(2006年3月頃・30歳) 」の続きを書かせて頂きます。




[今回の記事は、「 親に向かって「ガキがガキ作ってるんじゃねえよ!!!」と吠える〜「東○荘事件④」(2006年3月頃・30歳) 」の続きになります。よろしくお願い致します。]




前回の記事は、自分と父親が取っ組み合いの喧嘩を始めたという話でした。自分が自分の部屋の壁を思い切り蹴った後、玄関に向かうと、父親が血相変えて自分に掴みかかってきたのです。そこに母親と妹も加わり、自分はこの場が1vs3の孤立無援状態である事を認識しました。そして、父親と掴み合いをする中で父親が自分のこれまでの行動を非難してきました。引っ越しの紙を破ったりだとか、ドア音をわざと大きく響かせたりとか、壁や床を蹴ったりだとかに関してです。自分はそれに対しての反論を叫んだのです。「うっせぇ!!!お前らが作ったこの家庭のせいで俺の人生滅茶苦茶だ!!!」、と。さらに「お前ら俺の人生滅茶苦茶にしやがって、絶対に許さないからな!!!」的な事も叫んだかもしれません。続けて自分は両親に向かって吠えます。「ガキがガキ作ってるんじゃねぇよ!!!」、と。さらに「適当にセックスしやがって、それで産まれてきて滅茶苦茶な人生送らされるこっちの身にもなりやがれ!!!」、と。「ガキが〜」の件りは、自分が1年間部屋に引きこもり、過去の記憶を全てノートに書き出した上で、出てきた言葉だったのです。自分で言うのもなんですが、「魂」が入った叫びだったような気がします。懐かしいですねぇ。この時の自分は父親と掴み合っている状態でしたし、さらに妹にも身体を抑えられている状態でした。そのような拘束状態で自分は上記のセリフを叫んでいました。父親、母親、妹それぞれを鋭く睨みながら、叫んでいた記憶です。叫んでいましたし、吠えていました。自分はそれまでの30年間の人生において、喧嘩や口論など全くした事が無い人生を送ってきていたのですが、この時の自分は明らかに生まれて初めて脳内で戦闘スイッチが入っていました。脳内で分泌されているであろうアドレナリンによって、高揚感や闘争心が心の奥底から湧いてくるのです。怖いものなど何もありませんでした。




さらに掴み合いは続きます。自分の心の中は高揚感や闘争心溢れていましたが、一方ではこの1vs3の状況が不利だとも感じていました。そこで家族への嫌がらせの為に、掴み合いの隙を突いて、玄関のドアを開け「助けて殺される!!!」、と大声で叫んだのです。まぁ実際には自分と父親は掴み合っているだけでしたから、本当に殺されるような状況からはほど遠かったと思います。しかし、自分は1vs3で孤立無援な状況でしたから、嫌がらせの意味も含めてそう叫びたくなったのです。また、この状況を俯瞰で見れば、当時の自分は「引っ越し」という膨大なストレスにより実際に精神的に殺されそうな状況でもありましたから、あながち「殺される!!!」という叫びは的外れでは無かったとも思います。自分は近所中に響き渡る音量で2回か3回叫んだ記憶です。そう、自分はうちの母親が家の近所の人達と全く持って上手く行ってないのを知っていましたから、そうやって外に叫ぶ事で母親の面目を潰し、ますます近所との関係を悪くさせてやろうという魂胆がありました。この家に引っ越し以来、うちの母親と近所の関係はかなり悪くなっていましたからね。ただ、今から思うとこの作戦はどうなんでしょう。何故なら今回のゴタゴタって、親が引っ越しを言い出した事に端を発しています。そして、自分は引っ越しが致命的に嫌だった訳ですが、こうやって物騒な言葉で母親の面目を潰すと、ますます母親は今の家に居づらくなり、引っ越しをさらに進めたくなってしまいます。この点に関しては当時の自分も事件後に「あの『殺される!』は失敗だったかもなぁ」と反省した記憶です。




さて、そのように父親と掴み合いながら口論していますと、父親も自分も動きが鈍ってきて、掴み合い状態は解けた記憶です。しかし、自分の戦闘モードはまだまだ継続しています。アドレナリンは出まくっています。そこで自分は母親に対して自分の顔を差し出し、「なんだ!お前も俺の事が憎いのか!!だったら俺の顔を殴ってみろよ!!!」、と挑発したのです。ここの場面もはっきり覚えています。自分は母親を困らせてやろうと思ったのだと思います。母親がそういう事を出来ずに、困る姿を見てやろう、と。また、母親が自分に対してどれくらい怒っているのか、試してみた所もありましたね。すると、母親は自分の頬を平手で「バチーン」と殴ってきたのです。自分はそれにショックを受けながらも、またも「ふざけんな!!!」と激昂した記憶です。「お前らのせいで俺の人生滅茶苦茶なのに、まだ俺に対して攻撃してきやがるのか!!!」、と。しかし、家族は自分に対して謝ってきません。当然自分も彼らに対して謝る事など全くありません。




そんなこんなで父親が掴みかかってきてから20〜30分くらい経ったでしょうか。母親が「この場が収拾出来ない」と思ったのか、交番に電話したのです。すると、5分くらいで警官2人が玄関に入ってきました。警官は父親に事情を聞きました。すると父親は急にしおらしくなり、「全部自分が悪いんです」と答えています。自分はそれにも激昂していた記憶です。「カッコつけてんじゃねぇよ!!」、と。「これまで父親らしい事何一つしてこなかった癖して、何警官の前でカッコ付けてやがるんだ!!」、と。すると警官が自分の方を向き「まぁまぁ」と諌めます。警官は自分に「今日はどこかに行くつもりですか?」と聞いてきました。そう、自分は外出する格好をしていましたからね。自分は「これからカウンセリングに行くつもりです」と答えました。すると警官は「もう行かれたらどうですか?」と言ってきましたので、自分は「分かりました」と答え、その場を後にしたのでした。




今日はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!m(_ _)m





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




https://room.rakuten.co.jp/room_49366c0830?scid=we_rom_iphoneapp_mr_others





PVアクセスランキング にほんブログ村