鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

父親との喧嘩の件りを自画自賛する〜「東○荘事件⑦」(2006年3月頃・30歳)

皆さんこんばんはスキッパーです!今日も見に来て下さりありがとうございますm(_ _)m今日も皆さんに自分の話を読んで頂けるかと思うと嬉しい気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「父親との取っ組み合いの喧嘩のシーンを振り返ってみる〜「東○荘事件⑥」(2006年3月頃・30歳)」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、自分が父親と取っ組み合いの喧嘩をした件りの振り返りでした。さて、その後自分は警官に促されて、家を後にし、カウンセリングに向かいました。カウンセリングセンターまでは電車で1時間くらいでしたが、その間自分の心の中には先程の興奮がまだまだ残っていました。アドレナリンの余韻が凄かった記憶です。何せ生まれて初めての喧嘩でしたからね。自分はこんな気持ちでした。「とうとうあいつらにこれまで溜まっていたムカつきをぶつけてやった!!!」、と。そう、そこにはある種のスッキリ感があったような記憶です。「言ってやったぜ!!!」、的な感じですね。そう、自分の人生が家庭環境によって滅茶苦茶にされた事が言えましたし、何より「ガキがガキ作ってるんじゃねぇよ!!!」というキラーフレーズを吠える事も出来ましたからね。これはかなり爽快でした。確かこのキラーフレーズは別に予め用意していたものではなく、咄嗟にあの場面でアドリブで出てきた記憶です。そこの自分のアドリブ能力に関しても褒めてあげたい気持ちでしたね。加えて「あの1vs3の状況で俺よく頑張ったなぁ!!」的な感覚もありました。あの場面は自分vs家族3人で完全に孤立無援状態でしたが、そこに臆する事なく、自分の言いたい事は言えましたからね。




自分は1年半の記憶のサルベージによって自分の過去の記憶を全て言語化した訳ですが、あの喧嘩において、そこで溜まりに溜まった家族への凄まじい憎しみの気持ちを吐き出す事が出来ました。もちろんあの短時間で全て吐き出すのは無理でしたが、端的な言い方で一部分は吐き出せたのです。なんかこう自分の中に「俺はやったぞ!!」という誇らしい気持ちがありましたね。家族に対する「殺したい」程憎い気持ちの一部を言う事が出来ましたし、1vs3の孤立無援な状況でも臆する事なく立ち回る事が出来ました。また、アドリブでキラーフレーズも出てきましたからね。そう、今回の事件は完全に突発的なもので、自分は何の準備もしていなかったのですが、結果的には言いたい事は言えたのです。自分はそこにも満足感を覚えていた記憶です。自分は興奮冷めやらない状態で、「いや〜、俺よく頑張ったなぁ」、と何度も自画自賛していました。そうこうしているうちに電車はカウンセリングセンターの最寄駅に着いたのでした。




今日はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!m(_ _)m





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




https://room.rakuten.co.jp/room_49366c0830?scid=we_rom_iphoneapp_mr_others




PVアクセスランキング にほんブログ村