鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

元仕事仲間に話を聞いてもらう為に地元に戻る〜「東○荘事件10」(2006年3月頃・30歳)

皆さんこんばんはスキッパーです!今日も見に来て下さりありがとうございますm(_ _)m今日も皆さんに自分の話を読んで頂けるかと思うと嬉しい気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「憎しみのミルフィーユ状態〜「東○荘事件⑨」(2006年3月頃・30歳)」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、カウンセリングを受けた後の自分が行き場を失い、途方に暮れていたという話でした。そう、自分の心の中は憎しみで満ち溢れていましたから、頭の中が真っ白になり、自分が次にどのような行動をすれば良いのか分からなくなってしまったのです。その憎しみは様々な憎しみが重なり合っていたのですが、整理すると以下の3つになります。



①家族によって自分の人生(記憶のサルベージ以前の28年間)を滅茶苦茶に破壊された憎しみ



②記憶のサルベージ(言語化)を経て、ようやく新しい人生をやり直そうとしている矢先に、家族の引っ越しの話が持ち上がり、またも自分の人生が妨害されている。


③先程の父親との取っ組み合いの喧嘩と家族3人による袋叩き




そして、①の憎しみに②、③の憎しみが加わる事で、自分の家族に対する憎しみは、以下のように変化しました。



「殺したい」程憎い

「殺しても殺し足りない」程憎い



さて、そんな感じで自分は憎しみの気持ちに完全に支配され今後の行動を決められずにいたのですが、ふと先程の父親との喧嘩の話を誰かに聞いて貰いたくなったんですね。そう、先程自分はカウンセリングでそれについて1時間喋ってきたのですが、まだまだ自分の気持ちを喋り足りていなかったのです。考えた結果、自分は以前働いていた古本屋の仕事仲間に聞いて貰う事にしました。自分がこの古本屋を辞めてからすでに1年以上経っていましたが、そこの仕事仲間とはまだ交流が続いていたんですね。遡る事1年半前、自分はこの古本屋を辞め、部屋に引きこもって自分の過去の記憶をノートにひたすら書いていました。もちろんその期間はこの仕事仲間達とも全く交流はありません。そして、1年かけて過去の記憶を全て言語化し、外の世界に戻ってきたのですが、引きこもり明けの自分は誰かに自分の鬱人生を聞いて貰いたくて仕方なかったんですね。ですからこの古本屋さんの元仕事仲間にも色々過去話を聞いて貰っていたのです。とは言っても、彼らとアポイントを取って会った訳ではありません。自分が仕事仲間と喋っていたのは彼らの「仕事中」でした。




自分も過去にここで働いていたから分かるのですが、ここの古本屋って基本的にお客さんが来るペースが1時間に2〜3人くらいだったんですね。まぁなんというか個人でやっているすごく暇な小さい古本屋さんでして、そこで働くバイトは仕事中周りのマンガや本を読み放題という、かなり緩い仕事場だったのです。オーナーの社長さんがとても優しい方なんですね。ですから、自分がまだここで働いていた頃、バイトの日でも無いのにお店にお邪魔しては、仕事仲間の先輩に色々愚痴を聞いて貰う事がよくありました。ですから今回もこの古本屋にお邪魔して、色々話を聞いて貰おう、と思ったのです。自分はようやく次の行動を決める事が出来まして、電車に乗り、古本屋のある地元に戻る事にしたのでした。




今日はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!m(_ _)m





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





https://room.rakuten.co.jp/room_49366c0830?scid=we_rom_iphoneapp_mr_others




PVアクセスランキング にほんブログ村