鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

この先どうすれば良いのか全く分からない〜「東○荘事件19」(2006年3月頃・30歳)

皆さんこんばんはスキッパーです!今日も見に来て下さりありがとうございますm(_ _)m今日も皆さんに自分の話を読んで頂けるかと思うと嬉しい気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「 人生における辛い夜 第1位 東○荘事件〜「東○荘事件17」(2006年3月頃・30歳) 」の続きを書かせて頂きます。




すみません。こちらの記事は、「心が壊れていくと身体も壊れていく〜「東○荘事件18」(2006年3月頃・30歳)」の続きになります。記事のアップ順を間違えてしまいました。




前回の記事は、自分がホテルのベッドに入るもかなり肌寒かった、という話でした。そう、この日はホントに色々あり過ぎましたから、そこで受けた莫大な精神的ダメージが、「寒さ」という肉体的ダメージとして反映していたのではないか、という感じです。あの夜は自分の人生の中で一番寒く辛い夜だったと言っても過言ではありません。さて、自分がそんな感じで2〜3時間ベッドの上で悶々としていますと、ようやく眠気が訪れ、意識が無くなっていきました。しかし、そこからの睡眠は断続的でしたね。30分おきくらいに睡眠が途切れては、意識が混濁した状態で目が覚め、そこから5分くらいボーッとしていると、また眠りにつく、を繰り返していた記憶です。一言で言うと、とても眠りが浅かった。やはり脳内がカオス状態のまま寝ていますから、眠りが浅く、寝てもすぐに起きてしまうのです。しかし、そんな睡眠でも眠れる事は有り難かった記憶です。ようやく、カオスな1日が終わりました。寝付いたのは朝6時くらいだったと思います。




それから6時間くらい経ったでしょうか。昼の12時頃、目が覚めました。起きてすぐに周りを見ると、いつも自分が寝ているベッドとは違うベッドに寝ている事に気付き、一瞬戸惑った記憶があります。「あれ?ここどこだ?」みたいな。しかし、すぐに意識は戻り、「そうか、昨日は色々あって、ビジネスホテル泊まったんだったな、、」となりました。と同時に「あぁ昨日のカオスな出来事は夢じゃなかったんだな、、」とも思った記憶です。そう、自分は断続的な眠りの中で「今日あった事が夢の中の出来事ならどんなに良かっただろう」と感じていたんですね。しかし、起きてみると自分はホテルのベッドの上で横たわっていまして、「あぁやはり昨日の出来事は本当だったんだ、、」と落胆しました。6時間ほど寝て多少は身体がすっきりした感じがありましたが、なんせ眠りが断続的でしたし、かなりの寒さを感じながらの眠りでしたから、昨日の疲れの6割は残っていました。身体がかなりだるくて重かったですね。一方、頭の中のカオス状態の方は、けっこう収まっていた記憶です。寝る前の自分は興奮と憎しみと不安感で頭の中がぐちゃぐちゃになっていましたが、それはとりあえずは鎮静化していました。目が覚めた時に一番強く感じた感覚は「身体疲れてるなぁ」でした。ですから、自分はなかなかベッドから出れなかった記憶です。それは前述の通り、心身に残った疲労感のせいでもありましたし、さらにもう一つの原因があったように思います。それは「この先自分はどうするのか?」という答えが何も出ていなかったからです。そう、昨晩の自分はその答えを求めてノートを4時間くらい書いたのですが、「この先ホテルに泊まり続けるのか、否か」について答えを出せていなかったのです。そう、どちらの選択肢を選んだとしても、莫大な憎しみと不安感と絶望感と理不尽感に襲われる未来しか見えませんでした。ですから、昨晩の自分はとりあえずその問題は棚上げにしてノートを書き終えたのです。




自分はその後6時間の睡眠はとりましたが、当然先程の問題は全く答えが出ないまま残っています。その不安と絶望感で自分はベッドから起きる事がなかなか出来ません。目は覚めてはいるものの、1時間くらいベッドから起き上がる事が出来ず、悶々としていた記憶です。





今日はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!m(_ _)m





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





https://room.rakuten.co.jp/room_49366c0830?scid=we_rom_iphoneapp_mr_others




PVアクセスランキング にほんブログ村