鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

「このまま一回も家には戻らず、ホテルに泊まり続ける」という選択肢〜「東○荘事件22」(2006年3月頃・30歳)

皆さんこんばんはスキッパーです!今日も見に来て下さりありがとうございますm(_ _)m今日も皆さんに自分の話を読んで頂けるかと思うと嬉しい気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「神を殺しても殺し足りないくらい憎い〜「東○荘事件21」(2006年3月頃・30歳)」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、「東○荘事件」の翌日、自分が東○荘の一室で、ノートに自分の気持ちを書き始めた、という話でした。あの事件により、自分の心の中には家族に対する「殺しても殺し足りない」くらいの憎しみが発生していました。加えて自分の人生に対する莫大な理不尽感と絶望感も発生していたのです。前回の記事ではその莫大な理不尽感と絶望感についても説明させて貰いました。さて、そんな気が狂う程のネガティブな感情をノートに書き殴っていますと、とりあえず少しは気持ちが収まってきました。そこでようやく自分は「これから自分はどうすれば良いのか」をノートに書き始めました。そう、「このままホテルに泊まり続けるのか、否か」です。自分はすでに「このまま一回も家には戻らず、ホテルに泊まり続ける」という選択肢を前夜検討していたのですが、この選択肢はあまりにもハードルが高いように思えました。「ホテルに泊まり続ける」=「一人暮らし」という事ですが、ただでさえ、自分は一人暮らしに対して膨大な不安感を感じていたのです。その内訳は以下の通りです。いつものコピペを貼らせて貰います。




[前提として今回の一人暮らしは、「自分がしたいからする一人暮らし」ではなく、「家族の引っ越しについて行きたくないからする一人暮らし」]



①その準備において自分が時間やエネルギーを割かなければならない。


②連絡事項などで家族とコミュニケーションをとらねばならない。


③記憶のサルベージにより自分の精神年齢の成長が小学校3年生で止まっていた事が判明。自分がまだ精神的によちよち歩きの状態だというタイミングの問題。


④自分の「病的な音への過敏さ」が隣人トラブルを起こしかねない。


⑤貯金が毎月10万しか出来ない。引っ越しとパチンコ稼業で受ける精神的苦痛と全くもって見合っていない。


⑥不動産屋さん、引っ越し業者さん、大家さん、隣人とのコミュニケーションに全く自信が無い。自信が無い所か漠然とした膨大な不安感を抱えている。


(一人暮らしをするメリットとしては、家族と離れる事で家族から感じる膨大なストレスから離れる事が出来る。)





今回のケースは上記の不安感に加えて、「父親との取っ組み合いの喧嘩」という「不測の事態」からの一人暮らしという事ですからね。ますます自分には厳しい選択となっていました。さらにこのまま一回も家に帰らないとなると、貴重品(保険証やパチンコで貯めたお金など)は家に残されたままになる訳で、貴重品無しの生活となると、この先どんなトラブルがあるか分かりません。このように色々ノートを書いていますと、やはり「このまま一回も家には帰らず、ホテルに泊まり続ける」という選択肢は、かなり難しいという印象になっていったのです。あと上記の⑥と内容が被りますが、単純にお金の問題もありましたね。「あいつらにここまで俺の人生を滅茶苦茶に蹂躙された上に、さらにこちら側が連日ホテル代を払わなきゃならないって、理不尽過ぎるにも程があるだろ!!!」という感じです。





今日はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!m(_ _)m






↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




https://room.rakuten.co.jp/room_49366c0830?scid=we_rom_iphoneapp_mr_others




PVアクセスランキング にほんブログ村