鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

神を殺しても殺し足りないくらい憎い〜「東○荘事件21」(2006年3月頃・30歳)

皆さんこんばんはスキッパーです!今日も見に来て下さりありがとうございますm(_ _)m今日も皆さんに自分の話を読んで頂けるかと思うと嬉しい気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「この先どうすれば良いのか全く分からない②〜「東○荘事件20」(2006年3月頃・30歳)」の続きを書かせて頂きます。





前回の記事は、自分がベッドからようやく起き上がり、ノートに現在の状況や今後の事について書き始めたという話でした。自分は昼の12時頃に目を覚ましたのですが、昨日の事件のせいで身体が鉛のようになっており、それから1時間程ベッドから身体を起こす事が出来ませんでした。また、「ホテルに泊まり続けるのか、否か」という問題が全く解決していません。それによる果てしない絶望感もあり、ベッドから起きる事が全く出来なかったのです。しかし、1時間も経つとようやく今後の事を考える気持ちになってきまして、再びノートを開き、まずは現在の自分の気持ちを書き始めました。前回の記事でも書きましたが、まずは家族に対する膨大な憎しみをノートにぶつけていきました。「あいつら許さねぇ!!!ぶっ殺してぇ!!!!」的なやつです。そして、自分の人生に対する膨大な理不尽感と絶望感もノートに叩きつけました。これも余りにも膨大で書いてて気が狂っていました。そう、今回の事件が起きたタイミングも大問題だったのです。自分は1年に渡る引きこもり期間を経て、ようやく外の世界に戻ってこれたのですが、わずか半年後に事件は起こりました。自分は引きこもっている間、社会や家族と完全に断絶し、ひたすら自分の過去の記憶を言語化していたのですが、それは自分のトラウマをナイフで抉り、傷口に塩水を吹きかけるような行為だったのです。自分の学生時代は孤独と不安と恐怖でのたうち回っているだけの学生時代でしたから、それらの記憶を詳細に言語化すると言う事は、それらを再体験するという事でした。自分の心身が壊れていく歴史を一人で延々と再体験していく行為は自分の精神に甚大なダメージを及ぼしました。自分は記憶のサルベージ中何度号泣した分かりません。あれは自分で自分の精神を痛めつけているような行為だったとも言えます。いわゆる「自傷行為」ってやつですね。しかし、自分は「何故自分がこんな糞まみれの人生を送る羽目になったのか?」、そして、「何故自分の心身は鬱でひたすら壊れていく事になったのか?」、その理由を知りたくて仕方なかったのです。その結果自分は「自分の精神年齢の成長が実は小学校3年生で止まっていた」事を突き止めました。さらにその原因が「小学校3年生の時に起きた家庭内のとても大きな環境変化」にあった事も突き止めたのです。このように自分は1年かけてその謎を明かし、拷問のような1年間をようやく終えたのでした。




このように自分は死力を尽くして自分の過去の記憶と戦い、ようやく外の世界に戻ってこれたのです。しかし、謎が解けたからといって、鬱でぶっ壊れた身体は少しも回復していませんでしたし、むしろさらにぶっ壊れていきました。そして、自分の精神年齢の成長も小学校3年生で止まったままです。自分はこのような息も絶え絶えな状態でなんとか「カウンセリング」という希望の光を見つけ、カウンセリング代金と生活費をパチンコで稼いでいました。しかし、そんな生活も束の間、3ヶ月目で親から引っ越しの話が出てきたのです。ここで自分の中には「引っ越しについていく」or「一人暮らし」という選択肢が出現したのですが、どちらも致命的な精神的ダメージを受ける事が確定的で、自分はどちらを選ぶ事も出来ませんでした。そして、自分は引っ越しに対する気が狂いそうな程の憎しみをドアや壁にぶつけ続け、それが今回の事件の引き金になったのです。




繰り返しになりますが、「東○荘事件」から遡る事1年半前、自分は社会や家族から完全にドロップアウトし、引きこもりになり、拷問のような記憶のサルベージ(言語化)を始めました。当時の自分はその時点で充分この世の地獄の底を味わい尽くした気持ちだったのです。学生生活における孤独の蓄積により心身はぶっ壊れ続け、「自殺願望」のみが救いの人生を長年送ってきていましたからね。しかし、自分が最下部だと思っていた「地獄の底」にはさらに下があり、「東○荘事件」によって「地獄の底の底」に落ちていく事になりました。自分はこの事件の前から宗教やオカルト大嫌いの無神論者でしたが、この事件以降それはますます加速していきました。何故なら万が一この世に神というものがいたとして、神が自分にこのような仕打ちをしているのだとしたなら、自分は絶対にその神を許せなかったからです。その神とやらを殺しても殺し足りないくらいでした。





今日はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!m(_ _)m






↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。








にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




https://room.rakuten.co.jp/room_49366c0830?scid=we_rom_iphoneapp_mr_others





PVアクセスランキング にほんブログ村