鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

「眠りの質の悪化」と「鬱」の関係性(2006年3月頃・30歳)

皆さんこんばんはスキッパーです!今日も見に来て下さりありがとうございますm(_ _)m今日も皆さんに自分の話を読んで頂けるかと思うと嬉しい気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「東○荘事件によりさらに鬱が悪化(2006年3月頃・30歳)」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、家に戻ってきた自分が自分の部屋に留まり続ける選択をしたという話でした。それは「激昂した父親が部屋に突入してくるかも」というリスクを受け入れる、という事でもあり、「敵の巣窟にいるような激しい緊張感」の中で生活し続けるという事でもありました。今回の記事もここら辺の話を改めて書かせて貰います。これらの緊張感やリスクは自分にとって「生命の危険」を感じる程のものでしたが、それ以上に自分は疲れ切っており、動けなくなっていました。東○荘事件によって自分が受けた精神的ダメージは甚大なものがあったのです。もはや自分の中にこの部屋を出て行き、再び東○荘で生活し始める気力は全く残っていませんでした。そう、「東○荘の冷た過ぎる布団」や「いつもと違った環境」や「宿泊費を払う事による精神的ダメージ」、これらを受け入れる気力は自分の中にもう全く残っていなかったのです。よって自分が選べる選択肢は、「生命の危険」を感じながらも自分の部屋で生活し続ける、以外無い状態になっていたのでした。




そもそも東○荘事件以前から自分は妹の出すドア音に多大な恐怖感と憎しみを感じており、それにより眠りの質は酷くなる一方でした。そして、今回の事件によりさらに眠りの質は滅茶苦茶に壊れていく事になります。自分が布団に入った際には、「妹のドア音に起こされるリスク」に加えて、「激昂した父親が部屋に突入してくるリスク」にも怯えなければならなくなったからです。これにより、自分の寝付きはさらに悪くなり、眠りはさらに浅くなっていきました。これはとりもなおさず「鬱のさらなる悪化」を意味していました。



ちょっとここからは東○荘事件の話から一旦離れまして、「眠り」と「鬱」の関係について書いて行きたいと思います。自分の人生を振り返ってみますと、「眠りの質の悪化」と「鬱の悪化」はリンクしている事が多い印象なんですよ。ざっと思い出すだけでも4つの事例がありますからね。以下その事例です。



①小学校3年生の時に、父親の開業を機に家庭環境が戦争状態に突入。これにより喘息が悪化し、夜全く眠れなくなる。小学校は半不登校児状態。ここから学校生活における人間関係の経験が全く積み重なっていかず、精神年齢の成長が止まる。



②高校1年生の時に部活で暴言事件が発生。これにより、日曜夜ごとに激しい喘息が起こり、一睡もせずに高校に通う事になる。慢性的な疲労感や眠気が酷くなり、クラスや部活の人間関係から完全に脱落。



③1つ目の大学で空手部に入るも、とある練習メニューが自分には厳し過ぎて、夜眠れなくなる。それにより鬱は3倍に悪化し、様々な鬱の諸症状を発症。



④2つ目の大学での大学生活でも全く友達が作れず、慢性的な疲労感が悪化。これにより睡眠への依存度が急激に上がり、隣に住む妹の出すドア音が許せなくなる。最終的には妹への憎しみと恐怖感が爆発し、尿管結石発症の引き金に。




そして、③の大学空手部時代の鬱の諸症状がこちらです。



・大学空手部のとある練習メニューが自分には厳し過ぎて、その恐怖感で夜眠る事が出来ない。
・慢性的な食欲消失(大学時代の鬱の諸症状)
離人感(〜離人感と冷え性〜)
・酷い冷え性(〜離人感と冷え性〜)
・慢性的な疲労感と眠気(〜慢性的な疲労感と眠気〜)
・限定的な難聴(〜慢性的な疲労感と眠気〜)
・自殺願望(〜自殺願望と救い〜)
・常に訳もなくず〜っと悲しい。
・慢性的な口内炎




とまぁこんな感じで、自分の人生において、「眠りの質の悪化」と「鬱の悪化」は、コインの裏表のような関係にあると言って良いと思います。眠りの質が悪化すると良い事なんて一つもありません。上記の鬱の諸症状は、眠りの質の悪化により、引き起こされていると考えても良いくらいです。つまりが眠りが悪化していくと身体が壊れていく、と。先程の4つの事例で自分の鬱が悪化していく流れをまとめてみますと、



メンタル悪化

喘息悪化

睡眠の質が悪化

様々な鬱の諸症状発症(尿管結石含む)




という感じになります。ただし③と④の事例はもはや喘息を介せずに、メンタルの悪化が即睡眠の質の悪化に繋がっています。こうやってまとめてみますと、とにかく眠りが浅くなったり、寝付きが悪くなるとマズいです。そういえば漫画の表現で、寝不足が続いてる人の目の下に「クマ」が描かれますよね。また、メンタルが悪化した人の目の下も「クマ」が描かれる事があります。これなんかも、眠りと鬱の密接な関係をよく表しているのではないかなぁなんて思ったりもします。





今日はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!m(_ _)m





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




https://room.rakuten.co.jp/room_49366c0830?scid=we_rom_iphoneapp_mr_others




PVアクセスランキング にほんブログ村