鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

第3の選択肢「自殺」(2006年3月頃・30歳)

皆さんこんばんはスキッパーです!今日も見に来て下さりありがとうございますm(_ _)m今日も皆さんに自分の話を読んで頂けるかと思うと嬉しい気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「東○荘事件の流れをまとめてみる(2006年3月頃・30歳)」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、東○荘事件の流れを改めてまとめてみました。何度も申し訳ないのですが、もう1度簡単にまとめてみたいと思います。まず東○荘事件が起きる以前の話です。自分は引っ越しの話が両親から出て来た時点で膨大な不安感と憎しみを感じていました。そう、親に対して「殺したい」程の憎しみを抱いていたのです。そして、東○荘事件が起こり、その憎しみは『「殺したい」程憎い』から『「殺しても殺し足りない」程憎い』に変化しました。さらに自分の人生に対する激烈な「理不尽感」と「絶望感」も発生しました。その後自分は東○荘の一夜を経て、自分の部屋に戻らざるを得なくなりました。そこで発生したのは、「寝ている間に父親に襲われるかも」という恐怖感です。これにより、自分はますます眠りに付く事が難しくなり、眠り自体もさらに浅くなっていきました。さらに引っ越しの日程が決まり、自分はますます追い込まれていったのです。こうしてメンタルが追い込まれに追い込まれていった結果、元々強かった「自殺願望」が「自殺企図」へと変化していった、という流れになります。




そう、引っ越しの日程が決まった時の絶望感は今でも覚えています。「こんなにも自分は引っ越しに対して反対してるのに、親はそれを無視して、決行するのか、、」と。振り返ってみますと東○荘事件が起こった直後、自分の中にはこんな甘い期待もうっすら浮かんできていたのです。「うちの両親はあの事件の最中に自分の激しい抵抗を目の当たりにした訳だから、それで少しは引っ越しの事を考え直してくれるのでは?」、と。しかし、その後自分は引っ越しの日程が本決まりになった事を知りまして、身体から全てのエネルギーが抜けていくような激しい脱力感を感じたのを覚えています。「あそこまで激しく抵抗してもなお、親は自分の意志を無視して、引っ越しを決行するのか、、」と。この時の激しい脱力感が、その後のパチンコ稼業のモチベーション壊滅に繋がったのは間違いありません。また、以前の記事で書きました「眠りから覚めて意識は起きているのに、まぶたが重くて全く開かず、1時間近く横たわっているしかない状態」これもこの時の脱力感が大きく影響していると思います。この時の脱力感は余りにも膨大でしたから、すぐに「膨大な無力感」に変化し、最後には「巨大な虚無感」に変化したのです。「虚無感」とは生きている事が虚しくなる感覚です。生きている事から逃げ出したい感覚ですね。そして、この「巨大な虚無感」こそが、自分の中に元々あった「自殺願望」を「自殺企図」へと変化させたのでした。




さらに、引っ越しの日程が決まった事で、これまで自分を散々悩ませていた「引っ越しについていくのか」or「一人暮らしするのか」という選択肢がいよいよどうしようも無くなってきました。そう、東○荘事件が起こった後も自分はどちらの選択肢も選べなかったのです。何故ならあの事件により、自分の家族に対する憎しみは『「殺したい」程憎い』から『「殺しても殺し足りない」程憎い』に変化していました。仮に引っ越しについていくとなると、そんな家族と引き続き一つ屋根の下で暮らさなければならない訳で、そうなるとさらにエグい致命的ストレスを受け続けるのは目に見えています。そう、同時に「寝てる間に父親が襲ってくるかも」という不安感も継続しますしね。一方一人暮らしの方も、さらに到底無理そうな状態に陥っていました。東○荘事件により、自分はさらに気力体力を奪われましたから、ここから一人で一人暮らしに関する段取りを進めていく事など到底無理な状況だったのです。しかし、引っ越しの日程が3ヶ月後に決まった以上、どちらかの選択肢は選ばなければなりません。しかし、どちらの選択肢を選んでも辿り着くのは「地獄の底の底」。そう、このどちらの選択肢を選んでも「地獄の底の底」という状況、この状況もまた「自殺願望」を「自殺企図」へと変化させる一因でした。だって自分はどちらの選択肢も「死ぬ」程嫌なのです。そうなると第3の選択肢「自殺」が俄然現実味を帯びてきたのでした。




今日はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!m(_ _)m






↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。








にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




https://room.rakuten.co.jp/room_49366c0830?scid=we_rom_iphoneapp_mr_others





PVアクセスランキング にほんブログ村