鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

自殺=最終安全装置(2006年3月頃・30歳)

皆さんこんばんはスキッパーです!今日も見に来て下さりありがとうございますm(_ _)m今日も皆さんに自分の話を読んで頂けるかと思うと嬉しい気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「第3の選択肢「自殺」(2006年3月頃・30歳)」の続きを書かせて頂きます。





前回の記事は、東○荘事件以降、自分の中に元々あった「自殺願望」が「自殺企図」に変化していったという話でした。ただでさえ、東○荘事件以前から自分の人生は引っ越しの件でにっちもさっちも行かなくなっていたのですが、東○荘事件以降はさらにどん詰まり状態に陥っていたのです。そう、引っ越しに関しては「引っ越しについていく」or「一人暮らしをする」という選択肢があったのですが、どちらを選んでも行き着く先は地獄の底の底だったのです。となると、頼りになるのは第3の選択肢「自殺」です。地獄の底の底に行くのが嫌なら、この世から消えるしかありません。自分の中の選択肢は「引っ越しについていく」、「一人暮らしをする」、「自殺する」の3択になったのでした。




以前の記事にも書きましたが、東○荘事件が起こった後の自分の状態を改めて説明させて貰います。事件の後自分は家に戻って来たのですが、事件の影響で自分の中には「寝ている間に激昂した父親が部屋に突入してくるかも」という恐怖心が莫大に発生していました。これにより自分の眠りの質はますます劣化していき、ホント日常生活がままならない程、慢性的な眠気と疲労感が酷くなっていました。起きて自分の部屋で座っているだけでも意識朦朧としているような状態です。余りにも現実が辛過ぎるので現実感覚も薄くなっていたように思います。このブログではお馴染みの「離人感」ってやつです。ですから、現在の自分(2021年4月)はこのブログを書く為に当時の事(2006年3月頃)を思い出しているのですが、当時の記憶って漆黒のカオス状態で当時何が起きていたのか書いてみないとよく分からない状態なんですね。なんかこう漆黒のカオス状態の中に、当時の手がかりとなる薄い記憶が「まだら状態」でポツンポツンと存在していまして、それを手がかりにして、当時の自分の姿を掴もうとしている感じです。まぁ半分記憶喪失状態になっているような感じ。そういえば、記憶のサルベージ初期に自分の記憶を初めて振り返った時もこんな感じでした。話は2006年に戻ります。そんな感じで自分は身体が床に押し潰されそうな程の慢性的な疲労感と眠気で意識朦朧としていたのですが、引っ越しの日時が3ヶ月後に迫っている以上、先程の3択を選ばなければなりません。どの選択肢を選ぶにしても色々準備が必要ですから。自分は青息吐息状態の意識の中で、なんとか机の前に座り、ノートを開き、その3択について書き始めました。




改めて選択肢をまとめますと、



①引っ越しについていく


②一人暮らしをする


③自殺する



の3つです。書き始めた当初、①、②、③の選択肢は、自分の中でどれも甲乙付け難いものでした。以前の記事でも書きました通り、これまで自分は①、②の選択肢に関して色々考えてきましたが、どちらの選択肢においても致命的なストレスを受ける事は確実でしたから、どちらを選ぶ事も出来なかったのです。そう、2ヶ月以上経っても選択する事が出来ず、結果東○荘事件が起こったのでした。そして、その直後「自殺」という第3の選択肢が発生しました。自分はまずこの選択肢について考えてみました。この選択を選べば現在の苦しみから全て解放され、楽になれる事は確実です。しかし、一度選んでしまうと後戻りの出来ない超重大な選択。自分が自殺するからには「完全自殺マニュアル」を元に入念な準備を重ね、100%確実に自殺を決行するでしょうからね。ですから自分はノートを色々書いていく中で、まずは「自殺」という選択肢を考えるのは後回しにしようと考えました。もう少し①、②の選択肢を考え尽くしてみて、それでも無理なら「自殺」だろう、と。そう、「自殺」を最後の安全装置的なポジションに置く事に決めたのでした。





今日はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!m(_ _)m





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




https://room.rakuten.co.jp/room_49366c0830?scid=we_rom_iphoneapp_mr_others




PVアクセスランキング にほんブログ村