鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

①引っ越しについていく②一人暮らしする③自殺する②(2006年3月頃・30歳)

皆さんこんばんはスキッパーです!今日も見に来て下さりありがとうございますm(_ _)m今日も皆さんに自分の話を読んで頂けるかと思うと嬉しい気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「①引っ越しについていく②一人暮らしする③自殺する(2006年3月頃・30歳)」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、引っ越しの日時が3ヶ月後に迫ってくる中で、3つの選択肢をどう考えていったのか、という話でした。今回の記事もその3択について改めて書かせて頂きます。当時の自分の健康状態ですが、東○荘事件の影響でさらに眠りの質が劣化しまくっており、日常生活は極度の疲労感と眠気とで滅茶苦茶に壊れていました。精神的にも果てしない不安感と憎しみと理不尽感と虚無感の嵐の中におり、意識朦朧とした状況で生活していました。それによりパチンコで稼ぐ気力も消えてしまいました。しかし、引っ越しの日時は3ヶ月後に迫っており、3つの選択肢の中からどれかは選ばなければなりません。3つの選択肢とは、



①引っ越しについていく


②一人暮らしをする


③自殺する



になります。そもそも東○荘事件以前には、①と②の選択肢しかなかったのですが、自分はそのどちらにも致命的なストレスを感じており、どちらも選ぶ事が出来ない状態が2〜3ヶ月続いていました。そこで東○荘事件が起こり、さらに①と②に感じるストレスが倍増したんですね。自分はどちらの選択肢を選んでも自分が地獄の底の底に突き落とされる未来しか想像出来くなりました。そう、どちらの選択肢も「死んでも嫌」でした。こうなってくると第3の選択肢「自殺」が出て来ます。そもそも自分はそれまでの10年間の大学生活においても、「自殺願望」のみを心の支えにして生きて来ましたからね。「自殺したら今のこの苦しさから解放される」という思いだけが、人生の救いとなっていたのです。ですから、東○荘事件以降、自分の中に「自殺」という選択肢が出て来たのは自然な流れでした。そして、自分のメンタルは東○荘事件により、大学時代よりさらに4倍悪化しています。そうなりますと自殺に対する思いも「自殺願望」→「自殺企図」へと変化したのです。そう、自殺に対する思いがより現実的になっていきました。





そんな状況の中で自分は改めてノートに3つの選択肢を書き、どれを選ぶのが一番よりマシなのか、検討を始めました。先程書きました通り、③の選択肢は「自殺願望」→「自殺企図」に変化しています。自殺という選択肢が自分の中でより現実味を帯びてきており、これを選ぶとなると2度と後戻りは出来ません。自分がそれを実行するとなると「完全自殺マニュアル」を元に100%確実に実行するだろうからです。また、万が一失敗して障害などが残ってしまうと、さらに目が当てられません。この選択肢は一番取り扱いに慎重にならなければならない選択肢であり、最終手段であろうと自分は考えました。あ、ちなみに実行するとなると断然「首吊り」だろうと思っていました。「完全自殺マニュアル」において、確実性、安楽度、お手軽度、周りへの配慮、全てが他の自殺方法より抜きん出ていたからです。




さて、自分はとりあえず③の選択肢を「最終手段」かつ「最終安全装置」とする事に決めました。何故「安全装置」かと言うと、自殺出来た暁には、今自分が感じている莫大な憎しみや不安や孤独感や理不尽感や絶望感や慢性的な疲労感や眠気から解放される事は確実だろうからです。あ、自殺した後の世界とかは全く考えていません。自分はただただ今現在自分が感じている苦痛から解放されたかっただけですからね。ですから自分は、とりあえず「自殺」という「最終手段」かつ「最終安全装置」を確保しまして、その上で①と②の選択肢どちらがよりマシなのか、再検討してみよう、と思い始めたのでした。





今日はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!m(_ _)m





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




https://room.rakuten.co.jp/room_49366c0830?scid=we_rom_iphoneapp_mr_others




PVアクセスランキング にほんブログ村