鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

自殺=肉体的・精神的苦痛からの解放(2006年3月頃・30歳)

皆さんこんばんはスキッパーです!今日も見に来て下さりありがとうございますm(_ _)m今日も皆さんに自分の話を読んで頂けるかと思うと嬉しい気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「①引っ越しについていく②一人暮らしする③自殺する②(2006年3月頃・30歳)」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事も引き続き、自分が引っ越しに対する3つの選択肢を考えた話でした。3つの選択肢は以下の通りです。



①引っ越しについていく


②一人暮らしをする


③自殺する



自分はとりあえず③の選択肢を「最終手段」かつ「最終安全装置」とする事に決めました。③は一度決行したら後戻りの出来ない選択肢です。決行するとなるとほぼほぼ確実に自分の命は失われるでしょうから、この選択肢は最も取り扱いに慎重にならなくてはならない選択肢だろう、と。ただし、決行する事で自分の心の中に積み重なってきた果てしない「孤独感」「恐怖感」「理不尽感」「虚無感」から解放されであろう事はとても魅力的でありました。と同時に、この選択肢は肉体的苦痛からの解放も意味していますから、その点も自分にとってとても魅力的でありました。何故なら自分の身体は長年の鬱の悪化で壊れていく一方でしたからね。遡る事10年以上前、自分の身体は1つ目の大学に通っている時点で「鬱の廃人」状態に陥っており、日常生活すらままならなくなっていたのです。以下いつも貼っています当時の自分の鬱の諸症状になります。




大学空手部のとある練習メニューが自分には厳し過ぎて、その恐怖感で夜眠る事が出来ない。(空手部時代の話②)
・慢性的な食欲消失(大学時代の鬱の諸症状)
離人感(〜離人感と冷え性〜)
・酷い冷え性(〜離人感と冷え性〜)
・慢性的な疲労感と眠気(〜慢性的な疲労感と眠気〜)
・限定的な難聴(〜慢性的な疲労感と眠気〜)
・自殺願望(〜自殺願望と救い〜)
・常に訳もなくず〜っと悲しい。
・慢性的な口内炎




上記のように10年前の時点で自分の身体は「鬱の廃人」状態だったのですが、ここから10年の間にさらに鬱は悪化していきました。そして直近の東○荘事件を経た時点で上記の「鬱の廃人」状態は4倍まで悪化していたのです。これは控えめにいっても「鬱の狂人状態」です。もう自分は起きているだけでも極度の疲労感や眠気に襲われ続けており、身体が辛くて仕方ありません。こうなると当然自殺願望はかなり強くなります。自分の心は、この辛くて仕方ない身体状況からの解放を切実に望んでいたのです。





ですから、③の選択肢は「果てしない精神的苦痛」と「果てしない肉体的苦痛」からの解放を意味しており、それは自分にとって魅力的過ぎる話でした。首吊りを決行して、肉体が生き絶えるまでの間、どれくらいの苦痛があるのかは、分かりませんが、そんなものは自分が現在味わっている「果てしない精神的苦痛」や「果てしない肉体的苦痛」に比べれば屁でもないように思えたのです。




ただし、先程も書きましたがこの選択肢は決行したが最後、後戻りが出来ません。自分にとって「果てしない精神的苦痛」と「果てしない肉体的苦痛」からの解放は、とてつもなく魅力的でしたが、やはり決行には慎重さが求められます。そう、ですから自分は③の選択肢を「最終手段」かつ「最終安全装置」とする事を決めたのでした。




今日はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!m(_ _)m





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。









にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





https://room.rakuten.co.jp/room_49366c0830?scid=we_rom_iphoneapp_mr_others




PVアクセスランキング にほんブログ村