鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

引っ越しに関する最終的な結論(2006年3月頃・30歳)

皆さんこんばんはスキッパーです!今日も見に来て下さりありがとうございますm(_ _)m今日も皆さんに自分の話を読んで頂けるかと思うと嬉しい気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「自殺=肉体的・精神的苦痛からの解放(2006年3月頃・30歳) 」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事も引き続き3つの選択肢についての話しでした。そう、自分にとって第3の選択肢「自殺」は、肉体的・精神的苦痛からの解放を意味していましたから、控えめにいっても「鬱の狂人」状態だった自分にとって、それはとてつもなく魅力的なものでした。ただし、それは一度決行したなら後戻りの出来ない選択です。決行には慎重さが求められます。自分はこの選択肢を「最終手段」かつ「最終安全装置」として取っておく事に決めたのでした。




さて、そうなると残る選択肢は「引っ越しについていく」or「一人暮らしをする」です。以前の記事でもこの2択に関して書いていますが、改めて書かせて頂きます。自分はこの2択について3ヶ月間考え続けてきましたが、答えを出す事が出来ず、東○荘事件が起こる事となりました。そして、第3の選択肢「自殺」が出現し、それは「最終手段」かつ「最終安全装置」となったのでした。その上で改めて上の2択を考えてみますと、これまでと違い、なんとかその2択の中で選んでみようという力が働き始めたのです。そう、2択のうちどちらか選べなければ、第3の選択肢「自殺」を選ぶ事になりますからね。生存本能みたいなものが働いたのかもしれません。ですから、とりあえず2択のどちらかで動いてみて、そこで発生する凄まじいストレスの嵐の中で正気が保てるギリギリのところまでやってみよう、となったのです。そして最終的に自我が崩壊しそうになったら自殺だろう、と。




改めまして、残った2択を書かせて頂きます。


❶引っ越しについていく


❷一人暮らしをする



自分は色々考えていった結果、❷の選択肢「一人暮らし」より❶の選択肢「引っ越しについて行く」の方がまだマシのような気がしてきたんですね。そう、自分の鬱状態は東○荘事件を経て控え目に言っても「鬱の狂人」状態になっていましたから、そんな自分に一人暮らしに関する様々な段取りを進めていく気力や自信は皆無だったのです。ここで改めて以前まとめました❷の選択肢の不安の内訳を貼っていきたいと思います。



[前提として今回の一人暮らしは、「自分がしたいからする一人暮らし」ではなく、「家族の引っ越しについて行きたくないからする一人暮らし」]



①その準備において自分が時間やエネルギーを割かなければならない。


②連絡事項などで家族とコミュニケーションをとらねばならない。


③記憶のサルベージによって自分の精神年齢の成長が小3で止まっているという事が判明。自分がまだ精神的によちよち歩きの状態だというタイミングの問題。


④自分の「病的な音への過敏さ」が隣人トラブルを起こしかねない。


⑤貯金が毎月10万しか出来ない。引っ越しとパチンコ稼業で受ける精神的苦痛と全くもって見合っていない。


⑥不動産屋さん、引っ越し業者さん、大家さん、隣人とのコミュニケーションに全く自信が無い。自信が無い所か漠然とした膨大な不安感を抱えている。



(ただし、①②③のストレスは「引っ越しについていった場合」でも発生するストレス)




上記のストレス内訳は東○荘事件以前にまとめてみたものですが、これらのストレスの総量は事件以降さらに2倍に増えた感じです。そう、あの事件によって自分が受けた精神的ダメージは甚大でしたから、それに伴い❷の選択肢のストレス総量も2倍増です。先程も書きましたが、特に⑥のストレスがヤバかったですね。そもそも今回の一人暮らしの話は、「自分がしたいからする一人暮らし」ではなく、「家族の引っ越しについて行きたくないからする一人暮らし」なのです。そんな自発的でない一人暮らしの為に不動産屋さんや大家さんや引っ越し業者さんとコンタクトを取る気力は自分の中には全くありませんでした。だって自分の気力は東○荘事件によって、さらに壊滅的に無くなったのですから。そして、以前の記事にも書きましたように「一人暮らし」という完全に未知な世界に飛び込んでいく気力も全くありませんでした。そして、⑤の金銭的なストレスも相変わらず大きかったですね。そもそも東○荘事件以降自分はパチンコで稼ぐ気力を失っている訳で、そんな状態で家賃を払えるはずもありません。自分は以上の事をノートに書いて考えてみた結果、「❷一人暮らし」よりは「❶引っ越しについて行く」方がまだマシななような気がしてきたのです。そう、引っ越しについていけば、家賃を支払わなくても済みますし、不動産屋さんなどとのコンタクトは親がやるでしょうから、自分は関係ありません。ただし、こちらはこちらで厳しい選択肢である事には変わりありませんでした。ちなみに引っ越しについていった場合のストレスは以下の通りになります。①、②、③は一人暮らしの場合のストレスと共通です。



①その準備において自分が時間やエネルギーを割かなければならない。


②連絡事項などで家族とコミュニケーションをとらねばならない。


③記憶のサルベージによって自分の精神年齢の成長が小3で止まっているという事が判明。自分がまだ精神的によちよち歩きの状態だというタイミングの問題。


④「殺しても殺し足りない」くらい憎い家族と、その後も一つ屋根の下で住み続けなければならない。




こちらの選択肢も東○荘事件以降「死んでも嫌」なモノになっていました。しかし、「自殺」という選択肢を用意した上で改めて❶、❷を比較検討したみると、先程書きました通り、少しだけ❶の方がマシな気がして来たのです。自分はとりあえず❶の選択肢で動いてみて、ストレスで自我が保てなくなった時点で自殺しよう、という結論に辿り着いたのでした。




今日はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!m(_ _)m





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





https://room.rakuten.co.jp/room_49366c0830?scid=we_rom_iphoneapp_mr_others




PVアクセスランキング にほんブログ村