鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

ホームセンターに首吊り用の資材を買いに行く(2006年4月頃・30歳)

皆さんこんばんはスキッパーです!今日も見に来て下さりありがとうございますm(_ _)m今日も皆さんに自分の話を読んで頂けるかと思うと嬉しい気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「前回の記事を書いた後、胃の辺りがかなり重苦しくなった話(2006年4月頃・30歳)」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、現在の自分が前々回の記事を書いた後胃のあたりがかなり重苦しくなったという話でした。加えて、過去の自分が引っ越しの為に妹とコンタクトを取る決断をした、という話でした。あれはホントに苦渋な決断でした。自殺を担保にした決断でしたからね。自分は妹の事を「殺しても殺し足りない」程憎んでいたのですが、引っ越しの為にその妹とコンタクトを取る事にしたのです。そう、妹とコミュニケーションを取ると言う事はその激しい憎しみを理性で押さえ込むと言う事であり、それにより自分の中に凄まじいストレスの嵐が発生する事は確実です。そして、その凄まじいストレスの嵐により、自分の自我が崩壊する可能性が高かったですから、自分は自我が崩壊するギリギリの所で自殺する事にしたのです。そう、もうこれ以上苦しさに耐えられないと思ったら自殺しよう、と。正気を失い、自殺さえ出来なくなったら、そこから先は無間地獄です。自分の事を自分で始末できるうちにやっておかなければなりません。




そんな感じで自分は自殺を人生の「最終安全装置」として使う事にしました。「自殺」=「人生の苦しさからの離脱」という訳です。振り返ってみますと、この考え方は1つ目の大学の空手部時代(1995〜1999・18歳〜22歳)からずっと自分の中にありました。毎度毎度の当時の鬱の諸症状になります。




・大学空手部のとある練習メニューが自分には厳し過ぎて、その恐怖感で夜眠る事が出来なくなる。(空手部時代の話②)
・慢性的な食欲消失(大学時代の鬱の諸症状)
離人感(〜離人感と冷え性〜)
・酷い冷え性(〜離人感と冷え性〜)
・慢性的な疲労感と眠気(〜慢性的な疲労感と眠気〜)
・限定的な難聴(〜慢性的な疲労感と眠気〜)
・自殺願望(〜自殺願望と救い〜)
・常に訳もなくず〜っと悲しい。
・慢性的な口内炎



自分は上記の諸症状に苦しみ続け、「自殺願望」だけが支えの大学生活を送る事になりました。そして、上記の鬱状況は以下の出来事により、さらに4倍悪化していきました。時系列で書いていきます。



・2つ目の大学生活(4年間)でも友達が全く出来ない。

・古本屋バイトでも人間関係が苦しい。


・尿管結石の発症とその時父親から言われた信じられない暴言。


・バイトを辞めて1年間引きこもりに。そこでしていた記憶のサルベージ(言語化)中の孤独感や絶望感。記憶のサルベージ自体の苦しさ。


・引きこもり明け3ヶ月目に家族から引っ越しの話が出て来る。


・東○荘事件


・引っ越しについていく為に「殺しても殺し足りない」程憎い妹とコミュニケーションを取らなければならない。




これらの出来事により、大学空手部時代の鬱の諸症状は4倍以上にまで悪化し、「自殺願望」は「自殺企図」へと変化していきました。そう、いよいよ自殺を「願望」するだけでは飽き足らず、「企図」するにまでなったのです。それだけ自分の心は人生の苦しさに耐えかねていました。そこで自分は自殺企図を行動に移します。自分は妹とコミュニケーションを取る何日か前にホームセンターに出向き、自殺の準備に取り掛かったのです。以前の記事にも書きましたが、自分は自殺するなら首吊りと決めていました。そして、首を吊る場所は自分の部屋が妥当だろうと思っていました。自分の家の近くには森がありましたから、その中で手頃な木を見つけるという手もありましたが、枝が折れるリスクや探す手間や人目を考えると自分の部屋が妥当だろう、と思ったのです。そこで自分の部屋を見回した所、天井近くに手頃な隙間を見つけました。この隙間に支柱を突っ込み、支柱にロープをかければ、かなり高確率に自殺を実行出来るだろうと自分は踏みました。自分はホームセンターに出向き、強度のある支柱と強度のありそうな電源コードを買ってきました。そして自分の部屋に戻りセッティングです。天井近くの隙間に支柱を突っ込み、電源コードを例の形に巻き、支柱に引っ掛けました。最後に実験です。試しにコードにぶら下がった所、ちゃんと自分の身体は浮きました。これで準備は万端です。「最終安全装置」が完成しました。妹とコンタクトを取ってみて自分のメンタルが限界を迎えたら、これでこの世界から離脱すれば良いだけの話です。妹とコンタクトを取る為の準備が整ったのでした。




今日はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!m(_ _)m





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





https://room.rakuten.co.jp/room_49366c0830?scid=we_rom_iphoneapp_mr_others





PVアクセスランキング にほんブログ村