鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

引っ越し先の一軒家で妹と喋る(2006年4月・30歳)

皆さんこんばんはスキッパーです!今日も見に来て下さりありがとうございますm(_ _)m今日も皆さんに自分の話を読んで頂けるかと思うと嬉しい気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「トラウマの言語化はやはりしんどい(2021年4月・44歳)」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、現在の自分がブログを書き終わると重苦しい時間を過ごしているという話でした。では話を2006年4月に戻します。自分が妹と2人で引っ越し先の一軒家を見に行ったという話でした。その一軒家はその時住んでいた一軒家より2倍くらい大きく、見た目も立派でしたが、そんな事は自分にとってどうでも良い事でした。そして、自分が住む予定の部屋も2倍以上大きくなっていたのですが、それも当時の自分にとってはどうでも良い事でした。何故なら自分は引っ越しに至るまでのゴタゴタにより、「2度殺される」くらいの精神的・身体的ダメージを受けていたからてんす。当然のようにこの引っ越し先の一軒家さえも「憎くて仕方がない」存在になっていました。ですから、自分は何の喜びや感動も感じないまま、引っ越し先の一軒家の中を見て回りました。ちなみにこの一軒家は中古の一軒家でして、我々が引っ越しした時にはすでに築15年くらい経っていました。ただ見た目は立派な和風建築でしたし、庭には池や和風庭園や広い芝生がありましたし、家の中も広い家でした。部屋には豪華な調度品や欄間の数々も置いていってありまして、前に住んでいた人がお金持ちで趣味人である事が推測できましたね。そこら辺に気付いたのは住み始めて5〜6年経った頃の事でしたが。




さてさて、そんな感じで2006年の自分は何の感動も無いまま、引っ越し先の一軒家の中を見て回りました。そして、今後自分の部屋になる予定の部屋に座りまして、1時間くらい妹と喋った記憶です。妹とガッツリ喋るのは2年ぶりくらいでしたかね。そう、本来なら自分にとっては妹も「殺しても殺し足りない」くらい憎い存在です。そんな妹と喋る事などあり得ない話でしたが、こうやって妹が引っ越しの件で自分と両親との間の連絡役になっている以上少しくらいは喋っておいた方が良いだろう、という判断がありました。そしてこの時に自分は「自分が妹に感じていた憎しみ」については一切喋っていません。それにより妹との関係がこじれて、引っ越しの連絡役がいなくなったら目も当てられないからです。また、前回妹とコンタクトを取った際、妹が引っ越しに対して反対していたという話を聞きました。それにより自分の中でほんの少しですが、妹に心を開いた部分があったのです。ですから自分はこの機に妹に対して、自分が部屋に引きこもっている1年間何をやっていたのか話しました。さらに自分がどんなに両親の事を憎んでいるのかを喋った記憶です。たぶん『「殺しても殺し足りない」くらい憎んでいる』というセリフは言ったんじゃないでしょうか。そして、「1年間の引きこもってようやく外に出られたと思ったらこれかよ!!」的な事も言ったと思います。妹はそれを聞き、少しくらいは共感していた記憶です。しかし、ここで自分が妹に対して表現出来た憎しみの総量は、自分の中にある憎しみの1/15くらいだった記憶です。なんせ、自分がここまで激烈な憎しみを両親に持つに至るまでには、30年の年月がかかっていますからね。その30年の蓄積を1時間で表現し尽くせる訳がありません。また、妹は自分と違って両親との関係がずっと続いていましたから、「敵の味方は敵」な部分で妹を憎んでいる部分がありました。ですから、自分と違い両親との関係が続いている妹に対して、自分のこの両親に対する激烈な憎しみを喋ったとしてもそんなに伝わってはないだろうな、的な感覚もあったように思います。




そういえば遡る事6年程前、自分と妹とは仲が良かった時期があったんですね。自分が2つ目の大学を休学して家にいた頃(2000年・24歳)は2人ともニート同士でしたから、一緒にゲームしたり、テレビを見たりしていたものです。その時にお互いに両親の悪口を言ったりした事もありましたから、妹も多少は親への憎しみを理解出来る部分があったかもしれません。




今日はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!m(_ _)m





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。








にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




https://room.rakuten.co.jp/room_49366c0830?scid=we_rom_iphoneapp_mr_others





PVアクセスランキング にほんブログ村