鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

引っ越し当日が終了(2006年6月26日・30歳)

皆さんこんばんはスキッパーです!今日も見に来て下さりありがとうございますm(_ _)m今日も皆さんに自分の話を読んで頂けるかと思うと嬉しい気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「大きな物置の引っ越しに再チャレンジ(2006年6月26日・30歳)」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、自分が大きな物置の引っ越しにもう一度チャレンジしてみる事にした、という話でした。そう、今回の業者さんからは「これは大きいので持って行けない」と言われたのですが、自分はどうにもあの大きな物置を諦め切れなかったのです。そこで改めて新しい部屋の寸法を測り直した所、やはり空いているスペースにぴったり入りそうでしたので、自分が昔バイトをしていた引っ越し屋さんに引っ越しを頼もうと思ったのでした。さて、そんなこんなで色々考えているうちに夜は更けていき、引っ越し当日が終わろうとしていました。とりあえずは引っ越しが大きなトラブルなく一通り終わったのは一安心でしたね。ただし引っ越しが終わったからと言って、引っ越しで受けた精神的なダメージが癒える事は全くありませんでした。最近毎回貼っていますが、この引っ越しで自分が受けた精神的なダメージの一覧です。




「引っ越しと東○荘事件で受けた致命的なストレス一覧」



①15年間住み続けた凄まじく愛着のある部屋を奪われる。



② 家庭環境によって自分の学生時代が滅茶苦茶に破壊された上、親が言い出した引っ越しの為にさらに時間やエネルギーを割かなければならない。



③引っ越しの情報を得る為に「殺しても殺し足りない」程憎い妹とコンタクトを取らざるを得なくなる。結果自分の中に凄まじいストレスの嵐が発生し、それは自我が崩壊する可能性を感じる程だった。自分は自我が崩壊するギリギリになったら、この世界から離脱できるよう首吊りの準備をしてから妹とのコンタクトに臨んだ。



④記憶のサルベージによって自分の精神年齢の成長が小3で止まっているという事が判明。自分がまだ精神的によちよち歩きの状態だというタイミングの問題。



⑤「殺しても殺し足りない」くらい憎い家族と、その後も一つ屋根の下で住み続けなければならない。



⑥東○荘事件により、家庭内での孤立無援感がさらにエグい事になり、眠りに就こうとすると「自分が眠っている間に激昂した父親が再び自分の部屋に突入してきて、自分は殺されるのでは??」という凄まじい恐怖心に襲われるようになる。自分の睡眠はただでさえ「妹のドア音」によって劣化しまくっていたのだが、この凄まじい恐怖心によりさらに極限まで劣化する事に。結果慢性的な疲労感と眠気は果てしなく大きくなり、意識朦朧とした状態で日常生活を送る事になる。そんな中での心の支えは「自我が壊れそうになったら首吊り」という思いだけだった。



⑦東○荘事件によって自分の人生に対する激烈な無力感と虚無感と理不尽感と絶望感も発生。東○荘事件以前から自分はこれらを抱えて生きていたが、東○荘事件によりこれは倍増。そして、これらの倍増によってそれまで抱えていた「自殺願望」が「自殺企図」へと変化。また、激烈な無力感は慢性的な疲労感の極限化の一因にもなった。





ですから、自分は新しい部屋でも早々に首吊りの準備をしたのでした。引っ越し後も自分の心は大きな悲鳴を上げ続け、この「果てしない精神的苦痛」と「果てしない肉体的苦痛」からの解放を強く望んでいたからです。自分が首吊りの準備をしたのが引っ越し当日なのか後日なのかは定かではありませんが、引っ越し早々である事は間違いありません。ここで自分が引っ越し当日にした事をまとめてみたいと思います。



・新しい部屋の扉に鍵を付ける。


・段ボールの中から生活必需品を取り出す。


・電子レンジを買う事にする。


・大きな物置の引っ越しにもう1度チャレンジしてみる事にする。


(・当日かどうかは定かでは無いが、引っ越し早々首吊りの準備をした。)



という感じです。上記の⑥にも書きました通り、自分の心身は「果てしない肉体的苦痛」と「果てしない精神的苦痛」に襲われ続けていましたから、日常生活は意識朦朧とした状態で送っていました。自分の心はその精神的苦痛に大きな悲鳴を上げ続けていたのです。しかし、この引っ越しの当日は非日常的な1日でしたから、自分の精神には妙な高揚感も発生していた記憶です。その高揚感は上記の苦痛を少し和らげてくれましたので、自分は引っ越しに関わる動きをなんとかする事が出来たのでした。まぁもうやらざるを得ない状況でもありましたからね。ですから、夜が更けていき、引っ越し当日が終わろうとしていたのですが、自分の中には引っ越しの高揚感の余韻みたいなものもあった記憶です。他にも「引っ越しがとりあえず終わった」という軽い安堵感もありましたし、疲労感もかなりありました。そして、これまで書いてきていますように、新しい部屋に対する凄まじい居心地の悪さもありました。自分はそれらの感情がぐちゃぐちゃになっている中で、ベッドに入った記憶です。自分は大体このような時は寝る前にノートを開いて自分の感情を書いて整理しようとするのですが、この引っ越し当日はノートを書いた記憶が無いんですよ。なんなんでしょうね。東○荘事件が起こった日の夜はあれだけ色々書きまくったのに。もうなんか引っ越しに至るまでに色々あり過ぎて書く気力さえ無くなっていたのかもしれません。




という訳で、自分は様々な感情でぐちゃぐちゃな中ベッドの中に入りました。横になると「これから先どうなるのだろう」という底知れない不安感にも襲われていたような気がします。当然のように神経は覚醒してしまい、そこから1〜2時間は眠れなかった記憶です。そして、1〜2時間悶々としているとようやく眠気に襲われ、自分は眠りに付いたのでした。





今日はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!m(_ _)m





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




https://room.rakuten.co.jp/room_49366c0830?scid=we_rom_iphoneapp_mr_others




PVアクセスランキング にほんブログ村