鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

「貯金を取り崩す」or「親に補償させる」②(2006年8月頃・30歳)

皆さんこんばんはスキッパーです!今日も見に来て下さりありがとうございますm(_ _)m今日も皆さんに自分の話を読んで頂けるかと思うと嬉しい気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「「貯金を取り崩す」or「親に補償させる」(2006年8月頃・30歳)」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、引っ越し後の自分が再び地獄の2択に追い込まれた、という話でした。引っ越し後の自分はパチンコで稼ぐ気力が完全消滅し、月30万の収入が無くなってしまいました。そうなると今後の生活費をどうするのか、という話になってきます。そこで出てきたのが以下の2択です。



・貯金を切り崩して生活費を捻出する。


・親に生活費を補償させる。



先程も書きました通り、この2択は地獄の2択でした。今回の記事もこの2択について改めて書いていきたいと思います。まず「貯金を切り崩して生活費を捻出する。」ですが、こんな事は絶対にしたくありません。何故なら自分は親が言い出した引っ越しと東○荘事件により、2度殺されているようなものだったからです。そう、自分はこの親に学生時代をぶっ壊され、高校時代に発症した鬱が6倍にまで悪化していました。さらにその後の引っ越しと東○荘事件でも致命的な精神的苦痛を食らっていました。その上さらに、引っ越しと東○荘事件が原因で自分のパチンコ稼業へのモチベーションは完全消滅してしまったのです。親が言い出した引っ越しが原因で自分が稼げなくなったにも関わらず、何故に自分が大切な貯金を取り崩さねばならないのでしょう。この貯金は自分が鬱とパニック状態に苦しみ抜きながら稼いだ「虎の子」なのです。しかもパチンコ稼業は自分にとっては単純にお金が稼げるというだけでなく、生まれて初めての「自分らしいやり甲斐のある日々」でもあったのです。そう、自分は幼い頃から自分の意志というものが全くなく、流されるように生きてきたのですが、そんな自分にとってカウンセリングとパチンコを組み合わせた生活は、29歳にして生まれて初めての自分の意志と希望に満ち溢れた日々でした。自分はその素晴らしい日々を引っ越しと東○荘事件でぶっ壊されてしまいました。その上虎の子の貯金を取り崩さなければならないなど、自分には到底認められない選択肢だったです。




では2番目の選択肢「親に生活費を補償させる」はどうでしょう?こちらも自分にとっては地獄の選択肢です。上記のように自分にとって親は「殺しても殺し足りない」程憎い存在でした。「親に生活費を補償させる」となると親とコンタクトを取らねばならない訳で、そんな事をすれば再び自分の中に致命的なストレスの嵐が発生する事は目に見えています。そう、現に自分は1ヶ月前の引っ越しの際、家族の誰かとコンタクトを取らざるを得なくなり、両親ではなく妹を選んでいました。ただし、自分にとっては妹も「殺しても殺し足りない」程憎い存在でしたから、妹とのコンタクトも自分の中に致命的なストレスの嵐を巻き起こしたのです。自分はそのストレスの嵐で自我が壊れる危険性を感じ、首吊りの用意をせねばなりませんでした。このように自分は妹とのコンタクトにおいても致命的なストレスの嵐を感じていましたから、これが親との直接コンタクトとなるとさらに激しいストレスの嵐が巻き起こるのは目に見えています。では引っ越しの時と同様に妹をパイプ役にすれば良いようなものですが、今回の件では妹というパイプは使えません。原因は引っ越しの1週間程前の話です。自分は親に対してこの引っ越しの慰謝料として30万を要求しました。もちろん直接ではなく、妹を通じて、です。しかし、自分の元に届けられたのは20万で、しかも妹に話を聞くと妹が親に伝える時点で20万に減らしていたとの事でした。妹が言うには「私が高過ぎると思ったから減らした」との事。自分はこの事に対してもかなりの怒りを感じていました。「パイプ役が勝手な事するんじゃねぇよ!!!」、と。ですので、今回の件で妹をパイプ役に使えるはずがありません。この時のようにまた勝手に金額を減らされる危険性があるのです。




となると考えられるのは自分が親に直接コンタクトを取る方法です。しかし、先程も書きましたように、これは妹とのコンタクト以上に自分の中に致命的なストレスの嵐を巻き起こす可能性が高い。ですので、こちらの選択肢も到底認められない選択肢でした。自分はまたもどちらの選択肢も死んでも嫌過ぎるという地獄の2択に追い込まれたのでした。



今日はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!m(_ _)m





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





https://room.rakuten.co.jp/room_49366c0830?scid=we_rom_iphoneapp_mr_others





PVアクセスランキング にほんブログ村