鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

ぎっくり腰3日目〜2週間後(2007年3月・31歳)

皆さんこんにちはスキッパーです!今日も見に来て下さりありがとうございますm(_ _)m今日も皆さんに自分の話を読んで頂けるかと思うと嬉しい気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「ぎっくり腰2日目②(2007年3月・31歳)」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、ぎっくり腰2日目の話でした。2日目は痛みに悶絶しながら、食事を食べたのでした。さて、3日目です。この日も自分は昼の1時頃に起きたように思います。目が覚めた後、意識を腰の方に向けますと、昨日より若干ですが痛みの鋭さが鈍ってきていました。自分はとても嬉しくなったのを憶えています。ようやく痛みが収まって来ました。これならば日が経てば経つほど楽になって行きそうです。自分はベッドから出て椅子に座ったのですが、ここでも昨日より痛みが和らいでおり、これくらいなら我慢してラジオを聞いたり、ガラケーをいじったり出来そうです。ただし、まだ背もたれに寄りかかるのは無理そうな感じでしたね。それをやってしまうとこれまでと同様激烈な痛みが自分を襲ってきます。自分は身体を垂直に保ちつつ、2時間程ラジオを聞いたり、ガラケーでネットを見たりしました。2時間程垂直の姿勢を続けていると腰の辺りにすごい疲労感が溜まっていました。また、いつもの日常においても自分は2時間ラジオを聞くだけで疲労困憊状態です。自分はベッドに移動し、眠る事にしました。いつもならここでまぶたを閉じると、「引っ越し及び東○荘事件で受けた致命的なストレス」の数々に襲われ、1時間に渡って甚大な精神的苦痛に耐えねばなりません。ただし、ぎっくり腰になってからはそれらに襲われる事なく、痛みと疲労感の中すんなり眠れた記憶です。この時の自分は非常事態の中にいましたから、いつもの致命的なストレスは頭の中から吹き飛んでいた記憶です。




3日目はこんな感じで仮眠を2〜3回繰り返して過ぎていった記憶です。相変わらず食事やトイレは大変でしたが、若干痛みが和らいできていますし、腰の痛みが中心のこの生活に少し慣れてきた感じもあったと思います。確か3日目はお風呂にも入った記憶です。椅子に座ってシャンプーをするのは腰がかなり痛み大変でしたが、なんとかこなす事が出来ました。




4日目以降も仮眠を2〜3回とる生活が続いていきまして、少しずつ腰の痛みは引いていきました。徐々に腰を傾けても痛みが出なくなっていき、それはとても嬉しかった記憶です。頑張れば椅子の背もたれにも寄りかかれるようになっていました。1週間もすると痛みは半分くらい引きまして、ほぼほぼ日常が戻ってきた記憶です。2週間すると、ほとんど痛みがなくなり、腰は元通りになりました。そう、もはや歩く時に腰を垂直に保たなくても良いのです。トイレでゆっくり座る必要もありません。「良かった〜」って感じでしたね。そう、特に後遺症らしきものも残らず、痛みは消えていったのです。別に医者にかからなくても、ベッドで寝ているだけで痛みは消えていきました。自分はネットでぎっくり腰の事を調べている際、海外ではぎっくり腰が「魔女の一撃」と呼ばれている事を知ったのですが、発症して2週間後には嘘のように消えたしまった所も「魔女の一撃」っぽいなぁと思いました。発症初期の激烈な痛みが嘘のように消えてしまいましたからね。そして、この2週間に関しては、自分はいつもの「引っ越し及び東○荘事件で受けた致命的なストレス」の数々を忘れていたように思います。痛みが激烈過ぎて、それどころでは無かったのです。




それにしても現在の自分(2021年6月)もこのぎっくり腰の件りをよく書き切れたと思います。15年ぶりにこの事件の事を細かく思い出してみましたが、まぁストレスと痛みの記憶が酷くて、言語化するのがけっこうキツい時もありました。特に花粉症発症の件りとぎっくり腰発症の件りはかなりキツかったです。そう、自分は以前の記事の中で自分の人生における鬱的事件トップ4を作ってみましたが(東○荘事件を書き終えてみて〜「東○荘事件27」(2006年3月頃・30歳))今回の花粉症→ぎっくり腰も、余裕でランキングに入る感じです。では、、新しいランキングの発表です!



「人生における鬱的事件トップ5」


①「東○荘事件」(2006年3月頃・30歳)



②尿管結石の痛みと、発症の際の父親の信じられない暴言(2003年10月頃・27歳)


③大学空手部の3年間で鬱がさらに3倍に悪化(1995年4月〜1999年4月・19歳〜21歳)


④花粉症→ぎっくり腰(2007年3月・31歳)


⑤高校1年生の時の暴言事件により、鬱を発症(1992年7月頃・16歳)



という訳で、花粉症→ぎっくり腰は見事4位にランキングです!(このランキングを作るとなんか妙にテンションが上がってしまいますw)





今日はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!m(_ _)m





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




https://room.rakuten.co.jp/room_49366c0830?scid=we_rom_iphoneapp_mr_others





PVアクセスランキング にほんブログ村