鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

鬱アニメの金字塔「School Days」⑦(2007年7月・32歳)

皆さんこんにちは、スキッパーです!今日も見に来て下さりありがとうございますm(_ _)m今日も皆さんに自分の話を読んで頂けるかと思うと嬉しい気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「 惨劇過ぎる最終回〜鬱アニメの金字塔「School Days」⑥(2007年7月・32歳) 」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、自分が深夜アニメ「School Days」の最終回を見て感動した、という話でした。まず話の内容が凄まじかったですし、事件性の面でも唯一無二な作品って感じでしたねぇ。今回自分はこの作品について15年ぶりに思い出しながら書いてみたのですが、15年前の作品にも関わらず、当時の感動がそのまま蘇ってきまして、懐かしいやら嬉しいやらって感じでしたねぇ。それに自分が意外とストーリーをしっかり覚えていた事にも驚きました。あのストーリーは脳内の記憶だけを頼りに書いていきまして、書き上げた後ネットで正確なストーリーを確認したのですが、ほぼほぼ合っていました。それはたぶん当時の自分がSNSに感想をアップしながら、見ていたからだと思います。そう、当時の自分が感想をSNSにアップする際にはストーリーも一緒に書く事が多かったんですよ。ですから自分が書く感想は1000文字とか2000文字とかの長文になっていた記憶です。そんな感じで、感想をSNSに書く際にストーリーも一緒に書いていましたから、それでストーリーが脳に刻み込まれたのではないかな、と思います。




そうそう、「School Days」という作品は2ちゃんねるのアニメ板でかなり話題の作品だったのです。それでこの作品に対する2ちゃんの反応なんですが、そのほとんどが「誠氏ね!!」というモノでした。主人公の誠は言葉を捨てて手当たり次第に周りの女の子に手を出していきましたから、そこに対する反感がもの凄かったのです。当時はニコニコ動画でもこの作品が放映されていたのですが、誠が出てくると「誠氏ね!!」の文字で画面が埋まっていた記憶があります。ただ自分はネットの反応程は誠を嫌いになれませんでした。もちろん、言葉を捨てた事や世界の妊娠に対する冷酷な対応は非難されて然るべきだと思いましたが、女の子と手当たり次第関係を結んだ事に関してはそんなに非難する気にはなれませんでした。女の子達とは合意の上で関係を結んでいたように思いますし、なんだったら女の子の方から誘ってくるパターンもありましたからね。あの年頃の男の子なら女の子から誘われたら、なかなか抗うのは難しいのではないかなぁとか考えたりしました。現実世界でも5股とか8股とかって話はあったりしますからね。まぁなんというか自分的にはむしろ「羨ましい」的な感じもありました。だって自分の高校・大学時代なんて彼女どころか、女友達すらいなかったですし、さらに男友達すらいなかったのですから。あ、ちなみにこの「School Days」は元々の原作はゲームでして、しかも成人用のゲームなんですよ。ですから原作ゲームは18禁のアダルト表現が満載でして、誠が手当たり次第だったのは原作ゲームの影響も多分にありそうです。





今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!m(_ _)m





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




https://room.rakuten.co.jp/room_49366c0830?scid=we_rom_iphoneapp_mr_others




PVアクセスランキング にほんブログ村