鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

犬の吠え声の幻聴も消滅(2007年10月・31歳)

皆さんこんばんはスキッパーです!今日も見に来て下さりありがとうございますm(_ _)m今日も皆さんに自分の話を読んで頂けるかと思うと嬉しい気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、自分が母親と喋り始めた事で「首吊り企図」が完全消滅した、という話でした。そう、その理由としましては、母親と喋り続ける事で、自分の心の中で暴れ回っていた暴力衝動が言葉に乗って外に出て行った、という事が考えられます。自分は母親と喋っている際、母親のちょっとした言動にもかなり理不尽にブチ切れまくっていましたからね。ちょっとした言葉尻を捉えては、かなり強く当たっていた記憶があります。そうそう、母親と喋り始めてからというもの、自分の中から次から次に言葉が出て来てしまい、言葉が止まらない状況になったんですよ。それで最初の2〜3ヶ月は毎日4〜5時間は喋っていた記憶なのですが、夜の時間になると母親は疲れてきてしまって、眠たそうな感じだったのです。自分はそれにもブチ切れていましたからね。「俺が一生懸命喋ってるのに、ふざけんなよ!!!」的な。




このように自分が母親と喋っている際に自分の中の暴力衝動を外に吐き出していた節はあると思います。そう、当時の自分にとって母親は「殺しても殺し足りない」以上に憎い人間であり、自分を2度以上殺したも同然の人間だったのです。(何故に自分がそのような感情を持つに至ったのかはこちら→ 何故両親に対して「殺しても殺し足りない」程の憎悪を抱くに至ったのか(2006年8月頃・30歳))故にその人間に自分の中の暴力衝動が向かうのは当然の流れだったと思います。そうやって自分の中の暴力衝動を外に吐き出し続けた結果、自分の中の暴力衝動が減っていき、首吊り企図が消えて行った、と。




やはりこの「母親と喋り始めた」という出来事は自分の鬱の歴史の中で非常に大きい出来事だったと思います。これまでの鬱的出来事とは「質」が全く違いますからね。それまでの自分の鬱の歴史はただただひたすら悪化していくだけの「一方通行」の歴史でしたが、この出来事は生まれて初めての「鬱からの回復」を意味する出来事だったな、と思います。ただし、そうは言っても自分の鬱が急に良くなっていった訳ではありません。母親と喋っている時間以外は相変わらず殺人的な疲労感と殺人的な眠気で意識朦朧とした状況下で生活していたのです。





そういえば、母親と喋り始めてからというもの、例の「犬の吠え声」の幻聴は聞こえなくなっていった印象です。そう、相変わらず斜め向かいの家の犬はよく吠えていまして、自分はそれにムカつきまくっていました。ただ、ベッドに入った際にキツい耳栓をしているにも関わらず、まるで耳栓をしていない状態で耳元で吠えられているような吠え声(=幻聴)は無くなっていった記憶です。なんというか自分は母親と喋り始めてから、自分の全てのエネルギーと時間と神経をそこに注ぎ込むようになっていましたから、そっちに意識が集中した結果、幻聴が聞こえなくなった、という感じがあったりします。ただし、これで自分と「音」との戦いが終わった訳ではありません。自分はその後向かいの家の車のドア音からも果てしない精神的苦痛を受ける事になりますし、妹の出すドア音からも再び精神的苦痛を受ける事になります。また、階下を動き回る母親の足音が気になって眠れない、なんて事も今後起きてくるのでした。





今日はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!m(_ _)m





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




https://room.rakuten.co.jp/room_49366c0830?scid=we_rom_iphoneapp_mr_others




PVアクセスランキング にほんブログ村