鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

鬱の因果を母親に喋っていく(2007年10月・31歳)

皆さんこんばんはスキッパーです!今日も見に来て下さりありがとうございますm(_ _)m今日も皆さんに自分の話を読んで頂けるかと思うと嬉しい気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「母親と喋り始めてから自殺願望が無くなった話(2007年10月・31歳)」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、改めて自分が「母親と喋る」という選択肢を選ぶまでの経緯を振り返ってみました。また、母親と喋り始める事で自分の中から激しい自殺企図が消滅した、という話もさせて貰いました。それが2007年10月の話です。いや〜、とうとうこのブログもここまで来たか、という感じです。この「母親と喋り始める」という出来事は、自分の鬱の歴史の中でもかなりターニングポイントな印象なんですよね。そう、母親と喋り始めるまでには自分の心の中に過去最大の葛藤がありました。なんせ自分の中では母親は「殺しても殺し足りない」以上の憎い存在だったのです。そんな母親に自分のこれまでの恥まみれの人生を喋るというのは3重の意味での拷問でした。ですから、母親と喋り始めてみると、自分の中でコントロール不能な暴力衝動が暴れ回り、それを母親に言葉でぶつける事が幾度なくありました。またテーブルを蹴ったり、床をガンガン踏んだりなどの威嚇行動も多々ありました。何故自分が母親に対してこれほどまでの殺意を持つに至ったのかは、こちらの記事をお読み下さい。(何故両親に対して「殺しても殺し足りない」程の憎悪を抱くに至ったのか(2006年8月頃・30歳))そのような暴力衝動による言動もある中で、自分は母親に自分の孤独と挫折しかない人生を喋っていったのです。そして、喋り始めると自分の中から次から次に言葉が出て来まして、止まらなくなったような記憶があります。喋り始めの10月、11月、12月なんて、1日4〜5時間は喋っていたと思います。昼、夕方、夜ととにかく母親を捕まえては、自分の人生を喋っていましたね。そう、とにかく自分が母親に一番伝えたかった事は、「自分が斜め向かいの家の犬の吠え声に幻聴が聞こえる程の果てしない精神的苦痛を受けている」、という事なのです。そして、それを分からせる為には自分のこれまでの鬱人生を全て喋らなければならなかった。何故なら「犬の吠え声の幻聴」は、それまでの人生で自分が受けてきた数多の精神的・肉体的ダメージの蓄積の結果だったからです。




つまり自分はこうも感じていた、という事になります。「何故自分がこんなにも犬の吠え声に苦しんでいるのか、母親に分からせる為には自分のこれまでの31年間の人生を全て喋るしかない」、と。そう、自分が犬の吠え声という「音」に感じているこの果てしない精神的苦痛、これは何も今に始まった事ではありません。自分は4年以上に渡って、睡眠を妨害する可能性のある「音」と戦い続けていました。例えば「妹の出すドア音」や「向かいの家のドラム音」です。その中で自分の睡眠はどんどん劣化していく一方だったのです。また、「音」に妨害される以前にも自分の睡眠は「空手部の恐怖」や「喘息」にも激しく妨害され続けてきました。自分の睡眠の劣化の歴史は小学校3年生から始まっており、それはそのまま自分の鬱の悪化の歴史と重なるのです。ですから、自分が犬の吠え声による精神的苦痛を余すところなく表現しようとなると、自分の全ての人生を喋らなくてはならなくなるのです。




そう、遡る事2年前、自分は記憶のサルベージ(言語化)において、自分の過去の記憶を全てノートに書き出し、その因果関係を繋いでいきました。その中で自分の鬱がどのようにして悪化していったのか、100%理解していったのです。ですから、自分が母親に対して犬の吠え声の精神的苦痛を訴えるとなると、過去の鬱の因果を全て喋らざるを得なかった。そして、鬱の因果=自分の全歴史ですから、鬱について喋るということは、自分の全人生を喋る事になるのです。




それまでの31年間の人生において、自分は母親に対して学校生活における出来事を喋る事は一切無かったですし、逆に母親がそれを聞いてくる事も無かった記憶です。いや、学校生活だけでなく、生活全般について自分は母親に自分の感情を全く喋ってきていません。故に自分は家の中で「自己表現」の訓練が一切積めず、精神年齢の成長が小学校3年生で止まる事になったのです。ですから、自分がこのように母親に対して自分の事を喋るのは31年間の人生の中で初めての事だったように思います。




また、同時に自分は自分の人生を喋る事で母親を責めたかったのです。以前の記事にも書きました通り、自分はボットン便所の底を這いずり周り、その汚物を食って生きているような人生を31年間送っていました。当時の自分はその責任の半分は母親にあると信じ切っていたのです。ですから、母親に対してその責任追及をしたくてたまりませんでした。また、直近で言うとこの犬の吠え声に対する責任追及もです。何故なら父親と母親が引っ越しをしたせいで、自分はこの新しい家についてこなければならず、結果斜め向かいの家が家を飼い始めてしまったのです。もし引っ越しをせずに以前の家に住み続けていたなら、斜め向かいの家が犬を飼い始める事も無かったに違いありません。





今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!m(_ _)m





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




https://room.rakuten.co.jp/room_49366c0830?scid=we_rom_iphoneapp_mr_others





PVアクセスランキング にほんブログ村