鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

何故母親に対する「殺しても殺し足りない」以上の憎悪を乗り越えられたのか(2007年10月・31歳)

皆さんこんばんはスキッパーです!今日も見に来て下さりありがとうございますm(_ _)m今日も皆さんに自分の話を読んで頂けるかと思うと嬉しい気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「憎しみが極限まで高まった状態で「暴力」ではなく「言葉」を選ぶ困難さ(2007年10月・31歳)」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、自分が家族に対して感じていた「殺しても殺し足りない」以上の憎悪について書いてみました。自分がその憎悪を乗り越えて、母親と喋る事となった要因を考えてみたいと思います。まず自分が過去イチで首吊りの実行確率が高くなっていた、と言う事が挙げられると思います。自分は幻聴が聞こえてくる程精神的に追い詰められており、当然のように「首吊り」という選択肢が出現しました。自分はそれまでの人生において10年以上に渡って「首吊り妄想」をしてきましたが、この時は過去イチで実行確率が高まっていたと思います。そして自分はそんな「首吊り」という選択肢を頭の中に思い浮かべた上で、「首吊りを実行する前に、ホントにホントにやり残した事は無いだろうか???」と自問自答を繰り返したのです。すると「犬の吠え声で苦しくて堪らない気持ちを母親に理解させる為に、自分のこれまでの31年間の歴史を全て母親に喋ってみる。」というこれまでなら絶対にあり得ない選択肢が出現したのでした。また、前回の記事でまとめましたが、これまでの生活の中で生まれていた3つの伏線もこの選択肢を後押ししたのです。以下そのコピペになります。




①それまでの14ヶ月間、母親から生活費を受け取り続けた事で、僅かずつだが母親への信頼感が積み上がっていた。



②2年前に行った記憶のサルベージによって、自分への自信が劇的に回復。「他人に自分の人生を聞いて貰いたい」という激しい欲求が生まれていた。(「記憶のサルベージ」とは、自分の過去の記憶を全てノートに書き出し、その因果関係を繋いでいく行為)



③2年前に行った記憶のサルベージによって、「自分の人生は家庭環境によって滅茶苦茶に壊された」という家族への憎しみも言語化された。これにより家族とのコミュニケーションはさらに困難になり、その状態はその後の引っ越しによりさらに悪化する事に。もはやコミュニケーションは絶対にあり得ない状態だったが、本来なら②の欲求は家族にぶつけるのが妥当。自分の人生は喋れるし、これまでの責任追及はできるし、一石二鳥。




ですから、自分が母親に対する「殺しても殺し足りない」程の憎悪を乗り越えられた要因は4つあったという事になります。1つは「首吊りの実行確率が過去イチで高まっていた事」。残りの3つは上記の3つの伏線です。




それにしても、最近のこのブログはここら辺の話が続いていますね。何故に自分が「母親に喋る」という選択肢を選んだのか、という話です。現在の自分(2021年6月)もこのブログを書いていて、「なんか最近同じような事ばかり書いているなぁ」という感覚があったりします。記事を書いていると自然とそちらの話になってしまうんですよ。不思議。まぁでも考えてみますと、この「母親に喋る」という選択は、これまでに無いくらい大きな選択でしたから仕方ありません。また選択した後に色々ポジティブな効果があったのも、これまでの選択肢とは大きく違う所です。そう、10年以上に渡って自分の唯一の心の支えだった「首吊り願望(企図)」が消滅してしまったり、犬の吠え声の幻聴が聞こえなくなったり。基本的に自分の人生って鬱が悪化する一方の人生だったのですが、31歳にしてようやく希望の光が見えてきた、という感じもあったりします。「母親と喋る」という行為には、それくらいのポジティブインパクトがありました。




とは言ってもここからも紆余曲折は続きます。様々な「音」との戦いがまだ残っていますし、殺人的な疲労感と眠気もそうそう簡単には良くなっていきません。また、2〜3ヶ月後くらいには「記憶に関する新たな苦行」が始まったりもしますからねぇ。これもマジで大変でした。ただ、大きな流れとしましては、母親と喋り出した事で鬱が回復の軌道に乗ったのは間違い無いように思います。





今日はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!m(_ _)m





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




https://room.rakuten.co.jp/room_49366c0830?scid=we_rom_iphoneapp_mr_others




PVアクセスランキング にほんブログ村