鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

憎しみが極限まで高まった状態で「暴力」ではなく「言葉」を選ぶ困難さ(2007年10月・31歳)

皆さんこんばんはスキッパーです!今日も見に来て下さりありがとうございますm(_ _)m今日も皆さんに自分の話を読んで頂けるかと思うと嬉しい気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「犬の吠え声の幻聴も消滅(2007年10月・31歳)」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、自分が母親と喋り始めた事で、首吊り妄想が無くなっていった、という話でした。また、犬の吠え声の幻聴も聞こえなくなっていった記憶です。今回の記事も前半はここら辺の話をさせて貰います。繰り返しになってしまいますがすみません。そう、母親と喋り始める事で、ほんの少しだけですが鬱が回復していく兆候は出てきていたと思います。ただまぁなんせ自分がそれまでの人生で蓄積していた「鬱量」は果てしないものがありましたから、ほんの少しの回復では大勢にはほとんど影響していなかったように思います。まぁでもとにかく自分は母親と喋り始めてからの自分は自分の過去を喋る事に必死でした。母親と喋り始める前までは「母親と喋る」という行動に対してとんでもなく高いハードルが立っていたのですが、それを乗り越えてしまうと今度は言葉が湯水のように溢れてきたのです。何度も書いていますが、本来なら自分にとって母親は「殺しても殺し足りない」以上に憎い人間であり、喋る事など絶対あり得ない人間でした。なんだったらすれ違うだけでも憎しみで発狂してしまうくらい憎い人間だったのです。ですから、自分は首吊りの実現性が過去イチ高くなるまでは、その選択肢を考えもしなかったのです。しかし、犬の吠え声が出現した事で、自分の精神は幻聴が出る程に追い詰められました。その結果、首吊りの実行確率が過去イチ高まったのです。そうなると自分の中に「首を吊る前にホントにやり残した事はないのだろうか???」との自問自答が生まれました。この自問自答を繰り返す事により、これまでなら絶対あり得なかった「母親に喋る」という選択肢が出現したのです。また、以前の記事に書きました通り、この選択肢には3つのポジティブな伏線もありました。改めてその3つの伏線をまとめてみたいと思います。




①それまでの14ヶ月間、母親から生活費を受け取り続けた事で、僅かずつだが母親への信頼感が積み上がっていた。



②2年前に行った記憶のサルベージによって、自分への自信が劇的に回復。「他人に自分の人生を聞いて貰いたい」という激しい欲求が生まれていた。(「記憶のサルベージ」とは、自分の過去の記憶を全てノートに書き出し、その因果関係を繋いでいく行為)



③2年前に行った記憶のサルベージによって、「自分の人生は家庭環境によって滅茶苦茶に壊された」という家族への憎しみも言語化された。これにより家族とのコミュニケーションはさらに困難になり、その状態はその後の引っ越しによりさらに悪化する事に。もはやコミュニケーションは絶対にあり得ない状態だったが、本来なら②の欲求は家族にぶつけるのが妥当。自分の人生は喋れるし、これまでの恨みつらみはぶつけられるし、一石二鳥。



そして、これら3つの伏線がプラスに働いた結果、自分は「母親に喋る」という選択肢を選ぶ事になったのでした。




自分はここまでまとめてみてこう思いました。問題だったのは、自分が感じていた家族に対する「殺しても殺し足りない」以上の憎悪、です。そして、この憎悪が家族とのコミュニケーションを絶対に有り得ないモノにしていた事も問題です。そうなんですよ、基本的に「憎しみ」って溜まっていけばいく程、その対象相手とは距離を置きたくなるものだと思います。だって「憎しみ」が何故発生するのかと言うと、その対象相手と関わるとこちらが精神的ダメージを負うからです。それならばそんな相手とは距離を置くのが一番です。関わらなければ精神的ダメージは発生しません。ただですね、距離を置いてしまうと、対象相手の事を知る事は出来なくなりますし、逆にこちらの事を知って貰うチャンスも無くなります。つまり相互理解が出来なくなってしまう。これだと和解のチャンスは遠ざかる一方。ここら辺が憎しみの感情の厄介な所だなぁ、と思います。もちろん、憎しみの対象相手が『他人』なら「距離を取って、はい、おしまい」でも全然OKだと思うんですよ。ただ自分の場合は憎しみの対象相手が『家族』でしたから、厄介だったのです。しかもその憎悪は最終的に「殺しても殺し足りない」以上にまで膨らんでいたのですから、アホみたいに超厄介。憎しみがそこまで膨らんでしまうと、本来言葉によるコミュニケーションなんて絶対あり得ません。本能的に言葉より、暴力が出てしまいますからね。




ところが、自分は犬の吠え声により過去イチ首吊りの実行確率が高い状態に追い詰められてしまいました。その結果「絶対に有り得ない選択肢(=母親に喋る)」が「あり得る選択肢」になってしまった。その結果、あの時の自分は「暴力」ではなく「言葉」を選んだと言う事になります。まぁここら辺の流れは自分が引っ越しの際に妹とコンタクトを取る流れと似ている感じもします。あの時も「首吊り」が選択肢に出現する事で、本来なら絶対にあり得ない選択肢でも選べるようになってしまいましたからね。まぁでもなんというか「首吊り」という選択肢に出現させないと乗り越えられないくらい、憎しみによる「暴力衝動」というものはとても厄介だと言う事だと思います。そう、あの時の自分は過去イチ首吊りの実行確率が高まっている状態でした。だからこそ、『「暴力」ではなく「言葉」』というあり得ない選択肢を選べたのだと思います。




今日はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!m(_ _)m





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




https://room.rakuten.co.jp/room_49366c0830?scid=we_rom_iphoneapp_mr_others



PVアクセスランキング にほんブログ村