鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

母親に自分の鬱人生を喋りつつ、深夜アニメも視聴する(2007年11月・31歳)

皆さんこんばんはスキッパーです!今日も見に来て下さりありがとうございますm(_ _)m今日も皆さんに自分の話を読んで頂けるかと思うと嬉しい気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「鬱アニメ「Myself ; Yourself」の思い出(2007年11月・31歳)」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、自分が2007年11月頃から母親と喋り始めた、という話でした。自分は母親に対して自分がどのような人生を歩んできたのか喋り始めたのです。そう、孤独と恐怖と挫折に塗れ(まみれ)、心と身体がひたすらぶっ壊れていくだけだった人生を、です。そこら辺の学生時代の話はこのブログの初期部分に詳しく書いてありますので、興味のある方はお読み下さい。そして、当時の自分は母親に「殺しても殺し足りない」以上の憎悪を抱いていましたから、母親を目の前にすると心の中でコントロール不能な暴力衝動が暴れ回っていました。(何故自分がそのような感情を抱くようになったのかはこちら→何故両親に対して「殺しても殺し足りない」程の憎悪を抱くに至ったのか(2006年8月頃・30歳))しかし、その暴力衝動を直接暴力で母親にぶつける訳には行きませんから、自分はそれをなんとか心の中で押さえつけます。しかし、そうやって押さえつけようとすればする程それは自分の心の中で暴れ、今度は自分に甚大な精神的苦痛が発生するのです。ですから自分は母親を目の前にすると、基本とてつもなく不機嫌で超ローテンションでした。故に自分は母親の些細な言動にもカチンときてしまい、その暴力衝動の抑えが効かなくなってしまうのです。例えば、母親がちょっとした用事で席を外すだけでも自分は発狂し、戻ってきた母親を言葉で理不尽に責める事がよくありました。「俺と喋ってるのにどっか行くんじゃねぇよ!!!」的な感じです。また、それに対して母親が言い返してくる事もあり、そこから激しい口論になる事もしばしばありましたね。それでブチ切れた母親が、自分(母親)の部屋に閉じこもってしまい出てこなくなる、なんて事もよくありました。そんな時自分は部屋の外から母親に声を掛けて、なんとかまた戻ってくるようキレながらも扉越しに色々喋っていた記憶です。




さて、そんな感じで自分は母親に自分の鬱人生を聞かせつつも、上記のようにブチ切れる事も多々ありました。また普通に雑談をするような時もありましたので、そんな時は自分が最近見ているアニメの話をする事もあった、という感じです。そう、これまでお話ししていますように、「School Days」の話を喋ったり、「CLANNAD」を一緒に見たり、です。前回の記事で書いた「Myself ; Yourself」も母親と一緒に見た記憶があります。懐かしい。「CLANNAD」や「Myself ; Yourself」は2007年10月〜12月に放送していた作品なのですが、このシーズンには良い作品が沢山ありました。最初から最後まで見た作品が15作品くらいありましたからね。そう、ですから当時の自分は犬の吠え声で意識混濁状態に陥りつつも、母親と1日5〜6時間喋り続け、深夜アニメもしっかり見ていたという事になります。時にはここからさらに1〜2時間かけてアニメの感想も書いていましたからね。当時の自分からすればかなりのハードスケジュールですよ。現在の自分(2021年6月)の手元には当時の深夜アニメの視聴スケジュールがそのまま残っていますので、書いてみたいと思います。



2007年10月〜12月 秋アニメ


月曜日 タートルズバンブーブレード、スケッチブック

火曜日 賭博黙示録カイジ、Myself ; Yourself

水曜日 げんしけん2マクロス

木曜日 CLANNAD

金曜日 灼眼のシャナ2

土曜日 ガンダム00、シオンの王、ef - a tale of memories 、ご愁傷様二宮くん

日曜日 みなみけ



う〜ん、懐かしい。これらのアニメはほとんど深夜に放送していたのですが、オンタイムでは全く見ていませんでした。全て録画し、後で自分のタイミングで見ていたのです。ですから平均すると1日2〜3本見ていた印象です。それにしてもこのシーズンは素晴らしい作品が多かった。前回の記事で書きました「Myself ; Yourself」や「CLANNAD」も素晴らしかったですし、「げんしけん2」や「ef」なんかも素晴らしかった記憶です。次の記事ではこの2作品の感想を書いていこうと思います。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!m(_ _)m





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。








にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




https://room.rakuten.co.jp/room_49366c0830?scid=we_rom_iphoneapp_mr_others




PVアクセスランキング にほんブログ村