鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

ネット上での女の子との交流が嬉し過ぎる(2007年11月・31歳)

皆さんこんばんはスキッパーです!今日も見に来て下さりありがとうございますm(_ _)m今日も皆さんに自分の話を読んで頂けるかと思うと嬉しい気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「 理想の大学生活=げんしけん(2007年11月・31歳)」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、自分が深夜アニメ「げんしけん2」の世界に強烈に憧れていた、という話でした。あの作品では、自分の大学生活とは真逆の「仲間達とのキラキラした大学生活」が描かれていました。自分はあの作品を通じて「キラキラした大学生活」を「疑似体験」していた、とも言えそうです。そうそう、げんしけんの場面場面で出てくる大学構内の場所を見ていると、自分が通っていた大学を思い出す事がよくありまして、そこの懐かしさもかなりあった記憶です。ちなみにげんしけんに出てくる大学構内の描写は中央大学をモチーフにしていたそうです。いや〜素晴らしい作品でしたねぇ。見ていて何度涙腺が緩んだか分かりません。まぁこの作品に関しては、自分が大好きな「鬱展開」は一切無かったのですが、それが無くても「大学を舞台にしたオタクサークルの話」というだけで、充分自分には感情移入出来る作品だったのでした。



さて、2007年10月〜12月に放映された作品で、自分が書きたい作品はこんな感じですかねぇ。改めて自分がこのシーズンに最後まで見た深夜アニメを書いてみたいと思います。



2007年10月〜12月 秋アニメ


月曜日 タートルズバンブーブレード、スケッチブック

火曜日 賭博黙示録カイジ、Myself ; Yourself

水曜日 げんしけん2マクロス

木曜日 CLANNAD

金曜日 灼眼のシャナ2

土曜日 ガンダム00、シオンの王、ef、ご愁傷様二宮くん

日曜日 みなみけ



これらの中で記事で詳しく書いたのは、「CLANNAD」、「Myself ; Yourself」、「ef」、「げんしけん2」ですが、他の作品も素晴らしかった記憶です。懐かしいですねぇ。ホント素晴らしい作品が沢山あった豊作なシーズンだったと思います。そして、これらの深夜アニメを見る事が楽しかったのは言うまでも無いのですが、その感想をSNSにアップして、他の深夜アニメファンと交流するのもとても楽しかったのです。特に女性の深夜アニメファンがちょくちょく自分のアニメの感想にコメントをくれる事があり、それがもう嬉しくてたまらなかった記憶があります。あれはヤバかったですね。もう嬉し過ぎて、その日の夜寝れなくなってしまうくらいでしたからね。もちろんネット上の匿名の繋がりですから、相手の顔もプロフィールもよく知らない女の子なのですが、それでもそれまで女の子と一切縁の無かった自分からすれば、パニック状態に陥るくらいの嬉しさだったのです。そう、自分はそれこそ10年前の大学時代の自分に自慢したいくらいでしたからね。「おいおい、10年前の俺よ。あの頃の俺は異性どころか同性とすらまともにコミュニケーションが取れず、鬱で心身がぶっ壊れていくだけの学校生活を送っていた。けど信じられないと思うけど、10年後のお前は、ネット上とはいえ、女の子と交流出来ているぞ!!!」、とw




今日はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!m(_ _)m





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




https://room.rakuten.co.jp/room_49366c0830?scid=we_rom_iphoneapp_mr_others




PVアクセスランキング にほんブログ村