鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

カオス過ぎる1日〜尿管結石事件⑨(2007年12月・31歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「 尿管結石事件のここまでをまとめてみる〜尿管結石事件⑧(2007年12月・31歳) 」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事も引き続き尿管結石事件について考えてみました。自分があの事件で受けた精神的・肉体的ダメージは以下の7個になります。



①尿管結石発症の際に父親から信じられない暴言を食らった。その暴言により父親への憎悪は「殺したい」程のモノとなった。(詳しい話はこちら→〜痛みに悶える自分に父親が言い放った破壊的暴言〜尿管結石にのたうち回った1日②)


②尿管結石の凄まじい痛み→病院へ担ぎ込まれる。


③尿管結石の痛みが余りに凄まじいので「殺したい」程憎い父親に看病を頼らざるを得ない。後から考えるとこれは「屈辱感」という言葉ではとても言い表せない程の「汚辱感」。


④尿管結石の痛みが収まってくると自分の中で凄まじい安堵感が発生し、その安堵感を父親と共有してしまった。一方、痛みが収まってきた事で自我が復活し、父親に対する「殺したい」程の憎しみも復活していた。つまりこれは、「殺したい」程憎い父親と安堵感を共有してしまった、というかなり両価的な状況。自分の心は真っ二つに引き裂かれ、そこでも精神的ダメージが発生。



⑤ ①〜④のダメージで衰弱し切っていた自分には「父親とは喋るけど、母親とは喋らない」というねじれた行動を取る気力は残っていなかった。特に③、④は自分の中に猛烈な自己矛盾の嵐を巻き起こしており、もはや自己矛盾の嵐が1個発生しようが、2個発生しようが、変わらないだろう、というヤケクソな気持ちも。しかし、やはり自分にとっては母親も「殺したい」程憎い存在。その母親と喋るという事は自分の中に強烈な自己矛盾の嵐を発生させた。(何故「殺したい」程の憎しみを抱くにいたったのかはこちら→ 何故母親に対して「殺したい」程の憎悪を持つに至ったのか〜尿管結石事件③)




⑥自分は1年ぶりに母親と喋る上で以下の2つを母親に期待していた。



・母親はついさっきまで尿管結石の痛みでのたうち回る自分の姿を見ていた訳だから、自分に対して病人に接するような優しい態度で接してくるのではないか。



・母親と没交渉だった1年の間に、「母親が父親の事を10年以上に渡って責め続けている」件について、母親が少しは反省してくれたのではないか。


しかし、母親と喋り始めてみると、喧嘩腰で喋り始めた自分も悪いのだが、母親の対応も不機嫌。そこから1年前と同じような口論が始まり、ヒートアップ。その中で自分は母親が上記の件に関して全く反省していない事を知る。また、母親からは病人の自分に対する労りの態度も全く見えない。2つの期待は見事に裏切られ、とても悲しい気持ちになる。




⑦ ①〜⑥のダメージの蓄積により、自分の中には果てしない量の「無力感」「絶望感」「理不尽感」が発生。これは「中指の拷問」級の「無力感」「絶望感」「理不尽感」。(「中指の拷問」についてはこちら→「花粉症発症→ぎっくり腰事件」を別のモノで例えてみる(2007年3月・32歳))そして、それから4年後に起きる事になる「花粉症発症→ぎっくり腰事件」においても「中指の拷問」級の「無力感」「絶望感」「理不尽感」が発生している。つまり、2つの事件で受けたダメージ量は等しいので、「尿管結石事件」=「花粉症発症→ぎっくり腰事件」という事になる。





いや〜、よくまとまりました。素晴らしい。確か1年くらい前の記事で、自分はこの「尿管結石事件」について、けっこう詳細に書いたのですが、あれではまだ自分の中では消化しきれていなかったようです。特に母親と喋る件りが全然書けていなかったっぽい。今回1年ぶりに描き直してみまして、新たな発見が色々ありました。自分の中に「猛烈な自己矛盾の嵐」が2つも発生していたとは思いませんでしたし、病床での母親とのコミュニケーションで自分があんなに精神的ダメージを受けていた事も知らなかったです。そして、様々な精神的・肉体的ダメージが蓄積していった結果、「中指の拷問」級のダメージになっていたというのも、書いてみての発見でしたね。最終的には、「花粉症発症→ぎっくり腰事件」=「尿管結石事件」という結論を導き出す出せたのも嬉しかったです。




さて、そんな感じで自分は尿管結石の痛みが収まった後病床で1年ぶりに母親と喋りました。しかし、自分は初っ端から母親に対して喧嘩腰でしたし、母親も「母親が父親の事を10年以上に渡って責め続けている」件に関して全く反省しておらず、結果激しい口論となった、という話になります。そして、自分はとても悲しい気持ちになった、と。 その後自分と母親は激しい口論を1時間くらい続けた記憶です。口論は平行線を辿り、全く歩み寄りはありません。もう自分は上記①〜⑦の精神的・肉体的ダメージの蓄積で極限まで疲れ切っていました。ホント「中指の拷問」級のダメージがあった1日だったのです。そして、口論は平行線のまま日付は変わり、時間切れみたいな感じで両親は帰っていきました。両親が去った後の自分の中はもう灰になって燃え尽きてしまったようでしたね。なんという1日だったのでしょう。夕方頃に妹との口論から始まった「尿管結石事件」ですが、まさかこれ程までの精神的・肉体的ダメージを受ける事となるとは。自分の心の中はぐちゃぐちゃのぐちゃぐちゃで超カオス状態でしたね。そう、あの時点では自分は全く自分の精神状態を整理していませんでしたから、①〜⑦の精神的・肉体的ダメージがぐちゃぐちゃのぐちゃぐちゃに混ざり合っていたのです。もうなんか茫然自失状態でしたね。「夕方からの一連のあれはなんだったんだ、、」って感じ。猛烈な尿管結石の痛みの濁流に流されていくうちに、気付いたら果てしない精神的ダメージも受けていた、みたいな。ホント、カオス過ぎる1日でしたねぇ。「東○荘事件」の1日もカオス過ぎる1日でしたが、それに匹敵するくらいカオスな1日だったと思います。





今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




https://room.rakuten.co.jp/room_49366c0830?scid=we_rom_iphoneapp_mr_others




PVアクセスランキング にほんブログ村