鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

尿管結石事件まとめ〜尿管結石事件12(2007年12月・31歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「父親が言い放った血も凍る暴言〜尿管結石事件11(2007年12月・31歳)」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、自分が妹との激しい口論をした直後、激しい差し込みに見舞われた、という話でした。そして、父親に助けを求めた所、「こんな時だけ頼りやがって!!」という信じられない暴言を食らったのです。そう、その口調は明らかにこちらを攻撃する悪意に満ち溢れていました。ところが自分はその言葉を聞いても最初は訳が分かりません。だって自分が予想していた言葉は「大丈夫か??」とか「どうした??」とかその種のいたわりの言葉ですからね。こんな死体に鞭打つような言葉が出てくるなんて誰が予想出来たでしょう。自分は15秒くらいしてやっと言葉の意味を理解し、頭の中を金槌で殴られたかのような衝撃が走りました。「はぁ????何言ってんだこいつ?????」、と。凄まじい勢いで怒りの感情が湧いてきます。自分はお腹の激しい差し込みによってもはや立っている事が出来ず、床に横たわっていたのですが、その状態から怒りに任せて「ふざけんな!!!!」、と父親の足を蹴り続けました。そして、「もうお前には頼らねぇよ!!!!」と吐き捨て、這って父親の部屋を出て行こうとしたのです。自分の心の中は尿管結石の凄まじい痛みと暴言の凄まじいショックとで滅茶苦茶です。と、ここで急に父親が正気に戻り、「分かった、分かった、救急車を呼ぶから」、となったのでした。




その後、自分は救急車で病院に運ばれていきまして、今度は病室のベッドの上でのたうち回る事になったのでした。ここからの話は最近の記事に書いていますので、割愛します。(興味のある方はこちらからお読み下さい→ 尿管結石事件を中指の拷問で例えてみる(2007年12月・31歳))いや〜、ちょうど去年の今頃にも、尿管結石事件の詳細についてこのブログに書いたのですが、まだまだあの頃の怒りやショックが残っていたらしく、また書いてしまいました。話を少し元に戻します。この事件の「病院に担ぎ込まれるまで」の流れをまとめてみます。




「ドア音」を巡り、妹と激しい口論



「妹の彼氏がバットを持って、俺の部屋に乗り込んで来るかも」という激しい被害妄想に襲われる



部屋にバリケードを作った直後にご飯を食べていると尿管結石発症



父親に助けを求めるも身が凍るような暴言を叩きつけられる



救急車で病院へ



そう、自分は妹との激しい口論によって凄まじい憎しみを感じましたし、凄まじい疲労感も感じました。そして、その後激しい被害妄想にも襲われたのです。自分はこれら深い精神的・肉体的ダメージの数々が、尿管結石発症のきっかけになったと思っています。この妹絡みのダメージをまとめるとこんな感じになります。長くなります。




・自分は2つ目の大学生活もバイトも何もかもが上手く行かず、鬱をさらに悪化させていた。当時27歳。寝ても寝ても慢性的な疲労感と眠気は改善していかず、逆に悪化していく一方。すると睡眠に対する渇望感がどんどん増していき、「睡眠を妨害する音」に対する過敏さがどんどん酷くなっていった。この一番の標的になったのが「隣の部屋の妹の出すドア音」。2007年10月のある日、自分は怒りの限界を迎え、妹にクレームを言いに行くも妹も反論してきて、激しい口論に。15分程で自分は疲労困憊状態に陥り、自分の部屋に戻るも怒りは全く収まらない。30分後自分は妹が出て行く音を聞いたのだが、ここで以下の被害妄想が発生。「妹はあの後彼氏の元に向かい、先程の激しい口論の話をするに違いない。そしたら、彼氏が怒り狂い、自分の部屋にバットを持って殴り込みに来るのではないか??」そして、自分はこの被害妄想を信じ込み、それに備えて部屋にバリケードを作り、バットで武装。この妹との激しい口論で発生した激しい「憎悪」と「疲労感」と「被害妄想」。これらの深い精神的・肉体的ダメージの数々が尿管結石発症のきっかけになったように思う。




長くなってしまいましたが、良いでしょう!これをこれまで作ってきた[尿管結石事件で受けた7つの精神的・肉体的ダメージ]の①に付け加えたいと思います。かなり長いコピペになりますがご容赦下さい。




[尿管結石事件で受けた8つの精神的・肉体的ダメージ]



①自分は2つ目の大学生活もバイトも何もかもが上手く行かず、鬱をさらに悪化させていた。当時27歳。寝ても寝ても慢性的な疲労感と眠気は改善していかず、逆に悪化していく一方。すると睡眠に対する渇望感がどんどん増していき、「睡眠を妨害する音」に対する過敏さがどんどん酷くなっていった。この一番の標的になったのが「隣の部屋の妹の出すドア音」。2007年10月のある日、自分は怒りの限界を迎え、妹にクレームを言いに行くも妹も反論してきて、激しい口論に。15分程で自分は疲労困憊状態に陥り、自分の部屋に戻るも怒りは全く収まらない。そこで自分は妹が出て行く音を聞いたのだが、ここで以下の被害妄想が発生。「妹はあの後彼氏の元に向かい、先程の激しい口論の話をするに違いない。そしたら、彼氏が怒り狂い、自分の部屋にバットを持って殴り込みに来るのではないか??」そして、自分はこの被害妄想を信じ込み、それに備えて部屋にバリケードを作り、武装したのであった。この妹との激しい口論で発生した激しい「憎悪」と「疲労感」と「被害妄想」。これらの深い精神的・肉体的ダメージの数々が尿管結石発症のきっかけになったように思う。



②部屋にバリケードを作った直後、夕食を食べていたら、謎の下腹部の痛みが発生。その痛みはどんどん酷くなっていったので、父親を頼っていくと、父親から「こんな時だけ頼りやがって!!!」という信じられない暴言を食らった。(詳しい話はこちら→〜痛みに悶える自分に父親が言い放った破壊的暴言〜尿管結石にのたうち回った1日②)これによって父親に対する憎しみが「殺したい」程に膨れ上がる。


③尿管結石の凄まじい痛みで病院へ担ぎ込まれる。


④尿管結石の痛みが余りに凄まじいので「殺したい」程憎い父親に看病を頼らざるを得ない。後から考えるとこれは「屈辱感」という言葉ではとても言い表せない程の「汚辱感」。


⑤尿管結石の痛みが収まってくると自分の中で凄まじい安堵感が発生し、その安堵感を父親と共有してしまった。一方、痛みが収まってきた事で自我が復活し、父親に対する「殺したい」程の憎しみも復活していた。つまりこれは、「殺したい」程憎い父親と安堵感を共有してしまった、というかなり両価的な状況。自分の心は真っ二つに引き裂かれ、そこでも精神的ダメージが発生。



⑥ ①〜④のダメージで衰弱し切っていた自分には「父親とは喋るけど、母親とは喋らない」というねじれた行動を取る気力は残っていなかった。特に③、④は自分の中に猛烈な自己矛盾の嵐を巻き起こしており、もはや自己矛盾の嵐が1個発生しようが、2個発生しようが、変わらないだろう、というヤケクソな気持ちも。しかし、やはり自分にとっては母親も「殺したい」程憎い存在。その母親と喋るという事は自分の中に強烈な自己矛盾の嵐を発生させた。(何故「殺したい」程の憎しみを抱くにいたったのかはこちら→)




⑦自分は1年ぶりに母親と喋る上で以下の2つを母親に期待していた。



・母親はついさっきまで尿管結石の痛みでのたうち回る自分の姿を見ていた訳だから、自分に対して病人に接するような優しい態度で接してくるのではないか。



・母親と没交渉だった1年の間に、「母親が父親の事を10年以上に渡って責め続けている」件について、母親が少しは反省してくれたのではないか。


しかし、母親と喋り始めてみると、喧嘩腰で喋り始めた自分も悪いのだが、母親の対応も不機嫌。そこから1年前と同じような口論が始まり、ヒートアップ。その中で自分は母親が上記の件に関して全く反省していない事を知る。また、母親からは病人の自分に対する労りの態度も全く見えない。2つの期待は見事に裏切られ、とても悲しい気持ちになる。




⑧ ①〜⑥のダメージの蓄積により、自分の中には果てしない量の「無力感」「絶望感」「理不尽感」が発生。これは「中指の拷問」級の「無力感」「絶望感」「理不尽感」。(「中指の拷問」についてはこちら→「花粉症発症→ぎっくり腰事件」を別のモノで例えてみる(2007年3月・32歳))そして、それから4年後に起きる事になる「花粉症発症→ぎっくり腰事件」においても「中指の拷問」級の「無力感」「絶望感」「理不尽感」が発生している。つまり、2つの事件で受けたダメージ量は等しいので、「尿管結石事件」=「花粉症発症→ぎっくり腰事件」という事になる。



コピペ終わり。



素晴らしい!よくまとまりました。やはりこうやってまとめてみますと、この「尿管結石事件」で自分が受けた精神的・肉体的ダメージ量は「中指の拷問」級です。(中指の拷問の詳細はこちら→「花粉症発症→ぎっくり腰事件」を別のモノで例えてみる(2007年3月・32歳))つまり、尿管結石事件のダメージ量はこの4年後に起こる事となる「花粉症発症→ぎっくり腰事件」に匹敵します。この2つの事件はすごく似ている感じがしますねぇ。どちらの事件においても自分は精神的苦痛だけでなく、肉体的苦痛(尿管結石・ぎっくり腰)も受けています。精神的苦痛のピークで肉体的苦痛(尿管結石・ぎっくり腰)が発生している所も一緒です。





今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!






↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




https://room.rakuten.co.jp/room_49366c0830?scid=we_rom_iphoneapp_mr_others





PVアクセスランキング にほんブログ村