鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

大学空手部時代の虚し過ぎる自主練(過去編・1995年〜1997年・19歳〜21歳)

皆さんこんにちは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「 過去の自分と現在の自分、両方を褒める(2008年2月・32歳)」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、自分が母親に自分の過去を喋り始めたものの、期待していたようなリアクションは一切得られなかった、という話でした。懐かしいですねぇ。自分が全ての過去の記憶を喋り終わったのが、2008年3月頃だったと思います。この時期の思い出として一つ覚えているものがあるのですが、自分はランニングを始めたんですよ。そう、自分は自分の人生を喋り終えた事で時間の余裕が出来まして、その時間で家の周りを走っていたように記憶しています。どうしてああいう事を思い付いたんでしょうねぇ。今回の記事は、ランニング及び運動にまつわる記憶を大学時代から思い出していこうと思います。まぁ自分は以前から家の周りを散歩したり、ランニングする事はちょくちょくやっていたんですよ。それは遡る事10年以上前、大学空手部時代から続いている事なのです。大学時代の自分は空手部のとある練習メニューにとてつもない恐怖感を感じており、その恐怖を乗り越える為に身体を鍛えなければならない状況になっていたんですね。(とある練習メニューについてはこちら→ 空手部時代の話②)それで自分は週3回の稽古と並行して、自主的に家の周りを走ったり、部屋やジムで筋トレしていったのです。そう、自分は幼い頃から喘息持ちでしたが、それは大学空手部時代も治っていません。喘息でヒーヒー言いながら家の周りを走ったり、筋トレしていた記憶があります。あれはキツかったですねぇ。




先程書きました通り、自分は大学空手部入部以降、とある練習メニューの恐怖でどんどん夜眠れなくなっていきました。自分はその練習で「殺される」程の恐怖を感じていましたから、練習日の前夜になると恐怖に襲われ、全然眠る事が出来なかったのです。そして、ほとんど眠れないまま大学に通学する日々が続いていきました。すると慢性的な疲労感や眠気がどんどん蓄積していったんですね。イメージとしては常に背中に30kgの重りを背負って生活している感じです。起きている時間はず〜っと背中が疲れ切っていて、辛くて仕方がないのです。ですから、当時の自分は、そうやって自主的にランニングしたり、筋トレする「前」からすでに慢性的な疲労感や眠気で疲れ切っている状態だったのです。それでそこから頑張ってランニングや筋トレをしていったんですよ。しかし、そもそも最初から疲れ切っていますから、少しランニングしたり、筋トレしたりするだけでも滅茶苦茶疲れてしまう。しかし、少しのランニングや筋トレだけでは効果が少なそうですから、自分はそこからさらにランニングや筋トレを続けるのです。正直自分的にかなり根性入れてやっていたつもりです。ランニングに関しては、ただ走るだけでなく、坂道ダッシュなんかもしてましたからね。それで1時間半くらい自主練して終了です。この頃になると頭の中には妙なアドレナリンが出て、達成感や高揚感を感じていました。いつもの慢性的な疲労感や眠気は一時的に消えていた記憶です。




ところが、自主練が終わり、一夜明けるとさぁ大変です。目が覚めると滅茶苦茶身体が疲れ切っていますし、体温調節機能もぶっ壊れている感じなのです。そう、身体は重くてダルくて仕方ないですし、身体は冷え切っていて、真夏にも関わらず鼻水ズルズル。あれは絶望的な気分でしたねぇ。空手部時代の自分はただでさえ慢性的な疲労感や眠気でかなりの精神的苦痛を感じながら、日常生活を送っていました。ところが自主練の翌日はそれがさらに2倍くらい悪化しているのです。この時の自分の気持ちですが、「えっ???あんなに一生懸命トレーニングしたのに、翌日滅茶苦茶体調崩してるってどういう事???」って感じでした。そう、自分は自主練をする事で自分の体力を増やして行きたかったのですが、実際に自主練をして、自主練の翌日を迎えますと、ただでさえ酷い体調が、さらにぶっ壊れているのです。しかも、これはかなりの確率で起きる現象でした。あれは悲しかったなぁ。自分はこんな自主練を週1回くらい(夏休みは週2〜3回)ペースで繰り返しました。ですから、自分としては必死に自主練しているつもりだったのですが、体力が付いていく実感は何一つ得られなかったのです。さらに自主練後には毎回のように体調がさらに悪化していたのですからね。ですから自主練すればする程自分の身体にはさらに慢性的な疲労感と眠気がどんどん蓄積していきました。そして、自分の心の中には「脱力感」「無力感」「虚無感」もどんどん蓄積していったのです。そりゃ、「自殺願望」も発生するってものです。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




https://room.rakuten.co.jp/room_49366c0830?scid=we_rom_iphoneapp_mr_others




PVアクセスランキング にほんブログ村