鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

「食欲が完全消滅している」にも関わらず、その異常性に12年気付けなかった(過去編・1992年〜2004年・16歳〜28歳)

皆さんこんにちは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「「体調が慢性的にかなり悪い状態」にも関わらず、その異常を認識出来ない(2008年2月・32歳)」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、何故自分が空手部の自主練をすると翌日滅茶苦茶体調が崩れていたのか、その謎を解いていきました。その答えは、「自分の身体が自主練を始める『前』の時点で、すでに疲れ切っていたから」、です。そして、自分にとってはその「疲れ切っている状態」が「普通」だったという話をさせて貰いました。そう、自分は幼い頃から喘息に苦しみ続けていましたから、夜眠る事が出来ず、常に慢性的な疲労感や眠気に耐えながら生活していました。自分にとっては「慢性的な疲労感や眠気」に耐え続けている状態が、「普通の状態」で「当たり前の状態」だったのです。そうなんですよ。これに気付いたのは確か記憶のサルベージ(言語化)においてだと思います。(記憶のサルベージとは、自分が28歳の時に行っていたセルフカウンセリングの事です。自分は大学を2つ中退した後28歳で部屋に引きこもり、過去の記憶をひたすらノートに書いていきました。詳しくはこちらの記事をご覧下さい。ノートによるセルフカウンセリング⇒記憶のサルベージ(2004年4月頃・28歳))ここで自分は幼い頃からの自分の体調について細かく思い出し、書いていくうちに、「あれ?俺の体調って物心ついてからず〜っと悪かったんじゃね??」と気付いたのです。そして、こうも思ったのです。「あれ??俺って本当の意味での『健康』や『元気』という状態を知らずに生きてきたのでは???」、と。これに気付いた時けっこうな衝撃があったのを覚えています。



また、自分は記憶のサルベージの初期でもう一つ同じような衝撃を受けています。それは自分の「食欲」に関する気付きです。これに気付いたのも記憶のサルベージの初期です。そこで自分の食欲が高校1年生以降完全消滅し続けていた事に気付いたのです。これも先程の「体調」の話と同じなのですが、自分にとっては「食欲が無い状態」が「普通の状態」で「当たり前の状態」になっていました。そう、自分は「食欲が完全消滅している」事の異常性に全く気付かないまま、高校1年生から12年間生き続けていたのです。そして、2004年(28歳)にノートに自分の過去の記憶を書き始めてからようやくその事に気付いたのです。加えてその異常性にもようやく気付いたのでした。「あれ??人間の3大欲求って『食欲』『睡眠欲』『性欲』だけど、この中の『食欲』が10年以上全く無い状態って、よく考えてみればかなり異常だったんじゃね???」、と。



今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ



https://room.rakuten.co.jp/room_49366c0830?scid=we_rom_iphoneapp_mr_others




PVアクセスランキング にほんブログ村