鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

離人感を発症するまでのルーティン(過去編・1995年〜1998年・19歳〜22歳)

皆さんこんにちは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「空手部を辞めれなかった理由(2008年2月・32歳)」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、大学空手部時代の自分の心身がぶっ壊れていた、という話でした。空手部の練習への恐怖で慢性的な疲労感と眠気が酷く、離人感を発症していたのです。(離人感の詳しい説明はこちら)今回の記事も離人感発症までの1日の流れを書いてみたいと思います。そう、自分は空手部の人間サンドバッグという練習メニューにとてつもない恐怖を感じており、それが原因で練習日の前夜、眠れなくなっていました。(人間サンドバッグの詳しい説明はこちら→空手部時代の話②)一晩明けると自分の意識は慢性的な疲労感と眠気で朦朧としており、それによる精神的苦痛もかなりのものがあります。自分はその状態で大学に向かい、授業を受けていました。当然授業の中身なんて一切頭の中に入ってきません。そして、空手部の練習が始まるのは放課後ですから、放課後が近付くにつれて、心の中の恐怖がどんどん大きくなっていきます。恐怖が大きくなればなるほど、自分の心はそれに押し潰され、どんどん精神的苦痛が大きくなっていきます。授業中の自分は30分おきぐらいに時計を見ては「あぁ放課後がどんどん迫ってくる、、」と絶望的な気持ちになっていた記憶です。そして、授業の時間が終わり、放課後を迎えると恐怖はピークを迎えます。いよいよあと1時間くらいで部活が始まるのです。同時に恐怖に怯えながら授業を受け続けた事で、慢性的な疲労感と眠気もここでピークを迎えています。自分の心は「恐怖心」「慢性的な疲労感」「慢性的な眠気」に押し潰され、それは凄まじい精神的苦痛を発生させます。自分の心はもはやそれに耐える事が出来ません。もはや許容量オーバーなのです。



そこで自分の心は勝手に視界に半透明の幕を下ろし、現実感覚を半減させる機能を発動させます。自分の心が本能的な「防御反応」としてそのような機能を勝手に発動させていた感じです。そう、自分の心が勝手に「精神的苦痛の量が多過ぎて、このままでは心が壊れてしまう!!」と判断し、勝手に現実感覚を半減させていた、感じ。これにより自分の心の半分は麻酔がかかったような状態になり、「ボーッ」とした感覚に襲われます。ただし、心の残りの半分は、「恐怖心」「慢性的な疲労感」「慢性的な眠気」による凄まじい精神的苦痛に相変わらずのたうち回っています。自分はこの放課後に起こる「現実感覚が半減する現象」が不思議でならず、大学の図書館で精神医学系の本を読み漁りました。結果、この現象が「離人感」と呼ばれている事を知ったのです。(離人感の詳しい説明はこちら




自分はこの現象を精神医学系の本の中に見つけ、かなり嬉しかった記憶です。「おぉ!この現象に苦しんでいるのは俺だけじゃ無かったのか!!」、と。



ちなみに自分が好きな漫画で「賭博黙示録カイジ」という漫画があるのですが、ここで登場人物が精神的に追い込まれた際に使われる表現「ぐにゃぁ」、この表現は離人感に近い感じがします。


f:id:sarvage99:20210727113351j:plain


人間が甚大な精神的ダメージを受けた際の様子を上手く表現しているなぁと思います。精神的ダメージ量が心の許容量をオーバーし、視界や自分の身体が歪む感じです。涙で目が歪んでる感じもそっくり。コマによっては登場人物の立っている地面が急に崩れて登場人物が下に落ちて行くような表現もあったと思いますが、その感じもそっくりです。空手部時代の自分は放課後毎回こんな感じでしたね。そして、合宿の前や合宿の最中なんてもっともっと恐怖感がエグかったですから、さらに視界や身体が歪んでいたのです。歪み切っていました。ここまで精神的ダメージが酷いと「中指の拷問」の例えの方がしっくりきます。(中指の拷問の詳細はこちら→「花粉症発症→ぎっくり腰事件」を別のモノで例えてみる(2007年3月・32歳))こんな日々が3年間連日続けば、そりゃ心身がぶっ壊れまくるって話です。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




https://room.rakuten.co.jp/room_49366c0830?scid=we_rom_iphoneapp_mr_others




PVアクセスランキング にほんブログ村