鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

カウンセリング初回、涙と嗚咽が止まらない(過去編・1997年4月頃・21歳)

皆さんこんにちは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「大学生活にどん詰まり、カウンセリングセンターを訪ねる(過去編・1997年4月頃・21歳)」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、大学3年生になった自分が大学内のカウンセリングセンターを訪ねていった、という話でした。そう、当時の自分の大学生活はどん詰まり状況に陥っており、鬱も3倍に悪化していました。以下いつものコピペになります。



「大学空手部時代の鬱の諸症状」


・大学空手部のとある練習メニューが自分には厳し過ぎて、その恐怖感で夜眠る事が出来ない。(空手部時代の話②)
・食欲の完全消失(大学時代の鬱の諸症状)
離人感(〜離人感と冷え性〜)
・酷い冷え性(〜離人感と冷え性〜)
・高校時代と比べて3倍酷くなった慢性的な疲労感と眠気(〜慢性的な疲労感と眠気〜)
・限定的な難聴(〜慢性的な疲労感と眠気〜)
・自殺願望(〜自殺願望と救い〜)
・常に訳もなく泣きそうなくらい悲しい。
・慢性的な口内炎
・空手部の稽古中の喘息
・空手部のとある練習メニューの恐怖を乗り越えようと、自主練を繰り返すも、翌日の体調が滅茶苦茶に崩れるだけで一向に体力が増える実感を得られない。そのうちに自分の中には「脱力感」「無力感」「虚無感」がどんどん増えていき、これが自殺願望へと繋がっていった。



コピペ終わり



当時の自分は自己認識能力が皆無でしたから、上記の諸症状をほとんど認識出来ていません。しかし、そんな自分でも流石に以下の2つだけは認識出来ていたのです。



・自分が大学内で完全孤立している事


・何が理由かは全く分からないのだけれど、大学にいる時の自分が、身体がいつも疲れ切っていて眠くて仕方なく、いつも泣きそうなくらい悲しい事




そして、自分は大学3年生の4月頃に大学内のカウンセリングセンターを訪ねました。受付の女性が部屋に通してくれ、自分はそこのソファで待ちます。部屋の中は広くて清潔で、なんかおしゃれで落ち着く、いい感じの雰囲気でした。壁もしっかりとしていて、隣の部屋に声が漏れる事も無さそうです。5分程経つと30代くらいの女性のカウンセラーが現れ、自分の目の前に座りました。そして、にこやかな顔で「今日はどうしました?」と自分に優しげに問いかけてきました。すると、自分は先生のその優しい眼差しを見た途端、涙腺が一気に崩壊し、涙と嗚咽が止まらなくなったのです。自分は先生の問いに答えようとはするのですが、それよりも先に凄まじい勢いで涙と嗚咽が出てしまい、全く喋る事が出来ません。そう、自分はこの瞬間とてつもない衝撃を受けていました。これまで書いています通り、自分はそれまでの21年間の人生において、親を始めとする大人達から全く興味を持たれる事なく生きてきました。我が家は自分が小学校3年生の時に戦争状態に突入しましたから、両親が自分に興味を示す事など皆無だったのです。両親以外の大人が自分に興味を示す事も皆無でした。しかし、今自分の目の前にいる大人は暖かい眼差しを向け自分に興味を向けてくれています。自分にとってはそれがとても衝撃的な出来事だったのです。そう、自分に興味を持ち、自分の言葉を待ってくれる大人が目の前にいる、その事が自分にとっては生まれて初めてとも思える経験だったのです。 自分は先程の先生からの問い「今日はどうしました?」に答えようとするのですが、10分経っても20分経っても涙と嗚咽と鼻水が怒涛のように出てきて止まりません。そこで先生がティッシュを用意してくれまして、渡してくれたのを覚えています。30分くらい経つとさすがに涙と嗚咽のすごい勢いは止まってきたような記憶ですが、そこで何か喋ろうとすると、またそれらがぶり返してしまいます。



そう、自分はなんとか現在の自分のどん詰まりな状況を説明しようとするのですが、それは全く言葉にならず、出てくるのはひたすら悲しい感情だけなのです。先程の文章の中で、当時の自分が認識出来ていたものとして2つ書かせて貰いましたが、そのうちの1つを改めて貼らせて貰います。



・何が理由かは全く分からないのだけれど、大学にいる時の自分が、身体がいつも疲れ切っていて眠くて仕方なく、いつも泣きそうなくらい悲しい事



そうなんですよ。大学にいる時の自分は「理由は全く分からないけど、いつも泣きそうなくらい悲しかった」んですね。その状況は高校時代から数えると5年以上続いていました。ですから、自分はカウンセラーの先生から優しく問いかけられた瞬間、一気にその悲しみに襲われ、涙が止まらなくなったのです。そして、その悲しみは「何が理由かは全く分からない」悲しみでしたから、言葉で説明する事がホントに困難だったのでした。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。








にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




PVアクセスランキング にほんブログ村