鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

カウンセリング初回で号泣した理由(過去編・1997年4月頃・21歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「 カウンセリング初回、涙と嗚咽が止まらない(過去編・1997年4月頃・21歳) 」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、大学3年生に進級した自分がカウンセリングセンターを訪れた、という話でした。そして、カウンセラーの先生から「今日はどうしました?」と優しく問いかけられた途端、涙腺が決壊し、涙と嗚咽が止まらなくなったのでした。そう、当時の自分は自己認識能力がほとんど無い人間だったのですが、以下の2つだけは認識出来ていたのです。



・自分が大学内で完全孤立している事


・何が理由かは全く分からないのだけれど、大学にいる時の自分が、身体がいつも疲れ切っていて眠くて仕方なく、いつも泣きそうなくらい悲しい事



そして、カウンセラーの先生に優しく問いかけられた途端、上記の「泣きそうなくらいの悲しさ」に襲われ、一気に涙腺が決壊したのでした。そして、1時間に渡って涙と嗚咽が止まらなかったのです。では、この「泣きそうなくらいの悲しさ」とはなんだったのか、今回の記事は、ここを書いていきたいと思います。上記にありますように、当時の自分は大学内で完全孤立していましたから、それによる悲しさがまずあったと思います。そして、常に感じている原因不明の疲労感と眠気、これによる悲しさも大きかったですね。当時の自分は大学にいる間ずっと常に背中に30kgの重りを背負ってるかのような酷い疲労感を感じ、それに苦しみ続けていたのです。眠気も同様にキツかった。思い出してみますと、このような身体的な辛さが当時の悲しさのけっこうな部分を占めていた印象です。つまり、当時の自分が苦しみまくっていた鬱の諸症状、これが悲しみの大きな要因になっていたと思うのです。ではここでいつもの鬱の諸症状のコピペを貼らせて貰います。




「大学空手部時代の鬱の諸症状」


・大学空手部のとある練習メニューが自分には厳し過ぎて、その恐怖感で夜眠る事が出来ない。(空手部時代の話②)
・慢性的な食欲消失(大学時代の鬱の諸症状)
離人感(〜離人感と冷え性〜)
・酷い冷え性(〜離人感と冷え性〜)
・高校時代と比べて3倍酷くなった慢性的な疲労感と眠気(〜慢性的な疲労感と眠気〜)
・限定的な難聴(〜慢性的な疲労感と眠気〜)
・自殺願望(〜自殺願望と救い〜)
・常に訳もなく泣きそうなくらい悲しい。
・慢性的な口内炎
・空手部の稽古中の喘息
・空手部のとある練習メニューの恐怖を乗り越えようと、自主練を繰り返すも翌日の体調が滅茶苦茶に崩れるだけで一向に体力が増える実感を得られない。そのうちに自分の中には「脱力感」「無力感」「虚無感」がどんどん増えていき、これが自殺願望へと繋がっていった。




なるほど〜。これだけ色々あれば、そりゃ悲しくもなります。というか悲しくならない方がおかしい。上記の辛さの数々が「慢性的な泣きそうな悲しさ」を作り出し、それがカウンセリング初回で一気に溢れ出てきた、という事だと思います。そして、自分は思うのですが、上記の「大学空手部時代の鬱の諸症状」 は別に大学時代に急に始まった話ではなく、それまでの21年間の「鬱の蓄積」によるものなんですよ。そう、思い返してみますと、自分は高校1年生の時点で鬱を発症し、以下の4つの症状に苦しんでいたのです。


「高校時代の鬱の諸症状」


・食欲の完全消失

・日曜夜ごとの激しい喘息

・慢性的な疲労感と眠気

・学校生活中の激しいめまい


さらに時を遡りますと、自分は小学校3年生時点で以下の症状に襲われていました。



・毎夜毎夜の喘息

疲労感と眠気

・スイミングスクール限定の離人



このように自分は幼い頃から「鬱っぽい」少年であったのです。そして、その「鬱っぽさ」は、家庭環境と学校生活における「孤独感」が原因でどんどん悪化していきました。結果高校1年生で鬱発症。さらに大学空手部の3年間でそれは3倍に悪化した、という事になります。という事はこういう等式も成り立ちそうです。



「大学空手部時代の鬱の諸症状」=「それまでの21年間の孤独感の蓄積」


なんというか上の2つの事象はコインの裏表といった印象です。そう、「それまでの21年間の孤独感の蓄積」が身体に反映した結果、「大学空手部時代の鬱の諸症状」が起こっていた感じかします。こういうイメージですかね。自分はそれまでの21年間で受けた孤独感の蓄積を全く言語化出来ておらず、認識出来ていませんでした。ですから、その精神的ダメージが身体の方に反映して、「大学空手部の鬱の諸症状」が起こっていた、と。まとめますと、自分がカウンセリング初回で号泣した理由は、こういう事になりそうです。


・大学空手部時代の鬱の諸症状の辛さ


・それまでの21年間で蓄積した孤独感


・上の2つの関係はコインの裏表の関係にある。「それまでの21年間の孤独感の蓄積」が身体に反映した結果、「大学空手部時代の鬱の諸症状」が起こっていた印象。




なるほど〜。よくまとまりました。



今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。








にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




PVアクセスランキング にほんブログ村