鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

日々の経験が全く蓄積して行かない状態(過去編・1997年4月頃・21歳)

皆さんこんにちは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「大学生だけどお喋りが3歳児(過去編・1997年4月頃・21歳) 」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、自分がカウンセリング2回目の後半くらいからようやく泣き止み、とてもたどたどしく喋り始めた、という話でした。懐かしいですねぇ。そう、自分は空手部における「昨日の練習の辛さ」や「先月の春合宿の辛さ」などを喋り始めた感じです。ここら辺の記憶は「直近」の記憶であり、記憶がカオス状態の自分でも流石に思い出す事が出来ました。加えて、自分は「自分が大学空手部内で最上級生(3年生)になったものの、最上級生らしく振る舞う事が全く出来ず、とても辛い」という話をした記憶です。そう、この事が当時の自分が認識出来ている範囲で一番辛い事象でした。この話は以前の記事でも書かせて貰いましたが、改めて書かせて貰います。何故自分が最上級生らしく振る舞う事が出来なかったかと言いますと、自分が空手部の2年間で経験した「体験」や「感情」を全く言語化する事なく、過ごしてしまったからです。(ここで言う言語化とは「お喋り」もしくは「書く事」を指しています。)言語化されなかった記憶は、整理整頓がされずカオス状態なまま記憶の海の底に沈んでいき、他のカオスな記憶と混ざり合ってしまいます。これによりさらにカオス化が進みます。自分の場合は小学校3年生以降ずっとこんな状態が続いていました。よって自分の記憶の海の底にはカオスな記憶が10年分積み重なっており、膨大な量のカオスとなっていました。それらのカオスな記憶はぐちゃぐちゃに混ざり合い「超カオスな状態」となっていたのです。それはさながら「ゴミ屋敷のゴミ部屋」です。捨てられないゴミが部屋に3〜4m積み重なり、ゴミの層を作り出してるようなものです。こうなると任意の記憶を後から見つけるのはとても困難です。こうなるとその記憶はもはや「無くなった」も同然なのです。




ですから、自分は最上級生にも関わらず、後輩達に教えられる経験が何も無かったのです。そう、空手部で2年間過ごしていたにも関わらず、空手の技術だったり、ノウハウだったり、大会での勝ち方だったり、がまるで自分の中に蓄積されていないのです。そして、空手部のイベントに関する思い出もまるで蓄積されていない。そう、空手部では大会、合宿、演舞会、新歓コンパ、納会、と様々なイベントがありましたが、自分はどのイベントにも何の思い出も無いのです。こんなんで下級生に空手の技術や空手部の事を教えられる訳がありません。というかもっと言いますと、そもそも自分の精神年齢の成長は小学校3年生で止まっていたのです。




この「日々の経験が全く蓄積して行かない状態」これは大学空手部時代に限った話ではありません。自分は小学校3年生以降ずっとその状態が続いていました。ですから中学、高校の吹奏楽部生活においても全く同じ現象が自分の身に起こっていたんですよ。そう、これらのシチュエーションにおいても自分は先輩らしく振る舞う事が全く出来ず、それが苦しくて仕方なかったのです。そして、これが原因で後輩にとても迷惑をかける事もありました。実際自分は中学時の卒業文集においてこう書いています。


「自分は吹奏楽部の先輩達に色々とよくして貰ったが、いざ自分が先輩の立場になった時に、後輩達に何もしてあげる事が出来なかった」


このように自分は部活生活における経験を中学校から何も蓄積していなかったのです。そして、それは小学校、中学校、高校、大学の「クラス」における人間関係や活動においても一緒です。ですから、自分の精神年齢の成長は小学校3年生で止まった、という事なんですね。つまり、空手部時代の自分は、精神年齢が小学校3年生で止まっているにも関わらず、大学空手部の最上級生になってしまった、という事になります。小学校3年生の子供が大学空手部で最上級生として振る舞えるはずがありません。




そして、さらに厄介だったのが、この時空手部で最上級生だったのは自分ともう一人だけであり、こんな自分にも「副主将」という肩書きが付いてしまった、という事です。これもホント厄介でした。精神年齢の成長が小学校3年生で止まっている自分が、大学空手部の副主将として部を仕切る事など出来るはずがありません。ですから、自分はそういう役はもう一人の同学年である「主将」に丸投げしていました。しかし、それにしたって小学校3年生の自分に「副主将」の役は大役過ぎます。こんなん無理ゲーですよ。




ですから、当時の自分は空手部の後輩達に「自分の精神年齢の成長が小学校3年生で止まっている事」がバレて、馬鹿にされるような事態になるのを極度に恐れていました。そう、後輩達が全く副部長らしく振る舞えない自分を不審に思い、糾弾してくる可能性を恐れていたのです。そんな事になったら身の破滅です。ただでさえ自分の心身は2年間続いた人間サンドバッグの恐怖で「鬱の廃人」状態になっているのです。その上さらにそんな事態に陥ったら心身が耐えられるはずがありません。




自分は副主将となった事で、練習を仕切れる立場になり、人間サンドバッグの練習に関してはさじ加減を決めれる立場になりました。ですから自分は副主将なった事でそこに関する恐怖は少なくなりつつあったのです。しかし、副主将になったらなったで今度は新たな恐怖が出現してしまいました。そして、その副主将として感じる恐怖量は凄まじく、人間サンドバッグの恐怖量と大して変わらなかったのです。かくして、自分は副主将になっても空手部の恐怖に怯え続ける生活を送る事となってしまったのでした。そう、練習日の前夜になると恐怖で全然眠れない生活を、です。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




PVアクセスランキング にほんブログ村