鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

カウンセリングのおかげでゼミを辞めれた話(過去編・1997年4月頃・21歳)

皆さんこんにちは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「 カウンセリングにおける「葛藤→解放」の流れ②(過去編・1997年4月頃・21歳)」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、カウンセリングにおける「葛藤→解放」の流れを振り返っていきました。そう、当時の自分がカウンセリングで自己開示をする際はいつだって気が重かった、という話でした。自分はカウンセラーの先生に対して「自分が大学生活において全く居場所を作れていない」という話をしていったのですが、これって「自分はコミュニケーション能力が劣っている人間です。」と表明するようなモノですからね。これは当時の自分からしたらけっこうな抵抗感のある行為でした。しかし、当時の自分の膨大な辛さはまさにその「居場所の無さ」に原因がある訳で、これを喋っていかないと話が先に進みません。ですから、自分は毎回葛藤を感じつつも、それを乗り越えて自己開示していったのです。そして、毎回先生はその種の話に対して、とても真摯なリアクションを返してくれました。自分はそれを見て安堵感と開放感を感じていた、という事になります。




さて、そんな感じで自分はカウンセリングの3回目以降も「自分が大学内で全く居場所を作れていない」話をしていきました。そう、自分はクラスにおいても、ゼミにおいても全く周りとコミュニケーションが取れず完全孤立していたのです。そして、先程も書きました通り、ここら辺の話を喋る際、自分は必ず「葛藤」していました。まぁ単純な言い方をすれば、こういう話ってホントカッコ悪い話ですし、情けない話ですからね。なんというか自分の弱みを晒すような行為ですから、毎回喋る時にはけっこうな抵抗感がありました。しかし、喋り終わると毎回先生がとても真摯なリアクションを返してくれます。それで自分は安心し、開放感を味わえたのです。



そんな感じで自分は大学生活における居場所の無さを先生に喋っていきました。そして、そのおかげでゼミに関しては辞める決断が下せたのです。これは完全にカウンセリングのおかげでしたね。自分はカウンセリングで「いかに自分がゼミで浮いているのか」も喋っていったのですが、そこで「辞める」という選択肢が浮かんできまして、結果すぐに辞める事が出来ました。そう、空手部に関しては「辞める」という選択肢は取れませんでしたが、ゼミに関しては取れたのです。比べてみますと、やはり空手部に関しては自分はそれまで膨大なエネルギーと時間を費やしていましたし、さらには自分の心身の健康まで捧げていましたからね。これまでに掛けていたコストが膨大だった分、これを辞める決断は下せませんでした。しかし、ゼミに関しては参加したのがまだ2〜3ヶ月前でしたから、空手部に比べるとほとんどエネルギーも時間も費やしていません。これだと辞める決断は容易かったです。




ただ、このゼミに入る際、空手部の先輩に推薦して貰って入る事が出来たんですよ。ですから、このゼミを辞めるという事は先輩の顔に泥を塗るという事になります。故にそこに対する躊躇はあったような気がします。しかし、結局は辞めてしまいました。ただでさえ自分は空手部が辛くて仕方なかったですから、もうこれ以上辛い場所に行きたくは無かったのです。そして、当時の自分は全く周りが見えていませんでしたから、この先輩に全く相談する事なく、ゼミを辞めてしまいました。さらに辞めた後の事後報告も気まずくて出来なかった。自分はそんな酷い対応をこの先輩にしてしまったのですが、この先輩は優しい先輩でしたので、自分のそういう対応を咎めるような事はありませんでした。まぁ当時の自分の深刻な鬱状態を考えると、あぁいう対応は仕方がない所ではあったのですが、今から考えると先輩に対して申し訳ない事をしてしまったな、と思います。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。








にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





PVアクセスランキング にほんブログ村