鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

過去の全ての記憶が超カオス状態に陥っており、全く思い出す事が出来ない(過去編・1997年4月頃・21歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「カウンセリングのおかげでゼミを辞めれた話(過去編・1997年4月頃・21歳)」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、カウンセリングにおける「葛藤→解放」流れを振り返ってみました。そして、カウンセリングのおかげでゼミを辞める事が出来たという話もさせて貰いました。さて、そんな感じで自分は次々とカウンセリングで日々の辛さを喋っていきました。そう、自分が最初に喋った辛さは、「自分が大学空手部内で最上級生(3年生)になったものの、最上級生らしく振る舞う事が全く出来ず、とても辛い」、です。次に「ゼミにおいても全く人間関係が作れていない」、という話もした記憶です。そして、これに関しては「ゼミを辞める」という決断を下す事が出来ました。他にも「クラス内でも完全孤立している」「バイトでも全く人間関係を作れていない」という話もしたと思います。




ただし、これまで書いてきていますように、自分は小学校3年生以降全く自己表現してきていない人間です。そして、小学校3年生「以前」だってほとんどしてきていません。ですから、当時の自分の21年間分の記憶は、全く言語化されておらず、整理整頓されておらず、超カオス状態でぐっちゃぐちゃだったのです。(この場合の「言語化」とは、「喋る事」もしくは「書く事」を指しています。)それはさながら酷過ぎるゴミ屋敷状態です。その結果、当時の自分は自分自身の過去の健康状態さえ思い出す事が出来ず、自分の健康状態の悪化に気付く事さえ出来なくなっていたのです。そんな記憶のゴミ屋敷状態から日々の記憶を辿っていくのは、まぁ時間がかかる作業でもありました。




繰り返しになりますが、自分は小学校3年生以降日々の経験や感情を1度も言語化していないのです。もちろん、このブログの初期に書きました、小学校3年生以降に起きた様々な失言・暴言事件、これらの記憶も1度も喋っていません。ですから、これらの記憶は全く整理整頓されず、カオス状態のまま記憶の海の底に沈んでいきました。さらに、そこで他のカオスな記憶と混ざり合い、ますますカオス化が進んでいってしまった、そんなイメージもあったりします。カオス+カオス=超カオスって感じ。こうなってしまうと、後からその記憶を思い出すのはかなり困難になります。21年間分の全ての記憶がぐちゃぐちゃに混ざり合い、超カオス状態に陥っているのです。




これは例えるなら、「記憶のゴミ屋敷状態」です。住民がゴミを捨てられない事でゴミがどんどん溜まっていく「ゴミ屋敷」。ひどい所だと、そのゴミが4〜5mくらい積み重なり、その上で住民が生活している所もあると聞きます。こうなってしまうと、その積み重なったゴミの層から任意のモノを見つけるのはほぼほぼ不可能ですよね。そして、自分の過去の記憶もカオス状態のままどんどん積み重なっていき、他のカオスな記憶と混ざり合い、もはや思い出す事が実質不可能になっていったのです。




そう、ですから自分はカウンセリングにおいて一言喋った後、10〜15分くらい黙り込む事もザラだった記憶です。だって21年間分の記憶がぐっちゃぐちゃのぐっちゃぐちゃなのですから。こうなると最近の記憶ですら、そう簡単には出て来ません。さらにこれまで書いていますように、ここに「葛藤」の気持ちも発生していましたからね。そりゃ、余計言葉なんて出て来ません。それでもカウンセリングの先生は辛抱強く自分から言葉が出てくるまでひたすら待ち続けてくれたのでした。





今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





PVアクセスランキング にほんブログ村