鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

空手部引退の日が気が狂う程待ち遠しい(過去編・1997年10月・21歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「空手部最後の夏合宿を必死に必死に耐える(過去編・1997年9月・21歳)」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、自分が空手部3年生の時の夏合宿の記憶について書いてみました。自分はこの合宿の一連の流れで「中指の拷問」2回分の精神的ダメージを受ける事となったのです。(中指の拷問の詳細はこちら。記事の前半は読み飛ばして下さい。「そんな日々が3日程続いた後、、」という段落から始まります。)自分は必死に必死にそれに1週間耐え、なんとか合宿から帰ってきました。家に着くと「今回もなんとか生きて帰れた、、、」って感じでしたね。 そして、3年生の夏合宿が終われば、残るは秋の通常練習と春の合宿を残すのみです。あと半年耐えれば、空手部を引退出来るのです。この莫大な恐怖感ともお別れ出来ます。自分はなんとか気持ちを奮い立たせたのでした。




月が変わり10月。大学は授業を再開し、空手部では通常の稽古が始まりました。週に3回、1回2〜2.5時間の稽古です。この通常の稽古を12月までこなし、来年の3月に強化練と春合宿をこなせば、晴れて空手部を正式に引退できるのです。そう、それは夢にまで見た「空手部引退の日」です。自分はこの引退の日を指折り数えて待っていました。いや、「指折り数えて」なんて言い方では到底表現しきれない程、その日を苛烈に待ち望んでいたのです。今回の記事は、自分が「空手部引退の日」をどれだけ強く強く待ち望んでいたのか、という切り口で空手部生活を振り返ってみたいと思います。




そう、思い返せばあれは大学1年生の7月の納会の日。自分はこの時に初めて人間サンドバッグを経験し、その余りのキツさに恐れ慄いたのです。(人間サンドバッグの詳しい説明はこちら→空手部時代の話②)そこから自分はこの恐怖を乗り越えようと必死に自主練を繰り返しますが、全く体力がついた実感を得られません。ですから自主練を繰り返せば繰り返す程、「脱力感」、「無力感」、「虚無感」が増えていき、ますます心身は衰弱していきました。(その理由はこちら→ 「大学空手部時代の虚し過ぎる自主練(2008年2月・32歳)」)そして、心身が衰弱すればする程さらに人間サンドバッグの恐怖は増していったのです。しまいにそれは「自分が殺されるかもしれない」程の恐怖となっていきました。そう、ですから自分は大学1年生の秋くらいから、2年半後の「引退の日」を指折り数えて待っていたのです。以前の記事に書きました通り、自分の中に「空手部を辞める」という選択肢は皆無でしたからね。(空手部を辞めれなかった理由(2008年2月・32歳))ただただひたすらその恐怖の日々を耐えるしか無かったのです。しかし、なかなか日にちは過ぎていきません。そりゃそうですよ。だって週3回「死の恐怖」と対峙せねばならないのです。さらに合宿では「中指の拷問」2回分の精神的ダメージを受けなければならない。こんな地獄の日々がすぐに過ぎるはずがありません。自分は遅々として進まない日にちにも絶望的な気持ちになっていました。




そう、その絶望感が特に強かったのが大学2年生の夏合宿くらいだった記憶です。大学2年生の夏ですから、まだ引退まで1年半も残っています。そして、空手部に入ってからは1年半経っており、その間に蓄積された「孤独感」「恐怖感」「脱力感」「無力感」「虚無感」は、凄まじい量になっていました。故に心身は壊れまくっていたのです。そう、この頃にはいつものコピペの状態になっていましたね。そう、この頃になると自分は以下の鬱の諸症状を11個併発していました。以下いつものコピペになります。


「大学空手部時代の11個の鬱の諸症状」


①大学空手部のとある練習メニューが自分には厳し過ぎて、その恐怖感で夜眠る事が出来ない。(空手部時代の話②)
②食欲の完全消失(大学時代の鬱の諸症状)
離人感(〜離人感と冷え性〜)
④酷い冷え性(〜離人感と冷え性〜)
⑤高校時代と比べて3倍酷くなった慢性的な疲労感と眠気(〜慢性的な疲労感と眠気〜)
⑥限定的な難聴(〜慢性的な疲労感と眠気〜)
⑦自殺願望(〜自殺願望と救い〜)
⑧常に訳もなく泣きそうなくらい悲しい。
⑨慢性的な口内炎
10空手部の稽古中の喘息
11空手部のとある練習メニューの恐怖を乗り越えようと、自主練を繰り返すも、翌日の体調が滅茶苦茶に崩れるだけで一向に体力が増える実感を得られない。そのうちに自分の中には「脱力感」「無力感」「虚無感」がどんどん増えていき、これが自殺願望へと繋がっていった。
(大学空手部時代の虚し過ぎる自主練)



おまけ:空手部の稽古中の様子

『空手部の稽古中の自分は、喘息は苦しいわ、めまいは酷いわ、背中の慢性的な疲労感は酷いわ、眠気は酷いわ、酷い冷え性で鼻水ズルズルだわ、滅茶苦茶でした。自分の意識はこれらの症状に攻撃され続け、その肉体的苦痛で頭が狂いそうでした。その苦痛量は心の許容量をオーバーしていましたから、稽古中にも「離人感」を発症していたのです』
(大学空手部時代の虚し過ぎる自主練)


コピペ終わり



そう、この「鬱の廃人」状態で引退までまだあと1年半も稽古し続けねばならないのです。この絶望感もエグかった。もうホント1日、1日が拷問でしたね。そして、必死に必死に1日を耐えていき、なんとか空手部の3年生に進級。ところが自分は部活内で全く副主将らしく振る舞う事が出来ず、今度はそれが辛くて仕方なくなったのです。自分は空手部の後輩達と何を喋れば良いのか、全く分かりませんでした。そこで自分は4月から大学内でカウンセリングを受け始めました。そこからカウンセリングを受けながら、必死に必死に空手部の稽古に耐えていき、やっと夏合宿が終了。残すは秋の通常練習と春の合宿を残すのみです。自分の心の中は「ようやくここまで来たか!!」という気持ちでいっぱいでした。夢にまで見た引退の日がいよいよ半年後まで近付いているのです。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




PVアクセスランキング にほんブログ村