鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

空手部引退を半年後に控え、けっこうな開放感が発生②(過去編・1997年10月・21歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「空手部引退を半年後に控え、けっこうな開放感が発生(過去編・1997年10月・21歳)」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、自分が空手部の夏合宿を終え、精神的に開放感を感じていた、という話でした。さらに大学に休業届けも出しましたからね。これが大学3年生の10月頃の話になります。もう少し詳しく書きますと、自分は以下の4つの要因により、開放感を感じていました。



①空手部で一番辛いイベント「夏合宿」をなんとか乗り越える事が出来て、空手部への恐怖感がピークを過ぎた。



②夢にまで見た空手部の引退がいよいよ半年後に近付いている。


③休学届けを出した事で授業に出なくて良くなった。


④大学内でカウンセリングを週1回受け続けている。


そう、これら4つの要因により、自分はけっこうな開放感を感じていた記憶です。「ようやくここまで来たなぁ」という感じです。ただし、それで自分の日々の辛さが楽になる事は全く無かった記憶です。自分は夏合宿後も相変わらず以下の11個の鬱の諸症状に苦しんでいました。いつものコピペになります。



「大学空手部時代の11個の鬱の諸症状」


①大学空手部のとある練習メニューが自分には厳し過ぎて、その恐怖感で夜眠る事が出来ない。(空手部時代の話②)
②食欲の完全消失(大学時代の鬱の諸症状)
離人感(〜離人感と冷え性〜)
④酷い冷え性(〜離人感と冷え性〜)
⑤高校時代と比べて3倍酷くなった慢性的な疲労感と眠気(〜慢性的な疲労感と眠気〜)
⑥限定的な難聴(〜慢性的な疲労感と眠気〜)
⑦自殺願望(〜自殺願望と救い〜)
⑧常に訳もなく泣きそうなくらい悲しい。
⑨慢性的な口内炎
10空手部の稽古中の喘息
11空手部のとある練習メニューの恐怖を乗り越えようと、自主練を繰り返すも、翌日の体調が滅茶苦茶に崩れるだけで一向に体力が増える実感を得られない。そのうちに自分の中には「脱力感」「無力感」「虚無感」がどんどん増えていき、これが自殺願望へと繋がっていった。
(大学空手部時代の虚し過ぎる自主練)



おまけ:空手部の稽古中の様子

『空手部の稽古中の自分は、喘息は苦しいわ、めまいは酷いわ、背中の慢性的な疲労感は酷いわ、眠気は酷いわ、酷い冷え性で鼻水ズルズルだわ、滅茶苦茶でした。自分の意識はこれらの症状に攻撃され続け、その肉体的苦痛で頭が狂いそうでした。その苦痛量は心の許容量をオーバーしていましたから、稽古中にも「離人感」を発症していたのです』
(大学空手部時代の虚し過ぎる自主練)


コピペ終わり



自分は相変わらず上記の鬱の諸症状に苦しみまくっていました。だからこそ、大学の授業に出る気力が無くなり、休学届けを出したのです。ですから、自分は夏合宿を乗り越え、休学届けを出した事でけっこうな開放感を感じてはいました。しかし、「鬱の廃人」状態は相変わらず変わらない、という状態だったのです。





自分はそんな状態で大学3年生の秋を過ごしていました。休学しましたので、授業に出なくて良いのはやはり気楽で良かったです。朝早く起きる必要がありません。昼頃までゆっくり寝てから、15時くらいに大学に向かえば良いのです。そして夕方頃大学に着いて、カウンセリングを受けたり、空手部で稽古をしたり、です。そして、夏合宿を乗り越えた事で空手部への恐怖感もピークを越えましたから、「殺される」程の恐怖感ではなくなっていました。そう、空手部への恐怖感は相変わらずありましたが、ピークを越えた感はありましたね。そして、夏合宿が終わった事で恐怖にのたうち回った空手部生活がようやく終盤に差し掛かっていました。とは言ってもまだあと半年間は残っています。自分は心の中で「早く早くあと半年終ってくれ!!!」と強く強く念じていました。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




PVアクセスランキング にほんブログ村