鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

生まれて初めてノートに自分の気持ちを書く(過去編・1998年3月・22歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「空手部の3年間とは一体なんだったのか、総括し始める(過去編・1998年3月・22歳) 」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、空手部引退後の自分が空手部の3年間を総括したくなった、という話でした。それは空手部の春合宿が終わってから2〜3週間後くらいの出来事だったと思います。(1998年4月頃・大学4年生)自分は机の前に座り、ノートを開き、まずはその時の自分の気持ちをノートに書いていった記憶です。とりあえずは「引退出来て良かった〜」って感じでしたね。そう、この空手部の3年間は「死の恐怖」に脅かされ続けた3年間でしたから、まずはそれが終わった事への嬉しさを書いた記憶です。ただ「引退出来て良かった〜」みたいな明るいトーンでは全くありませんでした。「ふぅ、、、とりあえず引退出来て良かった、、、、」みたいな書き出しだった記憶です。思い出しました!自分はこの時期から自分の気持ちをノートに書き始め、それは10年以上続く事になるのですが、ず〜っとノートには「、、、、、」がすごく多かった記憶なんですよ。「う〜ん、、、、」とか「なんなんだよ、、、、」とか。とにかく文章の中で「、、、、、」を書き、間を作る事が滅茶苦茶多かったのです。あぁ懐かしい。



ちょっとここで思い出したのですが、以前の記事の中で自分はこんな事を書きました。「カウンセリングを受けている時の自分は、一言喋ると10〜15分黙る事がザラだった」、と。その理由は以下の2つになります。過去記事からのコピペになります。



①それまでの21年間分の全ての記憶が、全く整理整頓されておらず、ぐちゃぐちゃに混ざり合い「超カオス状態」に陥っているから。こうなってしまうと最近の記憶ですら思い出すのが困難。その状態は例えるなら「酷過ぎるゴミ屋敷」。

②当時の自分が感じていた辛さのほとんどが「人間関係が全く作れない辛さ」であり、これを喋ると「カウンセリングの先生に馬鹿にされるのでは?」という不安があった。
(カウンセリングにおける自己開示前の葛藤(過去編・1997年4月頃・21歳))


そう、自分は上の2つの理由により、カウンセリング中に言葉に詰まってしまい、10〜15分間黙り込む事がザラだったのです。そして、空手部引退後の自分がノートに自分の気持ちを書き始めた際に「、、、、、」が多かった理由、これはまさに上の2つがそのまま当てはまります。そう、①の「記憶の超カオス状態」はそのまま当てはまりますし、②に関しても、当時の自分はノートを書く際にも「こんな事をノートに書くのは恥ずかしいなぁ」と、躊躇っていた記憶があります。そのノートが他人に見られる可能性なんてまずあり得ないのに、人の目を気にしてましたね。う〜ん、当時の初々しい自分が懐かしい。当時の初々しい自分が現在の自分(2021年8月)の事を知ったらひっくりかえる事でしょうwまさかその23年後、頼まれてもいないのにネットの世界で自分の人生を恥ずかしげもなく晒し始めるとはw人生何が起こるか分かりません。



さて、そんな感じで当時の自分は、とても拙い表現と、とてもゆっくりとしたスピードで、ノートに自分の気持ちを書き始めた記憶です。そうそう、「はぁ、、、、」って、ため息も書きまくっていましたね。そして、こんな感じの事を書いた記憶です。




「とりあえず空手部を引退出来たのは良かったけど、、、、この3年間は一体なんだったんだ、、、、、。はぁ、、、、、、、。」、と。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




PVアクセスランキング にほんブログ村